2018年からインデックスファンドの積立額を変更します

現在このブログの記事は公開予定日の2週間程度前に書いています。それは、このブログを始めてまだ日が浅く、平日は毎日更新することを目指しているのですが、毎日締め切りが来るのはイヤなので記事をストックしているからです。

いろいろと調べたり考えたりしながら記事を書いています。その過程で自分の選択を考え直すことも良くあります。今日お話しするのは、公開予定になっている(ストックされている)記事で考え直したことが要因となって取った行動についてです。

広告
広告

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を20万円増額

このインデックスファンドに僕は月額30万円、妻は8万円積み立てています。2018年から僕の積み立て額を50万円に増額します。

僕はこのインデックスファンドにSBI証券で投資していますが、積み立ての設定変更はネットで簡単に行えます。変更が反映されるまでの期間も短いと思います。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを5万円増額

このインデックスファンドに僕は月額3万円積み立てています。2018年から8万円に増額します。

僕はこのインデックスファンドに楽天証券で投資していますが、積み立ての設定変更はネットで簡単に行えます。変更が反映されるまでの期間もSBI証券同様短いと思います。

増額する理由は

セゾンVGBFは2017年の我が家の主力ファンドですが、最近考え直すようになりました。それでセゾンVGBFの積立額を減額しようと思っています。現在セゾンVBGFを毎月30万円積み立てているので、その減額分を見込んで他を増額しようという考えです。

残念ながらセゾンVGBFの積立額の変更はネットではできません。次の手順が必要です。

  • 変更するための申請書の郵送をネットで依頼します。
  • 申請書が届いたら記入して返信します。

この変更が反映されるまで1ヶ月以上かかると思います。この不便さは改善して欲しいです。でないと他社との競争に負けちゃいますよ。セゾン投信さん。

セゾン投信はスポット購入に向かないという不便さもあります。

僕と妻が積み立てている投資信託についてスポット購入方法を確認しました。基本は毎月同額の積み立てですが、基準価額が下がっている時には積み立て額...

一括投資はしません

我が家は無リスク資産からリスク資産へのシフトを進めている最中で、その気になれば毎月の積み立て額×12、つまり1年分を一括投資できます。でも一括投資はしません。1年後に振り返って基準価額の変動グラフを見ながら「一括投資していた方が良かった」と思うこともありません。積み立てによる時間分散のメリットを確実に享受しているからです。

インデックス投資の世界では「ドルコスト平均法」というキーワードが頻出します。意見は様々で、中には極端なものも散見されます。 この記事で...

ただし、インデックスファンドに投資可能な資産がXだけある時に、そのXを一括投資しないで積み立て投資するのはいいとして、ではその期間の選択は難しい課題です。これは人によって見解が割れると思いますが、僕は最低1年はかけるべきだと考えています。結局基準価額がこれからどう変化するかは予見できないので、未来にならないと最適解がどれだったかは分かりません。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする