【悲報】リクルートカードのnanacoチャージポイント制度が激改悪です

僕は最近nanacoモバイルのチャージ用にリクルートカードに申し込んだばかりです。

次の記事でYahoo! JAPANカードのnanacoクレジットカードチャージポイントが0.5%に下がってしまうことをなげきました。 ...

承認されて、カードの到着待ちだったのですが、今日カードよりも先に悲報が届きました。次はすぱいく様のブログ記事です。

広告
広告

nanacoモバイルで支払う

僕は年間60万円以上となる次の税金をnanacoモバイルで支払うつもりでした。

  • 住民税:これは節税策が効いているのですごく少ないです
  • 国民健康保険料(税):これは節税できていてもめっちゃ高いです
  • 自動車税:普通の自家用車です
  • 固定資産税:普通の持ち家です

最近Yahoo! JAPANカードのnanacoクレジットカードチャージポイントが0.5%に引き下げられたので、やむなく使い勝手の悪いリクルートカードを作成してクレジットカードチャージポイント1.2%をもらうつもりでした。

でも他社のクレジットカードによるチャージがみな0.5%以下なのにいつまでもリクルートカードのチャージポイントが1.2%のままでいるのは考えづらく、いずれ改悪されるのではと危惧していました。が、こんなに早く、しかも改悪の度合いが強いとは驚きです。

チャージポイントを半分の0.6%にするならまだしも、月間最大3万円までのチャージにしかポイントが付かない仕様です。それでは足りません。

すぱいく様のブログ記事にもあるように、月間72,000円以上チャージするかどうかが判断の分かれ目です。

税金の支払いにはムラがある

仮に年間総額60万円の税金をnanacoモバイルで支払うとします。毎月5万円ずつチャージしたので払えるなら、リクルートカードでもらえるポイントは360ポイント×12ヶ月=4,320ポイントになります。が、きっとそんな風にはいかないと思います。

nanacoモバイルのクレジットチャージの上限は20万円/月です。この範囲内で対象の税金は払えると思いますから、チャージポイントが半分になったYahoo! JAPANカードを使うと年間3,000ポイントもらえることになります。

僕の場合はチャージポイントが半分になったYahoo! JAPANカードを使った方がいいと思います。とっても残念です。

妄想再び

以前、こちらの記事で次のようなことを妄想しました。

ありえそうにないですが、リクルートカードがポイント付与率を下げてからチャンスとばかりに楽天カードがnanacoチャージで1%ポイント付与を復活させてさらに勢力を拡大する・・・といいなあと妄想してしまいました。

楽天カードにとって大きなチャンスですよ。

対抗策を考えました

よろしければ次の記事もご覧ください。

次の記事でリクルートカードのnanacoチャージポイント制度改悪を嘆きました。 nanacoを利用するならnanacoモバイル...

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする