夢プレミアムは無リスク資産の預け先の1つです

大阪シティ信用金庫の夢ふくらむ支店が扱っている円定期「夢プレミアム」は我が家の無リスク資産の預け先の1つです。少し変わった口座なんですが、この超低金利時代にけっこう頑張っています。僕は昨年満期になった時に口座を解約してしまいましたが、妻は現在利用中、もうじき満期を迎えますがそのまま継続させる予定です。

頑張っている金融機関は大好きです。普段から、頑張っているところを進んで利用してあげたいと思っています。

広告
広告

誰でも利用できる高金利の円定期は選択肢が少ない

次の条件を満たす円定期はとても少ないです。

  • どこに住んでいる人でも口座を開設できる。
  • なにかの組合員でなくても利用できる。
  • 新規口座開設から何ヶ月以内などのケチな制約がない。
  • 何かあっても元金1,000万円とその利息までは保証される。(朝鮮半島系でない。)
  • 金利が0.3%以上。

夢プレミアムは上記条件をクリアする数少ない円定期の1つです。

夢プレミアムとは

夢プレミアムの概要はこうです。

  • 1年もの、金利0.36%。単利型。
  • 100万円以上1,000万円以下10万円単位。
  • 日本国内に住む満20歳以上なら誰でも利用可能。
  • 元金自動継続型。

取引は電話のみ

口座開設の申し込みはネットでできますが、口座開設後の取引は電話のみという珍しい仕組みです。口座が開設できたら普通預金口座に資金を振り込みます。100万円以上1,000万円以下10万円単位です。資金が普通預金口座に入ったら電話して円定期の作成を依頼します。

元金自動継続型で金利はそのままです

高金利の定期によくあるパターンは、3ヶ月もので満期を過ぎるとほとんど意味のない金利に下がってしまうというものです。うっかり満期を忘れていると後でがっかりします。が、夢プレミアムは金利に変更がなければそのままで継続できます。現在は0.36%です。

2016年9月までは0.375%でした

それから0.36%に下がったきりです。それでも頑張っている方だと思いますよ。夢プレミアムはもう何年も続けていますからね。期間限定とかやめたり再開したりとかではなく年中いつでもOKです。これからも今の金利のままで続けて欲しいです。

満期時の利息は

満期時にもらえる利息は普通預金口座に入金されます。円定期は元金そのままです。元金自動継続型ですからね。普通預金口座に入金された利息は次のどちらかの方法で回収します。

  • 電話で本人名義の口座に振り込んでもらいます。振込手数料は利用者負担となります。
  • キャッシュカードを使ってATMで引き出します。

ATMの場合おそらく大阪地区にお住まいの方でない限り無料では引き出せないと思います。また、1回に引き出せる限度額が小さいので(もらえるキャッシュカードが生体認証なしのため)振込手数料(たぶん864円)を負担しても振り込んでもらった方がいいと思います。

僕が昨年満期になった時は

僕は夢プレミアムに1,000万円預けていましたが2017年10月に満期になりました。その時電話をして利息をどうするか選択肢を確認したのですが(相手の女性の方はバリバリ大阪弁でした)、口座を解約する場合は元金+利息をまとめて無料で本人名義の口座に振り込んでくれるということでした。それで数秒の沈黙の後、解約を申し出ました。再度夢プレミアムを利用する場合は口座開設からお願いしますと、嫌がらずに伝えてくれました。この電話対応は好感度が高かったです。

妻の満期時は

2月に満期を迎えますが、他に良い無リスク資産の預け先がないので夢プレミアムを継続すると思います。利息(28,687円マイナス振込手数料)は楽天銀行に振り込んでもらうことになると思います。

個人向け国債変動10年

個人向け国債変動10年を1,000万円購入し、現金プレゼントキャンペーンで4万円もらって1年後に売却すると定期預金換算で約0.5%相当の金利になる、というのは承知しています。が、この現金プレゼントに関する国税庁の見解は「雑所得」です。

ご照会のキャンペーン景品は、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得及び一時所得のいずれにも該当しない所得であることから、雑所得として取り扱われます(所法351)。

引用:個人向け国債の購入者へ交付するキャンペーン景品の所得税法上の取扱いについて

確定申告しない場合、雑所得の合計が20万円以下なら非課税扱いにできます。が、我が家は確定申告しないわけにいきません。また、証券会社にはマイナンバーを登録しているため税務署は容易に現金プレゼントの受け取りを把握できますので、黙っていればバレないと思うのは間違いです。

試しに個人向け国債変動10年を1,000万円購入し、現金プレゼントキャンペーンにより妻の雑所得が4万円になった(現在雑所得はゼロです)場合の税負担の変化を計算してみました。結果、3,540円の増加でした。つまり、

40,000円ー3,540円=36,460円なので定期預金の金利に換算すると0.457%

となるため、夢プレミアムの0.36%より有利です。が、これは妻が管理している無リスク資産であることから管理をシンプルにしたいと思い、個人向け国債変動10年の利用は避けることにしました。現金プレゼントの額が昔のように5万円だとその気も変わるところなのですが。

ちなみに、僕が管理している我が家の無リスク資産の一部は大和証券の個人向け国債変動10年です。それの購入時にもらった現金プレゼントは雑所得で確定申告します。

夢プレミアムのデメリット

夢プレミアムのパンフレット(PDF)にはこうあります。

この預金は、原則として中途解約はできません。

身内に不幸があったとかなら解約できると思いますが、きっとわがままな理由ではできないでしょうから、満期が来るまで解約しなくていい資金を預けるようにしましょう。

僕が円定期をチェックするサイト

無リスク資産の預け先として円定期を調べる時はこちらをチェックしています。無駄がなくページを延々とめくる必要もない実用本位のサイトです。他のサイトではタイトルだけ見ると良さそうに思えても本文を読み進むと制約が多くて使えない、つまり読み進む価値のない、タイトルで釣られた気がするものも少なくありませんが、ここは違います。少ないスペースに完結にまとまっています。

無リスク資産も大切な資産です

リスク資産としてインデックス投資していると、リスクもありますがリターンは年平均3から4%は期待していいと思います。それから見ると年利0.36%は一桁低いわけで、それぐらいしかもらえないならどうでもいいやという気にもなりかねません。少しでも条件が良い(金利が高い)ところに預けるにはそれなりに労力が必要になりますからね。めんどくさいから金利は低いけど今のままでいいやと。どうせそんなに差はないのだからと。

でも、だからと言って0.36%ではなくてもっと低いところ、例えば楽天銀行の0.1%の普通口座(マネーブリッジ利用)に放置しておくと、1年ではそれなりの差が出ます。次の表は税引き後の利息です。(大阪シティ信用金庫の普通預金口座からの振込手数料は考慮していません。)

預け入れ額 夢プレミアムの0.36% 楽天銀行の0.1% 差額
100万円 2,869円 797円 2,072円
500万円 14,343円 3,984円 10,359円
1,000万円 28,687円 7,969円 20,718円

金利0.1%も0.36%もリスク資産で狙っている運用益から見ると一桁低いですが、それでも1年でこれだけの差が出るのですから少々手間でも行動する価値はあると思います。それに夢プレミアムは1年ものなので預けてしまえば1年放置できます。

無リスク資産も大切に育てたいものです。

その後どうなった?

こちらに続きがあります。

妻は1,000万円を夢プレミアムに預けていて昨日1年の満期を迎えました。 夢プレミアムを継続するつもりでしたが、熟慮の結果、解...

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする