我が家は一戸建て住宅を購入して正解でした

これは賃貸と購入のどちらが得かという話ではありません。好きな方、ライフスタイルに合っている方を選択すれば良いと思います。

我が家は一戸建て住宅を購入したのですが、その選択は正解だったと考えています。その理由をお話しします。プライベート過ぎる話題ですので、僕のプロフィール紹介の一部だと思って頂いて結構です。

広告
広告

一戸建て住宅を購入したかった理由

僕は一戸建て住宅しか考えていませんでした。その理由は明確でした。

猫と暮らしたかった

一番の理由は猫と暮らしたかったからです。そんなの理由にならない?いえ、本当です。実際、猫と暮らせてとても幸福です。

これはおそらく僕が猫を飼っていた両親に一戸建て住宅で育てられた影響だと思います。

自分の好きなようにしたかった

僕は一戸建て住宅にこだわっていました。それは自分の好きなようにしたかったからです。分譲マンションだと本当に好きなようにはできません。一戸建てなら柱を切ろうが壁をぶち抜こうが自由です。修繕に関しても全て自分で決められます。

隣接している住人との干渉を避けたかった

マンションの場合最上階でなければ上に住人がいます。最下階でなければ下に住人がいます。また多くの場合、片側または両側に住人がいます。どれもいくらかの厚みのある天井、床、壁をはさんでごく近くにです。

一戸建ての場合は上にも下にも住人はいません。水平方向にはお隣さんがいますが、ある程度の空間(距離)があります。

隣接している住人との干渉(双方向)を避けたかったのです。

1点デメリットがあります。我が家の子供は静かに歩きません。下に住人がいる環境で暮らし始めたら確実に怒られます。これまで注意してきませんでしたが、時期が来たら話さねばならないと思っています。

取得費用はとんでもない額でした

本当に好きなようにしたかったので、建築条件のない土地を購入して設計、施工をしてくれる業者を自分で探しました。まず土地を探すのが大変でした。探し始めて数年かかってようやく納得できる土地が見つかりました。

次に設計、施工をしてくれる業者を探して設計してもらいました。4回ほど設計中の全レイアウト(間取りや土地内での配置)を破棄して現在のレイアウトになりました。この土地でもう1回建築するとしても寸分たがわず同じレイアウトを採用するくらいに気に入っています。細かい内装や仕上げの方法には変更したいことがポロポロありますが。

設計を開始して竣工(完成)まで1年3ヶ月もかかりました。(エクセルで自分年表を作成・都度更新しているので我が家の大きなイベントについてはそれを見れば大体分かります。)

土地と建物の取得費用はとんでもない額でした。現在はローンも払い終えていますが、それができたのは妻と共働きの期間がそれなりにあったためです。

転勤リスクは考えなかったのか

住宅取得当時勤めていた会社で転勤の可能性がある場所へは頑張れば通勤可能でした。確かにリスクではあったので、ギャンブルのようなものだったことは確かですね。

転職のことは考えていませんでした。その会社に定年までいるものだと思っていました。が、未来は予測できないもので、僕は早期退職して個人事業主になりました。それと同時に、転勤リスクもなくなりました。現在では自宅が事務所です。固定資産税と修繕費用(給湯器を交換しました)は家事按分しています。住宅取得時にはそんなことになるとは夢想だにしませんでした。

住宅取得費用を暮らした年数で割ると

できれば自宅でポックリ死にたいものですが、仮に住宅を取得してから40年暮らせたとすると、とんでもなかった取得費用が割安に思えてしまいます。賃貸マンションにかかる費用が管理費込みで平均で(子供が成人したら狭い物件に借り換えるなどして)13万円だとすると、40年で6,240万円になります。

家族は猫様を含めてこの自宅での快適な生活を満喫できています。人はすぐ損得勘定をしてしまいますが、住居に関しては条件の変動要素が多すぎて、また、個人・家庭ごとの考え方の違いが大きすぎて汎用的な答えが出ません。それでも我が家が一戸建て住宅を購入したのは正解だったと確信しています。そして、いろんな理由でそうできたことに感謝しています。

売却の予定はありません

建物はともかく土地はいつだって売却可能な資産ですが、そうする予定はありません。おそらく子供が相続するんじゃないかと思いますが、今はまだ考えなくていいでしょう。

健康に注意しよう

とんでもない額の投資をして手に入れた一戸建て住宅です。できるだけ長くここで暮らしたいものです。そのためには健康寿命が鍵になります。

個人事業主のみなさん、毎年人間ドックを受診していますか。僕は必ず受診しています。健康保険は使えないし経費にもできませんが、健康であってこその...

自宅で仕事をしていると運動不足を超えて運動しなくなります。それはまずいので週1回必ずプールに泳ぎに行っています。年に52週あるうち行かない(行けない)のは3回以下です。この運動は自分への投資です。(このように何でもすぐに投資と考えてリターンを期待するのは悪い傾向かも知れませんね。)

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする