LLPの経理を楽勝にする方法

僕は個人事業主になった初年度から経理にfreeeを使っています。初年度の確定申告はfreeeできちんと記帳していたので楽勝でした。freeeは全自動だから・・・という宣伝文句がありましたが、実際は全自動ではないです。でも銀行口座やクレジットカードの取引記録を自動で取り込んでくれるので、そして設定すれば特定の取引は自動で登録されるのでものすごく楽なことは確かです。

LLPを運営していない個人事業主の方にもfreeeはおすすめです。年間1万円ほどかかりますがその価値は十分あります。



なお、ここでお話することは我が家で実施してはいますが、税務署からのお墨付きをもらっているわけではないため、数年後に過去にさかのぼって指摘されないとも限りませんのでその点はご注意下さい。

freeeはLLPには対応していません

いきなり話の腰を折るようですが、現在freeeはLLPには対応していません。対応して欲しいと要望を出していますが、対応される時期がいつになるのか、果たしてその時が来るかどうかも不明です。需要と競争原理によるのではないでしょうか。なので、我が家では個人事業主向けfreeeのスタンダードプランを3つ契約して対応しています。僕の個人事業である河童ソフトで1つ、妻の個人事業であるきゅうりソフトで1つ、そして我が家のLLPである河童プロジェクトLLPで1つ、です。(実際の名称は違います。ご了承下さい。)1世帯で年間3万円ほどfreeeに支払っていますが、その必要経費など屁でもないほどの節税効果を得ています。freeeで節税できるわけではありませんが、確定申告を完了して初めて申告する所得税額が決まり、間違いがなければその申告書を元に住民税などの税額が決まります。

3つのfreeeの使い分け

我が家では3つのfreeeを使い分けています。処理を簡単にするため、freeeが自動同期する銀行口座を分けています。

河童プロジェクトLLPのfreee

まず分かりやすいLLPのfreeeから説明します。我が家では基本的に受注する業務はLLPを通していますので、売上と経費のほとんどはLLPで発生します。我が家のメインバンクはイオン銀行ですが、LLPのfreeeはイオン銀行と自動同期させています。また、メインで使っているクレジットカードは楽天カードですが、これとも自動同期させています。

  • LLPを運営する上でかかる必要経費をパターンが決まっているものは全自動で登録させ、都度確認が必要なものはイオン銀行、楽天カードと自動同期後に目視で確認しながら登録します。
  • イオン銀行、楽天カードからの引き落としには事業とは関係ない(生活費関係の)多数の支出が発生しますが、それらは勘定科目を「事業貸主」にして経費に出てこないようにします。たとえばあるスーパーで楽天カードでの買い物は事業と無関係であることが分かっているので、それは全自動で「事業貸主」で登録されるように設定しています。
  • Amazonでの買い物は楽天カードでしますが、事業に関係するものもと関係しないものが入り乱れます。そのため楽天カードの引き落としと同期された時に(毎月1回です)Amazonでの買い物があったらAmazonの購入履歴を見ながら経費にするか事業貸主にするかを判断します。たまに配送料を無料にしたくて事業で使うものとそうでないものを一緒に注文することがありますが、そうすると後処理がめんどうになるのでなるべくそうしないようにしています。めんどくさいからまとめて経費で処理すると、後々不安の種を抱えることになります。(制度を最大限活用して大きな節税効果を上げているのでつまらないことで突っ込まれないように注意しています。)
  • LLPのfreeeの料金。
  • 請求書を発行したら(これはfreeeの機能は使わずに自作のエクセルを使っています)それをfreeeに入力します。請求書の発生日に売上が発生したことになります。
  • 売上はイオン銀行に振り込まれます。freeeの請求書の消し込みという機能で簡単に処理できます。複数の請求書分がまとめて振り込まれても平気です。

河童ソフトのfreee

僕の個人事業のfreeeです。

  • 河童ソフトのfreeeの料金。
  • 僕個人または世帯主が拠出する社会保険料控除を登録します。僕と妻の国民年金、妻の国民年金基金、僕の個人型確定拠出年金、国民健康保険が該当します。
  • 僕の小規模企業共済、僕の経営セーフティ共済。
  • 僕の昨年度分の事業税。
  • 生命保険料、地震保険料。(そのままが確定申告書に現れるわけではありません。)
  • ふるさと納税も個人でするのでこちらです。
  • 僕が発生させた雑所得。(あれば)

きゅうりソフトのfreee

妻の個人事業のfreeeです。

  • きゅうりソフトのfreeeの料金。
  • 妻の小規模企業共済、妻の経営セーフティ共済。
  • 妻の昨年度分の事業税。(まだ発生していません。)
  • 妻が発生させた雑所得。(あれば)

厄介な家事按分

僕も妻も自宅を事務所にして個人事業を営んでいます。そしてLLPの事務所も自宅です。で、ここからは正解が分かっていないので我が家ではこうしているという程度の話だと理解して下さい。

自宅を事務所にしている個人事業主だと通信費とか水道光熱費とか家の修繕費とか家事按分をする支出があると思います。そもそも家事按分の比率に絶対的なルールはないようで、最終的には税務署が確定申告者の言い分を認めるかどうかだそうですが、ではLLPではどうすればいいの?というのはもっと不明です。

家事按分の対象となる支出はLLPのfreeeで登録します。そしてLLPとして説明できる比率で家事按分したものがLLPでの経費になります。この経費は最終的にはLLPから組合員に分配されます。

これが正しい方法ではないにしても、正しいかどうかを判断できるのは税務署だけで、我が家としては税務署に説明できるある考え方に基いて経理処理をしています。将来税務署が話を聞きに来られた時にその我が家の主張で納得するかどうかは分かりません。

LLPの確定申告は楽勝ではありません

これは正確な表現ではありません。LLPそのものは確定申告しないからです。LLPは決算を行い所定の書類を1月末までに税務署に提出します。確定申告よりも早いです。その後、LLPの組合員が各自で確定申告を行います。LLPはパススルー課税ですからね。

LLPの決算と個人事業の確定申告については別途お話しします。(我が家のやり方は楽勝です。)

freeeの弱点

これはfreeeに限ったことではなく、銀行口座やクレジットカードと自動同期するサービスに共通したことだと思います。銀行口座、クレジットカードによってはそもそもの仕様によりfreeeが自動同期できないものが存在します。さらに仕様変更によりある日突然自動同期できなくなったものもあります。実際に経験しました。仕様変更があるとfreee側が対応しようと頑張るのですが、対応できないものもあります。幸い取引数が多いイオン銀行、楽天カード、三菱東京UFJ銀行は今のところ自動同期できていますが、将来できなくならないとは限らないです。怖いですね。

事業用に銀行口座やクレジットカードを選択する際は、少なくとも、現在freeeなどのサービスで自動同期できていることを確認した方がいいですね。

銀行口座、クレジットカードとの自動同期にはセキュリティーと利便性が絡むので難しい課題だと思いますが、freeeのような信頼できるサービスをどこが開発したか分からないような怪しい家計簿アプリと一緒に排除、ということが起きないように業界全体で対応して欲しいものです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする