個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

ドコモの契約者は携帯プランを確認しよう

投稿日:2017年11月28日 更新日:

我が家の携帯はドコモです。ソフトバンク、auも大差ないのかも知れませんが、ドコモは一時期理不尽なプランを実質強制していました。現在は選択肢が増えて理不尽さは解消されています。理不尽なプランを強制された時に契約したままだと、ドコモにカモにされている可能性があります。

カモにされないためにも現在の契約内容を確認しましょう。

理不尽なプラン「カケホーダイ」

2014年6月にドコモが開始したプランです。2,700円でほぼ全ての国内通話がかけ放題になるというものですが、音声通話をほとんどしない人の割合が多いことが分かっていながらこのプランを出して来たところにドコモの企業体質が現れています。音声通話をほとんどしない人であってもこのカケホーダイに入らざるを得ないようにしたのです。

スマホを機種変更する際は、2年契約の縛りを許容する代わりに高額な端末代金を割り引いてもらう「月々サポート」を利用します。利用しないと負担が大きくなります。ところがドコモは意地悪なことにカケホーダイプランに入らないと月々サポートが受けられないようにしたのです。実質カケホーダイを強制したわけです。お店によっては説明がめんどくさかったのか、カケホーダイに入らずに端末代金の負担が増える選択肢を提示しないこともあったそうです。

少しマシになった「カケホーダイライト」

2015年9月にドコモがau、ソフトバンクに追随する形で開始したプランです。1,700円で5分以内の国内通話は無料になります。5分を超えた場合は30秒毎に20円かかります。

最悪だったカケホーダイよりはマシになりました。それでも、音声通話をほとんどしない人にとっては無駄にお金を払うことになるプランです。

カケホーダイはドコモが始めて他社が追随、カケホーダイライトはauがスーパーカケホで始めてソフトバンクとドコモが追随。追随する時は皆横並びの仕様です。

やっと出てきた「シンプルプラン」

2017年5月にドコモが開始したプランです。980円で家族間通話は無料、それ以外は有料です。やっとほとんど音声通話をしない人のためのプランが用意されました。これは僕にとって驚きだったのですが、月々サポートはそのまま適用でした。つまり、カケホーダイプラン強制時の不満が(少なくとも家族で利用する場合は)解消されたと言えます。

シンプルプランにはシェアパック必須という制約があるため単身の方向きではありませんが、家族で使うのであれば良いプランだと思います。不要なプランを強制するのではなくて、ユーザーの都合で選択できる複数のプランを提供すべきです。カケホーダイを強制するようになってから3年近くかかってシンプルプランが追加されました。

大手携帯キャリア3社はどこも似たような傾向ですが、顧客をナメていますね。(格安SIM業者の参入による)競争がなければドコモからシンプルプランは出てこなかったでしょう。最近ようやく横並びではないプランが出てきましたが、本来はそうあって然るべきでしょう。

我が家の選択は

僕は仕事で音声通話を良く使うのでカケホーダイプランです。妻は家族間通話以外はめったにしないのでシンプルプランです。子供はそもそも音声通話はしないのでシンプルプランです。これで十分です。

カケホーダイにならない通話に注意

いくつかあります。

海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話などへの発信は定額の対象外となります。

引用:ドコモ

特に注意が必要なのが0570から始まるナビダイヤルです。問い合わせ窓口にナビダイヤルを使っているところが結構あるのですが、現在大変混み合っています、と言って無駄に待たされても通話料がかかってしまいます。知らないでいるとカケホーダイなのに予想外の通話料を請求されます。ご注意下さい。

問い合わせ窓口の0120で始まる無料電話が携帯不可で、代わりにナビダイヤルを指定されている時は「ケチな会社だなあ」と思いながら固定電話(ひかり電話)で0120にかけています。

プランを確認しましょう

ドコモに限りませんが、携帯のプランは良く変わります。数年前に契約したプランよりもみなさんに合っているプランが提供されている可能性は十分あります。ドコモの場合、ほとんど音声通話をしないにも関わらずカケホーダイプランに入り(2015年8月までに契約したならその可能性大です)、そのまま変更していない場合、ドコモにカモにされています。

まずプランを確認しましょう。家族で利用している場合は、各回線のプランを確認しましょう。その上で他に適したプランがないか調べましょう。場合によっては毎月数千円節約できます。

 

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.