3月に開催されたタイムセールを振り返ります

2018年3月は短期間でしたがタイムセールが2回開催されました。

僕と妻が楽天証券で積み立てているインデックスファンドは毎月3日に購入する設定です。今月は6日に約定しましたが、運良く2月の底値よりも安い価格...
僕は現在開催中のタイムセールに参加しています。 このタイムセールはいつ開催されるか事前には分かりません。開催されたと思うかどう...

我が家はタイムセールに参加して運良く安く追加購入できました。

広告
広告

タイムセールだと思うかどうかはあなた次第

3月のタイムセールで追加購入したのは次の4つです。金額は合計です。

  • 僕のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を20万円。
  • 僕のeMAXIS Slim 先進国株式を25万円。
  • 妻のNISA口座のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を20万円。
  • 僕のWealthNaviを5万円。

短かったタイムセール

次はモーニングスターの基準価額のグラフを加工したものです。左端の山が設定来の最高値です。3月2回目のタイムセールでは2月よりも下げているのが分かります。

これはeMAXIS Slim 先進国株式です。赤い矢印部分で約定しています。

eMAXIS Slim 先進国株式の基準価額

次はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)です。eMAXIS Slim 先進国株式と回数は同じですが、追加購入のタイミングは異なります。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の基準価額

僕には基準価額の変動を正確に言い当てる能力はないので、ある日の基準価額が十分下がっていてそこから2営業日後に約定する基準価額が下がっていても上がっていても後悔しない金額で追加注文しています。運が良ければより安く買えますが、そうでなければ期待した金額よりも高くなります。

でも追加購入は金額を抑えているのと、基準価額が上がると言っても2営業日間に上がる率は知れているので、僕は決してギャンブルをしているつもりはありません。(大きな事件が起きると2営業日で20%下がることもあるでしょうが、それが問題になるのは売却時であって、追加購入時はより安く買えて良かったとなります。)

3月は2月よりも株価が乱高下しました。基準価額が下がることに嫌気して積み立て設定を解除するのは非常に残念(売却するよりはまし)で、何もしないのが一番と主張する投信ブロガーも多くいます。無難な主張だと思います。が、タイムセールへの参加が嫌いでなくて実行可能な方は得するチャンスです。はっきり言えば、儲けるチャンスです。

重要なのは平均取得価額

評価額を決めるのは保有口数と現在の基準価額ですが、損益率を決めるのは平均取得価額と現在の基準価額です。3月のタイムセールでは運良く平均取得価額を下げることができました。たとえ大して下がっていなくても、確実に保有口数を増やせているので効果的な投資です。

次は3月のタイムセールの結果一覧です。単価が約定した基準価額で、平均取得価額は毎回下がっています。

タイムセールの結果一覧

引用:楽天証券の履歴画面を河童が加工

積み立て設定はそのままです

タイムセールは大好きですが、毎月の積み立て設定はそのままです。著名な投信ブロガーの中には毎月1回は積み立てするものの、そのタイミングは相場動向を見て行うという方もいますが、それは僕には向いていないです。それだと欲深さが勝って購入するタイミングを逃してしまうと思うからです。

なので毎月決まったタイミングで同額の積み立てが行われるのを基本とし、タイムセールへの参加はあくまでボーナスと位置付けています。

きっと次回の、月初に設定している積み立てにより平均取得価額は上がりますが、それは気にしないでまたいつか突然やって来るタイムセールを楽しみに待つだけです。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする