8資産均等型バランスファンドの人気を検証しました

次の記事でローコスト先進国株式インデックスファンドの人気を検証しました。

特定のインデックスファンドの人気は、そのファンドへの資金流入(購入)額と資金流出(売却)額が分かればとてもリアルな実情が把握できると思います...

同じ手法で8資産均等型バランスファンドの人気を検証します。登場頂くのは次の5本です。比較のために偉大なる先輩にも参加してもらいました。

商品名 信託報酬+隠れコスト(税込み) 設定日
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.29282%(推定) 2017/05/09
iFree 8資産バランス 0.4296% 2016/09/08
たわらノーロードバランス(8資産均等型) 0.2376%(信託報酬のみ) 2017/07/28
SMT 8資産インデックスバランス 0.54%(信託報酬のみ) 2017/08/25
eMAXIS バランス(8資産均等型) 0.617% 2011/10/31

隠れコストがさっぱり分からないものは信託報酬のみ記載しています。ご注意下さい。

2018年4月11日より、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の信託報酬が税抜き0.209%から0.160%に引き下げられますが、上の表の数値は引き下げ前のものです。

また、ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)は設定日が2018年2年13日であり同じ比較をするのはフェアでないので記事の最後で言及するにとどめました。

以下、分析に使った基準価額のデータはモーニングスターから、純資産総額のデータはYahooファイナンスから取得しました。

広告
広告

純資産総額の変化をそのまま比較

次は純資産総額をそのままプロットしたものです。グラフはどれもクリックすると拡大版が表示されます。

純資産総額をそのままプロットしたもの

  • オレンジのeMAXISバランスは他を圧倒しています。
  • 紫のiFreeバランスは良い角度で純資産総額を増やしていますが途中で赤のスリムバランスに抜かれています。
  • 緑のたわらバランスはわずかに存在が分かる程度です。
  • SMTバランスは拡大版でさえ認識できません。

総口数の変化をそのまま比較

純資産総額は基準価額の変動の影響を受けます。総口数は受けません。次は総口数をそのままプロットしたものです。

総口数をそのままプロットしたもの

基準価額の変動を受けないので細かいブレが激減しています。iFreeバランス登場時にeMAXISバランスが総口数を大きく減らしたのは、乗り換え組がそれなりに出たからでしょうか。

総口数の変化を設定日を同じにして比較

次は設定日を同じにしてそこからの総口数の変化をプロットしたものです。グラフの変化は同じ時期に起きたものではないことに注意して下さい。

設定日を同じにしてそこからの総口数の変化をプロットしたもの

ラインを上から順に見ていきます。

  • 赤のスリムバランスは登場直後から人気を集めたことが分かります。
  • iFreeバランスもそれなりに人気集めたと言っていいでしょう。
  • あの偉大なる先輩も登場直後は人気がなかったのが分かります。(しっかり上昇し始めるのは1年後です。)
  • たわらバランスも人気を獲得できていません。
  • SMTバランスは見えません。

スリムバランスの設定日を基準にして比較

次はスリムバランスの設定日を基準にしてその時点の総口数からの増減をプロットしたものです。eMAXISバランスとiFreeバランスはスリムバランスの設定日の総口数分だけ引き下げたグラフになります。(縦軸は割合ではなくてグラフの左端を0とした総口数の増減であることにも注意して下さい。)

スリムバランスの設定日を基準にしてその時点の総口数からの増減をプロットしたもの

時間軸は同じなので、同じ時期の総口数の変化を比べることができます。

  • スリムバランスの総口数の増加率は他を圧倒しています。人気の高さが分かります。
  • iFreeバランスは一定の増加率を維持していますがこの分だとスリムバランスとの差は時間の経過とともに開くと思われます。
  • eMAXISバランスの総口数がまだ増加していることは何を示しているでしょう。追加購入はスリムバランスの方が絶対有利なのにそうしない人がいるのです。これはスリムバランスの存在など知り得ない顧客層一定数存在することを意味していると僕は思っています。
  • たわらバランスはスリムバランスから約3ヶ月遅れて登場しましたが人気を獲得できていないことは明らかです。失敗したと言っていいでしょう。
  • SMTバランスはそもそもやる気のない設定だったので人気が出ないのは当然でしょう。失敗すべくして失敗してます。

