e-Taxの利用はおすすめしません

個人事業主にとって確定申告書の作成、提出は1年間の事業活動と節税の総仕上げです。我が家はfreeeを使って経理処理にかかる手間を大幅に削減していますし、LLPの決算も自分で苦もなくできるようにしています。でもe-Taxは利用していませんし、今後も利用しません。

e-Taxはみなさんにもおすすめしません。それは致命的なデメリットを避けるためです。

広告
広告

確定申告書を印刷して郵送するのが手間ですか

普段からfreeeをちゃんと使っていれば確定申告書の作成は楽勝です。

確定申告の時期が近付くと憂鬱になる個人事業主の方は少なくないと思います。でもそれは1年分の作業をその時期にまとめてやろうとするからです。1年...

完成した確定申告書を印刷して郵送するのってそんなに手間でしょうか。税務署から送られてくる書類の束に入っている、自分で作る封筒には自分で切手を貼らないといけないのが(ケチ)面倒ですが大したことではありません。

freeeは電子申告に対応していますし、freeeで出力したファイルをe-Taxで提出することもできます。が、そのためにはもっと面倒なことをしないといけません。

  • 電子証明書が必要です。ICカードリーダーを購入することになるでしょう。
  • 利用者識別番号が必要です。税務署に書類を提出しないといけません。
  • 分かりにくいと言われている手順を学ばないといけません。

でもこれは致命的なデメリットではありません。

freeeはLLPに対応していません

freeeはLLPに対応していませんが、我が家では3つのfreeeを使い分けてLLPの決算と確定申告を行っています。それに必要な雛形と手順を公開しています。

我が家がLLPの決算時と確定申告時に作成したLLP関係の書類の雛形とその使い方についてお話しします。公開する雛形のファイルを使えば割りと簡単...

この手順の中にe-Taxを入れようとすると不必要に手間が増えると思われます。印刷して郵送すればそれで終わりです。e-Taxで再入力なんて冗談じゃないしメリットを感じません。

でもこれは致命的なデメリットではありません。僕はfreeeがLLPに対応したとしても電子申告は使いません。

確定申告書の控えがもらえない

確定申告書を印刷して郵送する場合、控えと返信用封筒を同封すると税務署の受付印が押された控えが戻ってきます。この控え、ものすごくアナログですが小規模企業共済や経営セーフティ共済の申し込み時に提示を求められました。確かにこれがあるとちゃんと確定申告していそうですね。e-Taxだとこれがもらえません。

小規模企業共済加入時の必要書類です。

引用:中小機構

経営セーフティ共済加入時の必要書類です。(これ限定ではありません。)

引用:中小機構

おそらく小規模企業共済や経営セーフティ共済の申し込み時に確定申告書の控えの提示を求められても、e-Taxを利用している場合は別の何かで代用できると思います。なのでこれも致命的なデメリットではありません。

個人情報を電子化されるのって嫌いじゃないですか

今時物を買うのに現金で(他にカードも一切提示しないで)支払うメリットは個人情報を蓄積されないことぐらいしかありません。その他の方法や、ポイントカードなどを提示するといつどこで何を購入したかが記録される可能性があります。たとえばこんなのとか。

電子化された個人情報は検索対象になり様々な形で活用されるリスクがあります。僕がe-Taxの致命的なデメリットだと思っているのはこれです。

印刷して提出した確定申告書やLLPの決算書は電子化しにくいですが、e-Taxで提出したものはそのままデータベースに入るはずです。そのデータは後で検索・利用されるのを待つことになります。税務署はこのデータベースを何のために活用するでしょうか。

僕はわざわざe-Taxで確定申告書やLLPの決算書を電子データで送信してデータベースに入れたくありません。熱心にしているのは節税であって脱税ではありませんから調べられても困ることはありませんが、自ら目立つ必要はないでしょう。データベースに入ると検索方法によっては目立ってしまうリスクが高まります。これが僕の考える致命的なデメリットです。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする