個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

Funds-i 外国株式のトラッキングエラーを分析しました:優秀です

投稿日:2018年2月19日 更新日:

これは次の記事の続きです。

Funds-i 外国株式は設定日が2010年11月26日であることから推測できる通り信託報酬率が税込み0.594%と現在では高い部類に属します。そのためみなさんの関心度合いを想像して当初は分析しないつもりでしたが、最近の超ローコストファンドだけではサンプルとして不十分だと分かったのでFunds-i 外国株式も分析することにしました。

結果、分析して良かったです。とても参考になりました。一連のトラッキングエラー分析シリーズで謎なところは謎のままですが、手元の分析結果が増えたことはプラスです。また、今回は計算結果がすんなり一致したので時間もかかりませんでした。

Funds-i 外国株式の指数はグロス

このトラッキングエラー分析シリーズはMSCIコクサイをベンチマークにしているファンドを対象にしています。MSCIコクサイに3種類あるインデックス(指数)のうち、Funds-i 外国株式はたわら先進国株式と同じグロスを指数にしています。この3種類の指数についてはたわら男爵様のこちらのブログ記事が参考になります。

グロスは税引前の配当金を含みます。最近までトラッキングエラー(乖離)を見るには最も適したインデックス(指数)だと思っていたのですが、ネットを指数にしたインデックスファンドを分析した結果ネットがいいかもと思い始めてもいます。

トラッキングエラーが0なら指数から配当金への課税額と運用コスト(信託報酬+隠れコスト)だけ下方乖離すると思われます。

分析方法

次の記事のために作った、たわら先進国株式専用のプログラムをコピペして改造しました。

毎度のことですが、関門である運用報告書と同じ計算結果が得られれば苦労しません。今回はすんなり一致しました。

Funds-i 外国株式の第7期運用報告書を見る

Funds-i 外国株式は第7期の運用報告書が最新です。次はいつものようにその運用報告書からの抜粋です。

引用:Funds-i 外国株式第7期運用報告書

計算結果です。どうやらFunds-i 外国株式は小数点以下2桁目を五捨六入しているようです。

ベンチマークとの差異について運用報告書にはこうあります。

引用:Funds-i 外国株式第7期運用報告書

「ベンチマーク(指数)から1.1%ポイント下方乖離したけど想定通りで、その理由は運用コストと配当金への課税、ドル円換算の時差です。」と読めます。傾向を知りたくて過去の運用報告書を探しましたが第5期までしか見つかりませんでした。

  • 第6期運用報告書では1.0%ポイントでした。
  • 第5期運用報告書では0.7%ポイントでした。

たわら先進国株式は過去2期が0.55%ポイントずつでした。

運用報告書にあるトータルコストはたわら先進国株式が税込み0.281%、Funds-i 外国株式が税込み0.615%です。これだけでは判断できないですね。

騰落率差の変動

騰落率差の変化が分かるグラフです。クリックで拡大します。

オレンジ色のラインがベンチマークとの差です。たわら先進国株式に良く似ています。

もっと長い期間で見ると

持っているベンチマークの一番古いものが2013年2月1日(Funds-i 外国株式の設定日よりも後)なのでそこから2017年末まででプロットしてみました。クリックで拡大します。

このうねりの理由が分かりません。

たわら先進国株式との比較

次はたわら先進国株式の設定日の数日後からの比較です。まずFunds-i 外国株式から。

次はたわら先進国株式です。右側の軸のスケールをFunds-i 外国株式に合わせました。

いわゆる直流成分を除くと非常に良く似ています。たわら先進国株式が運用に問題がなくて優秀だとするとFunds-i 外国株式も同様に優秀と言えるでしょうか。

直流成分を見るとFunds-i 外国株式はわずかに湾曲しています。これはマイナスの複利効果でしょうか。長期間で見た時のうねりの説明ができないと何とも言えないですね。

暴れているのはトラッキングエラーではないかも

Funds-i 外国株式とたわら先進国株式の比較で、騰落率差のラインの暴れ方が酷似していることから、これは為替の影響によるものであってトラッキングエラーと呼ぶべきものではないかも、という気になってきました。確かにベンチマークからズレてはいますが、運用ミスのようなものではないと思うのです。運用ミスなら2つの間で違いとして現れるでしょうから。

知見を頂ける方、お願いします

コメントでも「お問い合わせ」からのご連絡でも結構です。よろしくお願いします。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.