eMAXIS 先進国株式のトラッキングエラーを分析しました

これは次の記事の続きです。

これは次の記事の続きです。 上記記事ではたわら先進国株式の第2期について分析しました。必要なデータは第1期分も揃っているので、...

上記記事ではたわら先進国株式について分析しました。トラッキングエラーらしき変動をグラフで認識できてはいるものの、正しい評価方法が分からなくて困ったままです。

今回はeMAXIS 先進国株式インデックスのトラッキングエラーを分析しました。手法は同じです。困っていることも同じです。

広告
広告

eMAXIS 先進国株式の指数はプライス

たわら先進国株式もeMAXIS 先進国株式もMSCIコクサイをベンチマークにしています。が、MSCIコクサイに3種類あるインデックス(指数)のうち、たわら先進国株式はグロスですがeMAXIS 先進国株式はプライスです。この3種類の指数についてはたわら男爵様のこちらのブログ記事が参考になります。

プライスは配当金を含まないのでファンドの基準価額がベンチマークより上方乖離しやすい傾向にあります。トラッキングエラーが0の場合、税引き後の配当金が信託報酬などの運用コストを上回ればベンチマークより上振れするからです。そのため初心者に「ベンチマークを上回る成績だと」の誤解を与えかねない課題があります。

分析方法

次の記事を書くためにたわら先進国株式専用のプログラムを作りました。

最近トラッキングエラーに関心を持つようになり、自分で調べたいと思い始めました。材料はMSCIコクサイのインデックス、円ドル換算レート(TTM...

またその前準備でMSCIコクサイの3種類の指数をドル円換算するためのデータを入手しました。今回eMAXIS 先進国株式のトラッキングエラーを分析するにあたりこうしました。

  • たわら先進国株式専用のプログラムをまるごとコピー。
  • たわら先進国株式固有の処理、データをeMAXIS 先進国株式向けに変更。
  • グロスの代わりにプライスを参照するように変更。
  • グラフの重なりを微調整。

ベースができているので大した手間ではありません。結果を見るのが楽しみなので苦にならないというところです。

eMAXIS 先進国株式の第8期運用報告書を見る

公開されている第8期の運用報告書を見ます。色付きの枠は河童が加工したものです。

引用:eMAXIS 先進国株式運用報告書を河童が加工

赤枠部分は問題ありません。青枠部分の騰落率もすんなり一致しました。

ベンチマークの騰落率が微妙に異なるところがありますが(赤枠部分)、ドル円換算方法が非公開であるなど全く同じ計算はできないので誤差はゼロにできません。でも目的にしている分析には支障がないと判断しました。

騰落率差は上方乖離を示しています。運用報告書にはこうあります。

引用:eMAXIS 先進国株式運用報告書

  • ベンチマークとの乖離が2.0%程度だったというのは計算通りです。間違いありません。
  • マザーファンド保有による要因が2.8%程度とあります。これは株式の配当金(税引き後)のことを指しているのだと思いますが、はっきりしません。税引き後の配当金ならそう書けばいいのに、そう書かないのはそれほど単純ではないからでしょうか。
  • マザーファンド保有以外の要因が-0.8%で、これはファンドの管理コスト等とありますから、信託報酬+隠れコスト=実質コストによるものですね。この区分を明確にしているところは非常に好感が持てます。

この運用報告書からeMAXIS 先進国株式の実質コストは0.741%だと分かります。これが上記-0.8%そのものズバリなのか実は他にも何かあるのかは分かりません。

騰落率差の変動

騰落率差の変化が分かるグラフです。クリックで拡大します。

オレンジ色のラインがベンチマークとの差です。緩やかに上昇しているのが配当金による上振れで、暴れているのがトラッキングエラーではないでしょうか。2016年に大きな下方乖離がありますが、これってたわら先進国株式にもありましたね。何か事件でもあったんですかね。

運用報告書ではこうなっています。

引用:eMAXIS 先進国株式運用報告書

僕がプログラムでプロットしたのと同じですね。

もっと長い期間で見ると

基準価額の日次データは設定日からのが揃っているのですが、残念ながらMSCIコクサイのベンチマークが2013年2月からしかありません。それでそこから2017年末までの期間でプロットしてみました。クリックで拡大します。

細かく暴れるのがトラッキングエラーだとしても、うねるような変動は何でしょうか。基準価額の変動に似ています。基準価額が下がっている時は当然配当金も相対的に少なくなるからかも知れません。グラフからはそれが妥当と思えますが、それであっているでしょうか?

次のグラフはたわら先進国株式の過去2年間のものです。クリックで拡大します。こちらにはうねりがないですね。指数がグロス(税引き後の配当金込み)だからでしょうか。

知見を頂ける方、お願いします

コメントでも「お問い合わせ」からのご連絡でも結構です。よろしくお願いします。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする