個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

電車に乗るならモバイルSuicaがおすすめです

投稿日:2017年12月6日 更新日:

僕はふだん自宅(=事務所)で仕事していますが、たまには電車に乗ります。ずっと昔は普通のSuicaでしたが、スマホをNFC対応端末に変えてからモバイルSuicaを使っています。モバイルSuicaの方が便利なので、NFC対応携帯をお持ちの場合は変更を検討されるといいです。

モバイルSuicaのメリット

Suicaカードにはないメリットがあります。

なお以下はiPhoneとそれ以外で状況が違います。iPhoneの方がクレジットカードに制約が少ないです。

携帯でチャージできます

残高の確認もチャージもできます。これは便利です。銀行口座からのチャージもできますがクレジットカードによるチャージに比べてメリットがないのでこちらは使っていません。

銀行口座からのチャージに対応しているのは次の3行だけです。

引用:JR東日本

わざわざ銀行口座からチャージできるようにしたのにこれだと利用率は低いのではないでしょうか。

オートチャージもできます

こちらはクレジットカードチャージだけですが、それ自体は問題ないです。このオートチャージは万能でないことに注意が必要です。

引用:JR東日本

モバイルSuica用クレジットカードの選択

iPhoneのApple Payかそれ以外かで状況が大きく異なります。

iPhone以外の場合

VIEWカード以外のクレジットカードでもチャージできますが、その場合はモバイルSuicaの年会費1,030円がかかります。

VIEWカードであれば「当面の間年会費無料」とされています。

モバイルSuicaの利用に関わる年会費については、ビューカード(表面にviewマークとTypeII識別マーク(タイプツーシキベツマーク)マークのあるビューカードを含む)で登録された方は当面の間、無料です。その他のブランドのカードで登録された場合は、モバイルSuicaの年会費として、1,030円(税込)をいただきます。サービス利用の有無に関わらず、退会手続きをしなければ年会費が必要ですのでご注意ください。

引用:JR東日本

このVIEWカードなら年会費無料というのは2008年4月から継続実施されています。

ビューカード以外のクレジットカードを登録してご利用になる場合は、2008
年4 月1 日以降、モバイル Suica 年会費1000 円が必要となります。なお、
2008年3月31日までは、初年度年会費無料キャンペーンを実施中です。
 
引用:JR東日本

当面の間としているのは経営的な判断がつかなくて「永年無料」と言えないためでしょうね。いずれは無料でなくなったり、年間の利用額が一定金額以下だと有料になったりするかも知れません。

ではVIEWカードならどれでもいいかと言うとそうではありません。ほとんどのVIEWカードはカード自体の年会費がかかります。

iPhoneの場合

なんとiPhoneのApple Payだとどのクレジットカードを使ってもモバイルSuicaの年会費は無料です。僕はAndroidユーザーなので(アプリ開発も請け負っています)うらやましい限りです。それだと上記の(iPhone以外で)VIEWカード利用ならモバイルSuicaの年会費無料の「当面の間」は永年だと思っていいでしょうね。

どのクレジットカードでもSuicaチャージでクレジットカードポイントがもらえるとは限らないそうですが、楽天カードやYahoo Japanカードはもらえるようです。iPhone7以降をお使いの方はApple Pay+モバイルSuicaの利用を検討されるといいでしょう。チャージでもらえるクレジットカードのポイント分節約できます。

それにしてもVIEWカード以外のクレジットカードでもモバイルSuicaの年会費が無料というのはなんでしょう。AppleはJRに強引な交渉をしたのでしょうかね。

でもオートチャージはVIEWカードでないとできないようです。ここはJRも譲れなかったのでしょうか。

年会費が無料もしくは実質無料になるVIEWカード

iPhone利用者は好きなクレジットカードが使えるので気にしなくていいです。iPhone以外の利用者はVIEWカードでないとモバイルSuicaの年会費がかかってしまうので、VIEWカードを使いたくなりますが、多くのVIEWカードは(クレジットカードとしての)年会費が必要です。

以下は僕が調べた年会費が無料もしくは実質無料になるVIEWカードです。(リボルビング払い専用カードは除きました。)

ビックカメラSuicaカード

引用:JR東日本

初年度の年会費は無料です。年に1回でも利用すれば、次年度の年会費477円(税抜)も無料です。モバイルSuicaに1回でもチャージすればずっと年会費は無料になるので、実質年会費無料と言ってもいいでしょう。

モバイルSuicaへのチャージ1,000円ごとに6ビューサンクスポイントもらえます。このポイント、欲しくもない商品に交換するよりはSuica(電子マネー)に交換した方が使い甲斐があります。2.5ポイントを1円にできるようですが、400ポイント単位です。400ポイントためてやっと1,000円分のSuicaチャージができるということです。モバイルSuicaへのチャージで400ポイントためるには67,000円も必要です。また400ポイント単位でしかSuicaに交換できないので平均で33,500円はSuicaに交換できずに捨てることになります。(ポイントの有効期限は獲得から2年です。)

僕はモバイルSuicaは使っても月に数千円程度なのでこのカードはまったく向いていません。

イオンSuicaカード

引用:イオンフィナンシャルサービス

年会費無料です。僕はこのSuicaカードを持っています。モバイルSuicaのチャージ専用です。もらえるのは時代遅れのときめきポイントなので使い勝手は悪いです。しかも200円で1ポイントしかもらえません。

ときめきポイント1,000ポイント単位でSuica1,000円分のチャージができます。これができるのはイオンSuicaカードだけですが、必ず1,000ポイント単位です。ポイントをSuica1,000円に交換するのに200,000円(にじゅうまんえん)もかかることになります。(ポイントの有効期限はほぼ2年です。)

僕の場合ポイントは交換できるほどたまらない(そんなに使わない)ので、このイオンSuicaカードを利用する理由はこれです。

  • 年会費無料でモバイルSuicaが使える。(一応VIEWカードの仲間だから。)
  • 月に1回500円チャージすればイオンのサンキューパスポートがもらえる。

横浜バンクカードSuica

引用:横浜銀行

年会費無料です。モバイルSuicaへのチャージ1,000円毎にワールドポイントが1ポイントもらえます。ワールドポイント200ポイント単位でSuica1,000円分のチャージができます。つまり、ワールドポイントをSuica1,000円に交換するのに200,000円(にじゅうまんえん)もかかることになります。(ワールドポイントの有効期限は獲得から2年です。)

みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

引用:みずほ銀行

年会費無料です。モバイルSuicaへのチャージ1,000円毎に永久不滅ポイントが1ポイントもらえます。永久不滅ポイント200ポイント単位でSuica1,000円分のチャージができます。つまり、永久不滅ポイントをSuica1,000円に交換するのに200,000円(にじゅうまんえん)もかかることになります。永久不滅というだけあって、ポイントの有効期限がないのが救いです。

スーパーICカード Suica「三菱東京UFJ-VISA」

引用:三菱東京UFJ銀行

年会費無料です。モバイルSuicaへのチャージ1,000円毎に三菱東京UFJポイントが1ポイントもらえます。三菱東京UFJポイント200ポイント単位でSuica1,000円分のチャージができます。つまり、三菱東京UFJポイントをSuica1,000円に交換するのに200,000円(にじゅうまんえん)もかかることになります。三菱東京UFJポイントの有効期限の仕組みは複雑です。

  • 三菱東京UFJポイントの有効期限は、毎年4月~翌年3月までの年度制を採用しています。
  • 年度中の獲得ポイントが200ポイント未満の場合は同年度末、200ポイント以上の場合は翌々年度末が有効期限となります。
  • 入会初年度中に獲得したポイントに限り、年度中の獲得ポイントが200ポイント未満の場合でも、翌々年度末まで有効です(年度別獲得ポイント内訳は、「クレジットカードご利用明細」にてご確認いただけます)。

引用:三菱東京UFJ銀行

iPhoneのモバイルSuicaのデメリット

これはAndroidユーザーのひがみです。Androidやガラケーだと携帯の電源が切れていてもバッテリーが完全に放電していなければモバイルSuicaは使えます。iPhoneは電源が入っていないと使えません。

freeeで同期できます

できない時期もありましたが、現在freeeはモバイルSuicaに同期できます。こんな感じで月日、乗車駅名、下車駅名、金額が個別に表示されますので、私用と業務用の判断も付けやすいです。

これは便利です。(同期する時にいちいちモバイルSuicaの認証を求められるのはうっとうしいですがこれはモバイルSuica側の仕様です。)



Suicaを良く利用し、その交通費を記帳している方はモバイルSuica+freeeで経理処理の負担を軽減できますよ。個人事業主にとっての節約効果はこれが一番ですね。

 

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.