eMAXIS Slim 先進国株式と楽天全世界株式の実績を比較しました(1)

僕は次の理由から先進国株式系インデックスファンドに投資するならeMAXIS Slim 先進国株式インデックスをおすすめします。

  • 推定ですがトータルコストがクラス最安の0.21226%。
  • 競合商品の信託報酬引き下げに追随する安心感。
  • 運用実績に問題がない。

僕は現在eMAXIS Slim 先進国株式に約47万円投資しています。

最近の株価下落で含み益はマイナスになっていますが気になりません。でも時々気になることがあります。あの楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)のパフォーマンスです。投資対象が異なるので直接比較するのは不適当ではあっても、受益者心理としては「どちらがより高いリターンが得られるの?」と思ってしまいます。もちろんリターンに比例してリスクも高くなりますが、気になるのは自然です。

ということで運用開始後まだ5ヶ月未満ですが実績を比較してみました。対象インデックスファンドは次の3本です。(3本目はおまけです。)

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)
  • 楽天・バンガード・ファンド(全米株式)
広告
広告

比較方法

モーニングスターから基準価額の日次データをダウンロードして分析します。楽天全世界株式、楽天全米株式の設定日は2017年9月29日ですが、設定日直後は比較しない方が良いことが経験上分かっているので、10月10日を開始日としています。この日の基準価額からの変動よりリターンとリスクの変化を見ます。

グラフはクリックすると拡大版が表示されます。

リターン

3本まとめてプロットしています。

  • やはり楽天全米株式のリターンの高さが目立ちます。現在米国株式は(一時下落はしたものの)好調ですからね。
  • 楽天全世界株式はeMAXIS Slim 先進国株式よりもわずかながらリターンが高いですね。

リスク

3本まとめてプロットしています。リスクはリターンの変動率(標準偏差)で、21営業日(月次相当)の期間で計算したものを年率換算しています。右側が空いているのは21営業日で計算しているためです。

  • リターンに比例してリスクも高くなると言われていますが、楽天全世界株式と楽天全米株式のリスクにはリターンの様子から受けるほどの差はないですね。
  • eMAXIS Slim 先進国株式はおおむね楽天全世界株式、楽天全米株式よりも低いリスクで推移していますね。

eMAXIS Slim 先進国株式 vs 楽天全世界株式

ここからは1対1で比較します。右軸がリターンの差です。

  • リターンの差はおおむねマイナスです。これは楽天全世界株式のリターンがeMAXIS Slim 先進国株式よりも高い期間が多いことを示しています。
  • この期間だとリターンの差は(大きいヒゲを除くと)0.5%以下ですが、これが何年も経つと確実に実感できるほど含み益に影響しますね。

次はリスクの差です。

途中から楽天全世界株式のリスクがeMAXIS Slim 先進国株式よりも大きくなっているのが分かりますが、リターンの差にあるヒゲの影響が大きいと思います。

eMAXIS Slim 先進国株式 vs 楽天全米株式

  • リターンの差はおおむねマイナスです。これは楽天全米株式のリターンがeMAXIS Slim 先進国株式よりも高い期間が多いことを示しています。
  • この期間だとリターンの差は1.0%以下ですが、十分に大きな差ですね。

次はリスクの差です。

途中からリスク差が拡大していますが、これはリターンの差にあるヒゲの影響が大きいと思います。でも楽天全米株式は楽天全世界株式よりもハイリスクなのは確かです。

謎のヒゲはどこから生まれたのか

リターンの差にある大きなヒゲがリスクを悪化させています。基準価額のデータから単純に計算すると、ある期間で見た時のリスクのスナップショットは正しい姿でなくなります。あの謎のヒゲはどうしてできたのでしょうか。

ちょうど米国株式が大きな下落をした頃なので細かく突っ込むのは不適切かも知れません。

試しに楽天全世界株式と楽天全世界株式のリターンの差を見ると、そこにもヒゲがあります。

このヒゲがある部分のeMAXIS Slim 先進国株式のリターンの変動は、他の2つよりも控えめです。そして、楽天全世界株式と楽天全世界株式のリターンの差にもヒゲがあることから、このヒゲを作ったのはeMAXIS Slim 先進国株式ではないと判断します。ではどうして?というのは分からないです。運用ミスなど気にすべきことなのか、為替の影響など気にしなくていいことなのかも分かりません。

結論:今はeMAXIS Slim 先進国株式でいいです

楽天全世界株式はVTを買うだけのインデックスファンドで魅力は感じていますが、現状では僕は投資しません。(たわら男爵15種は別ですよ。)eMAXIS Slim 先進国株式でいいです。でも今後の動向はすごく気になります。

楽天全米株式はおまけで比較しましたが(読者の方の関心も高いと思いますし)、僕は米国株式のみの投資は好みでないので、リターンが高いのが分かっていても敬遠します。

この実績比較は今後も定期的に行うつもりです。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする

コメント

  1. はじめまして。

    たわら男爵さんのブログから訪問しましたが、良記事が多くて、いろいろと勉強させていただきました。

    これからも記事更新を楽しみにしています。

    • 河童 より:

      りある・むえ様
      コメントありがとうございます。多くの投信ブロガーの方達が書かれる記事を参考にさせて頂いています。
      よろしくお願いします。