これまで楽天カードで2500万円ぐらい払ってました

楽天カードの利用明細を確認できる楽天e-NAVIを見ていて気付いたのですが、我が家は2004年からもらったポイントの累積が259,278もありました。たまに何倍かのポイントをもらえることもありますが、それはたいてい楽天市場での買い物なので、ざっくり言えば我が家は楽天カードで2500万円ぐらい支払ったことになります。(100円で1ポイントなのでそうなります。)

広告
広告

ほとんどの支払いを楽天カードに集中

我が家は楽天カードをメインのクレジットカードにしています。買い物はできるだけ楽天カードを使いますし、買い物以外のクレジットカード払いができるものも一部の例外を除いて楽天カードを使っています。そこまで楽天カードに入れ込んでいるわけは、楽天カードはポイントが無駄にならないからです。

ポイント還元率を意識していますか?

楽天カードは100円で1ポイントなので還元率は1%です。しかも、月ごとの請求金額(税込み)に対して1%のポイント付与なので無駄がありません。

イオンカードをイオンで使うと200円で2ポイントなので還元率は同じ1%ですが、買い物ごとの付与なので楽天カードよりもポイントがたまりにくいです。1%を超えるポイント還元率を誇るクレジットカードもありますが、それって本当にお得ですかね。

まさか年会費払ってないですよね

クレジットカードは年会費永年無料のもので十分です。もし年会費を払っているとしたら、その年会費分の価値ありますかね。最悪なのは年会費を払っているかどうか分からない場合です。それでは節約なんかできませんよ。

ためたポイントを捨ててませんか?

還元率が1%だとしても、ポイントを利用できるのが1000ポイント以上500ポイント単位では捨ててしまうポイントが大量に発生します。その点楽天スーパーポイントは1ポイントを1円として(基本50ポイント以上1ポイント単位で)無駄なく利用できます。

しかも我が家は楽天市場で定期的に買い物をします。猫様のカリカリはそうです。ポイントの使い道に困ったことはありません。

楽天スーパーポイントは実質無期限です

楽天スーパーポイントの有効期限は最後にポイントが付与された日から1年です。なので実質無期限です。何年何月末で無効になるポイントが・・・というクレジットカードもありますが、それだと使わずに捨ててしまうことも少なくないでしょう。

イオンカードのときめきポイントは最悪です。買い物に使えるWAONポイントへの交換が1000ポイント以上500ポイント単位であるのに加えて有効期限が最大2年となっています。

引用:イオンフィナンシャルサービス

楽天はいろいろなサービス(とても分かりにくいです)で期間限定ポイントを付与しますが、それらは優先的に消費されるようになっているのも良心的だと思います。ただ、期間限定ポイントは忘れた頃に付与されて有効期間が短いものが多いので、普段から楽天スーパーポイントを利用していない人だと失効させてしまうかも知れませんね。

楽天スーパーポイントでドーナツを買う

紛らわしいですが、楽天ポイントカードなるものがあります。左がクレジットカードの楽天カード、右が楽天ポイントカードです。(僕が使っている実物です。)

僕はたまにミスドでドーナツを買いますが、その時は楽天ポイントカードを提示して「ポイントで」と言います。期間限定ポイントがある場合に無理して楽天市場で買い物しようとか思わなくてもいいわけです。

期間限定ポイントの有無の確認にはスマホアプリが便利

スマホ用に楽天ポイントカードアプリが配布されています。僕はAndroidで利用していますが便利です。

楽天スーパーポイントでインデックス投資できます

つい最近ですが、楽天スーパーポイントを使って楽天証券で投資信託が購入できるようになりました。詳細はこちら。しかも100円から購入できるという素晴らしい内容です。(ただし投資信託の購入に使えるのは通常ポイントだけです。期間限定ポイントや、他のポイントから移行したものは対象になりません。)

実はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスのスポット購入に1万円、楽天スーパーポイントを使ってしまいました。

僕は楽天グループとは関係ありません

楽天カードをべた褒めし、別の記事で楽天銀行も高く評価し、楽天証券も大好きな僕ですが、楽天グループとは何の関係もありません。

時々無茶もする楽天グループですが、そういう異端児も必要だと思うので僕は素直に応援しています。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする