個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

iFree 外国株式のトラッキングエラーを分析しました:eMAXIS 先進国株式と互角かな

投稿日:2018年2月9日 更新日:

これは次の記事の続きです。

上記記事ではeMAXIS 先進国株式インデックスについて分析しました。トラッキングエラーらしき変動をグラフで認識できてはいるものの、正しい評価方法が分からなくて困ったままです。

今回はiFree 外国株式のトラッキングエラーを分析しました。手法は同じです。困っていることも同じです。

iFree 外国株式の指数はプライス

たわら先進国株式もeMAXIS 先進国株式もiFree 外国株式もMSCIコクサイをベンチマークにしています。が、MSCIコクサイに3種類あるインデックス(指数)のうち、たわら先進国株式はグロス、eMAXIS 先進国株式とiFree 外国株式はプライスです。この3種類の指数についてはたわら男爵様のこちらのブログ記事が参考になります。

プライスは配当金を含まないのでファンドの基準価額がベンチマークより上方乖離しやすい傾向にあります。トラッキングエラーが0の場合、税引き後の配当金が信託報酬などの運用コストを上回ればベンチマークより上振れするからです。そのため初心者に「ベンチマークを上回る成績だと」の誤解を与えかねない課題があります。

分析方法

次の記事を書くためにたわら先進国株式専用のプログラムを作りました。

またその前準備でMSCIコクサイの3種類の指数をドル円換算するためのデータを入手しました。その後eMAXIS 先進国株式のトラッキングエラーを分析するプログラムを、たわら先進国株式専用のプログラムを改造して作りました。今回も同様のことをしています。

  • eMAXIS 先進国株式専用のプログラムをまるごとコピー。
  • eMAXIS 先進国株式固有の処理、データをiFree 外国株式向けに変更。
  • グラフの重なりを微調整。

この作業にも慣れてきたので前回より短い時間で対応できました。

iFree 外国株式の第1期運用報告書を見る

iFree 外国株式はまだ第1期の運用報告書しか公開されていません。それも期間はたったの3ヶ月です。次はいつものようにその運用報告書からの抜粋です。色付きの枠は河童が加工したものです。

引用:iFree 外国株式運用報告書を河童が加工

最初赤枠部分も青枠部分の騰落率も一致しませんでした。まず設定日9月8日の基準価額が10,000円とありますが、モーニングスターからダウンロードした日次の基準価額データによると10,037円です。また、ベンチマークの列にたわら先進国株式の第1期運用報告書のように(9/7)と追記があります。たわら先進国株式を分析した経験から、これは設定日を9月7日、基準価額10,000円で開始とすればいいと分かりました。

はい、ぴったり一致しました。

なので以降この分析では2016年9月7日を設定日として扱います。

予想通り騰落率差は上方乖離を示しています。運用報告書にはこうあります。

引用:iFree 外国株式運用報告書

  • マザーファンドには株式の配当金が計上されるけど、ベンチマークには配当金が含まれていないことが上方乖離の理由だとあります。eMAXIS 先進国株式の運用報告書よりも明確な説明ですね。好感が持てます。
  • 「その他、マザーファンドで組み入れているポートフォリオの騰落率とベンチマークの騰落率との差異、信託報酬、売買コスト等がかい離要因としてあげられます。」と明記しているのはいいのですが、内訳が分かりません。その点ではeMAXIS 先進国株式の運用報告書の方が情報開示の点で優れています。

騰落率差の変動

騰落率差の変化が分かるグラフです。クリックで拡大します。

オレンジ色のラインがベンチマークとの差です。緩やかに上昇しているのが配当金による上振れで、暴れているのがトラッキングエラーではないでしょうか。

運用報告書ではこうなっています。

引用:iFree 外国株式運用報告書

僕がプログラムでプロットしたのと同じですね。

もっと長い期間で見ると

設定日から2017年末まででプロットしてみました。クリックで拡大します。

細かく暴れるのはトラッキングエラーでしょう。eMAXIS 先進国株式よりは穏やかですがうねるような変動があります。次はeMAXIS 先進国株式のグラフです。

ここまで書いてまずいことに気付きました。ベンチマークとの差は計算期間に比例して大きくなるので、比較するならiFree 外国株式と同じ期間にすべきだと。

ここでeMAXIS 先進国株式専用プログラムを改造中...。

できました。

比較対象が遠くなったのでここにも貼り付けます。

酷似していますね。ほとんど同じと言ってもいいぐらいです。このことから、トラッキングエラーについてはeMAXIS 先進国株式とiFree 外国株式は同等(互角)と言っていいでしょう。(細かい暴れはトラッキングエラーですかね。そうではなくて為替の影響によるもので無視していいものではないですかね。どう考えればいいのでしょうか。)

知見を頂ける方、お願いします

コメントでも「お問い合わせ」からのご連絡でも結構です。よろしくお願いします。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.