EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式 と本家VTのリターン実績を比較しました【訂正あり】

これは次の記事の続きです。この記事も訂正しています。

興味があるのでネタにすることが多くなった楽天全世界株式ですが、本家VTと比較してどうなのか気になって熟睡できなくなってしまいました。それはウ...

楽天全世界株式と本家VTのリターン実績を比較したところ納得の行かないことがありました。そこで楽天全世界株式が購入しているETFであるVTと同じ指数をベンチマークにしている「EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式 」を本家VTと比較してみます。

楽天全世界株式とつみたてグローバルの比較についてはこちらをご覧下さい。

楽天全世界株式はFund of the Year 2017で1位になった人気の高いインデックスファンドで、純資産総額の増加率も高いです。バン...

なお、この記事はつみたてグローバルと本家VTのどちらが良いかをテーマにしたものではありません。

広告
広告

おことわり

この記事にある比較は肝心なところが間違っている可能性があります。元記事同様、ここに書いてあることは一切保証できません。そのため実際の投資行動に影響を与える判断は自己責任でお願いします。

また、本家VTのリターン実績はVTの取引価格を円換算して求めたものであくまで参考値です。ETF購入に関わるコスト、VT保有でもらえる配当金について一切考慮していません。

リターン比較

つみたてグローバルの設定日は2017年12月6日ですが、設定日直後は比較しない方が良いことが経験上分かっているので、12月18日を開始日としています。

つみたてグローバルと本家VTのリターンの差

赤のラインがつみたてグローバル、緑のラインがVTです。青のラインはリターンの差で、プラス側にある時はつみたてグローバルの方がリターンが高いことを示しています。この比較ではほぼ全期間でつみたてグローバルの方がリターンが高いことが分かります。

比較期間の最初と最後の部分でつみたてグローバルのリターンが増えているのはETFの配当金を資産に組み入れたからだと思います。それを除いて細かい変動を無視すると、傾向としてはリターンの差は変わらないように見えます。

楽天全世界株式とつみたてグローバルのリターンの差

あらためて楽天全世界株式とつみたてグローバルのリターンの差を見ます。

楽天全世界株式とつみたてグローバルのリターンの差

この短い期間のデータで判断するのは無理がありますが、リターンの差の傾向は右肩下がりです。

次は同じ期間の楽天全世界株式とVTのリターンの差です。

楽天全世界株式とVTのリターンの差

  • つみたてグローバルは3つのETFを組み合わせてVTと同じ指数をトレースしようとするので、VTと比べた時にそれなりの違いが出るのは当然だと思います。
  • 楽天全世界株式とつみたてグローバルを比較した時、傾向としては右肩下がりです。つみたてグローバルとVTの比較では差がフラットだったので、楽天全世界株式とつみたてグローバルの差が右肩下がりなのはやはり楽天全世界株式の挙動が要因でしょう。

楽天全世界株式はつみたてグローバルと違います

違うことは確かですが、楽天全世界株式について気がかりな次の2点に関するヒントは何も得られませんでした。

  • 配当金を超えるリターンの増加が観察されるのはなぜか。解決済み
  • トータルコストが0.6%を超えそうなのは本当か。

配当金の扱いを間違っていたことに気付き、元記事を訂正しています。それで残った謎は、トータルコストが0.6%を超えそうなのは本当かの1点となりました。計算上はそのように思えますが、本当だったら投資している受益者の多くが泣くでしょうね。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする