個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

SMT グローバル株式のトラッキングエラーを分析しました

投稿日:2018年2月26日 更新日:

これは次の記事の続きです。

これまで次のインデックスファンドのトラッキングエラーを分析しています。

  • たわら先進国株式
  • eMAXIS 先進国株式インデックス
  • iFree外国株式
  • ニッセイ外国株式
  • Funds-i 外国株式

今回はSMT グローバル株式です。手法は同じです。困っていることも同じです。

SMT グローバル株式の指数はプライス

これまでトラッキングエラーを分析したインデックスファンドはどれもMSCIコクサイをベンチマークにしています。が、MSCIコクサイにはインデックス(指数)が3種類あり、インデックスファンドによって採用しているものが異なります。SMT グローバル株式はeMAXIS 先進国株式インデックス、iFree外国株式と同じプライスです。この3種類の指数についてはたわら男爵様のこちらのブログ記事が参考になります。

プライスは配当金を含まないのでファンドの基準価額がベンチマークより上方乖離しやすい傾向にあります。トラッキングエラーが0の場合、税引き後の配当金が信託報酬などの運用コストを上回ればベンチマークより上振れするからです。そのため初心者に「ベンチマークを上回る成績だと」の誤解を与えかねない課題があります。

分析方法

次の記事を書くためにたわら先進国株式専用のプログラムを作りました。

またその前準備でMSCIコクサイの3種類の指数をドル円換算するためのデータを入手しました。その後、各インデックスファンド専用のプログラムを複製・改造により作成してきました。今回も同様のことをしましたが、どうしてもベンチマークの騰落率が合いませんでした。

SMT グローバル株式の第20期運用報告書を見る

SMT グローバル株式は第20期の運用報告書が最新です。いえ、20年前から運用されているのではなくて、1期が6ヶ月です。次はいつものようにその運用報告書からの抜粋です。色付きの枠は河童が加工したものです。

引用:SMT グローバル株式運用報告書を河童が加工

赤枠部分は問題ありませんが、青枠部分の騰落率が一致しませんでした。試行錯誤しましたが、ドル円換算方法が異なるためだと判断しました。計算結果です。

ここまで大きく合わなかったのは初めてです。そのため、SMT グローバル株式については他の分析結果よりも信頼性に欠けます。この点にご留意下さい。

騰落率はベンチマークを上回っています。ベンチマークとの差異について運用報告書にはこうあります。

引用:SMT グローバル株式運用報告書

  • eMAXIS 先進国株式が運用報告書でいくらか数値を提示して説明していたのに対してSMT グローバル株式は詳しいことを一切書いていません。eMAXIS 先進国株式を見習って欲しいものです。
  • ベンチマークを上回るのは信託報酬+隠れコスト=トータルコストよりも株式の配当金(税引き後)の方が多いからのはずですが、はっきりとは書いていません。

騰落率差の変動

騰落率差の変化が分かるグラフです。クリックで拡大します。

オレンジ色のラインがベンチマークとの差です。eMAXIS 先進国株式に似ています。暴れているのは為替の影響で無視していいのか、トラッキングエラーとすべきなのかは分かっていません。僕は無視していいと思い始めています。

もう少し長い期間で見ると

良く比較対象にしている、たわら先進国株式のほぼ全期間でプロットしてみました。クリックで拡大します。

次は同じ期間のeMAXIS 先進国株式です。スケールを合わせてあります。

グラフの形状は酷似していますね。でもオレンジ色の騰落率差の右端を見るとSMT グローバル株式の方が上振れの量が大きいことが分かります。これはSMT グローバル株式の方がこの期間ではリターンが大きかった(開始日に一括投資した場合の話ですが)ことを意味します。

もっと長い期間で見ると

基準価額の日次データは設定日からのが揃っているのですが、残念ながらMSCIコクサイのベンチマークが2013年2月からしかありません。それでそこから2017年末までの期間でプロットしてみました。クリックで拡大します。

次は同じ期間のeMAXIS 先進国株式です。スケールを合わせてあります。

傾向は同じですね。謎のうねりがどちらにもあるということは、うねりはトラッキングエラーによるものではないと推測できます。異なる運用会社が同じミスを同期して続けるとは考えられないからです。

オレンジ色のラインは酷似していてグラフを眺めた程度ではほとんど違いを認識できません。が、やはりSMT グローバル株式の方がリターンが高いようです。

リターンを分析します

SMT グローバル株式とeMAXIS 先進国株式のリターンを分析したくなりました。次の記事にある手法を使います。

多分、分析と記事作成に数時間かかりますが、十分それに見合うものが得られると思います。

知見を頂ける方、お願いします

コメントでも「お問い合わせ」からのご連絡でも結構です。よろしくお願いします。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.