たわらバランスとSMTバランスだけ見る

総口数が大きく異なるものと比べると実態が見えないので、たわらバランスとSMTバランスだけでプロットしました。

たわらバランスとSMTバランスだけでプロット

たわらバランスは7ヶ月で3億まで増やしましたが、SMTバランスは地をはっています。

検証結果について

これはあくまで僕個人の感想です。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

我が家の主力ファンドであり880万円ほど投資しています。8資産均等型バランスファンドではダントツの人気を獲得しており純資産総額も91億円を超えているので安心して投資できます。競合するバランスファンドが信託報酬を引き下げれば自動的に追従することが過去の実績から分かっているのも強みです。三菱UFJ国際投信の狙い通りの展開ではないでしょうか。

iFree 8資産バランス

スリムバランスよりも8ヶ月早く登場しました。信託報酬は税込み0.2376%ですが、隠れコストが高めだったことが後に明らかになります。トータルコスト0.4296%はおそらくスリムバランスよりも高い水準だと思われます。(スリムバランスの実質コストが分かるのはまだまだ先です。)

登場してから一定のペースで総口数を増やしていますが、その増加率はスリムバランスに大きく水をあけられています。でもスリムバランス登場後もそのペースを維持できていることは驚きです。今後もこのペースを維持できるでしょうか。

たわらノーロードバランス(8資産均等型)

スリムバランスから約3ヶ月遅れて登場しました。スリムバランスの人気の高さを見て2匹目のどじょうを狙ったのだと想像しますが、残念ながら人気を獲得できていません。たわら先進国株式が成功していてもそんなことは関係ないということだと思います。

SMT 8資産インデックスバランス

スリムバランスより3ヶ月以上遅れて、たわらバランスよりも後から登場したにも関わらず驚愕のやる気ない設定です。

  • 信託報酬は偉大なる先輩と同じ税込み0.54%。
  • 購入時手数料税込み3.24%を取る時代錯誤。
  • 信託財産留保額も0.1%必要。

純資産総額は700万円ほどです。

さらに驚いたことがあります。楽天証券はこのインデックスファンドを「ノーロード」としています。

SMT 8資産インデックスバランス

引用:楽天証券

でも目論見書はこうなっています。

目論見書

引用:SMT8資産インデックス・オープン目論見書

購入時手数料がかかるので「つみたてNISA」対象にはなり得ないと思います。

eMAXIS バランス(8資産均等型)

偉大なる先輩です。人気の高さではスリムバランスにかないませんが、純資産総額ではキングオブ8資産均等型です。

現在スリムバランスが人気を獲得できているのも、eMAXISバランスが8資産均等型バランスファンドの普及に粘り強く取り組んでくれたおかげです。そして現在もeMAXISバランスを保有している人が支払う信託報酬は三菱UFJ国際投信を支え、スリムバランスを支えます。ありがたいことです。スリムバランスの受益者はこの偉大なる先輩と現在の、そして未来の受益者への謝意を忘れてはいけません。

結論

  • eMAXISバランスは販路が違うので現在のペースで総口数を伸ばせてもいいと思います。そうなってもらえた方がスリムバランスの受益者である僕はうれしいです。
  • iFreeバランスがスリムバランスなど存在しないかのように同じペースで総口数を増やしていることは驚きです。今後の動向が気になります。
  • たわらバランスは失敗でしょう。たわらブランドが好きだとしても投資は避けましょう。
  • SMTバランスは最初からやる気がないので失敗して当然です。いつ繰り上げ償還されてもおかしくないです。

次の記事もご覧下さい。

ローコスト8資産均等型インデックスファンドの実績を比較しました。登場頂くのは次の3本です。 商品名 信託報酬(税込み) ト...

ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)

設定日は2018年2月13日です。スリムバランスの信託報酬税抜き0.21%に対抗して0.209%で登場しましたが、スリムバランスは当然のように追従しました。ここで大切なのはスリムバランスの信託報酬が0.001ポイント下がったことではなくて、業界最安値を目指すという約束を守ったことです。わずか0.001ポイントの信託報酬引き下げにより高い宣伝効果を得たわけです。スリムシリーズを選んでおけば安心という強いメッセージを広告費をかけずに伝えられたのです。

このニッセイ8資産均等型は設定日からひと月たって純資産総額が3,700万円です。ペースとしてはたわらバランスよりも低いです。おそらく厳しいと思いますがあたたかい目で見守ります。(嘘っぽいなあ。)

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする