子供の生活費用銀行口座を新生銀行からSONY銀行へ変更します

この春から子供が大学生になったので本人の銀行口座を2つ開設しました。

  • 新生銀行:ATMから現金を引き出して使うため
  • 楽天銀行:デビットカードでモバイルSUICAの定期券を購入するため

この2つの銀行口座を開設するにあたってそれなりに調査をし、ベストな選択をしたつもりでした。が、新生銀行の制度改悪により目論見が外れました。

広告
広告

制度改悪前の新生銀行

子供は自宅生です。毎月決まった額の「生活支援金」を子供の新生銀行の口座に振り込みます。僕も新生銀行の口座を持っていてステージがプラチナなのでそこからなら手数料無料で振り込めます。子供は自分のキャッシュカードでコンビニATMから365日、24時間手数料無料で引き出せます。バイト代を現金でもらってもコンビニATMから無料で入金できます。これは最強でした。

新生銀行の弱点は、デビットカードが一般的なものでなく、Apple Payで使えないことでした。子供はiPhone8でモバイルSUICAを使うのですが、通学定期の購入にデビットカードで支払たかったのです。(まだクレジットカードは身分不相応なので持たせていません。)でも新生銀行のデビットカードではそれができません。

生活支援金について

高校生までは事実上打ち出の小槌状態で、お小遣い以外の支出もたくさんありました。年間の被服費は僕の1桁上でした。でも大学生になったので、お金の使い方も学んでもらわないと困ります。それで次のルールを設けました。

生活支援金で充当するもの

  • 昼食代など外食費
  • 被服費
  • 散髪代
  • 雑多な費用
  • 娯楽・嗜好費
  • 交遊費

別途発生時に渡すもの、または、親が支払うもの

  • 医療費
  • 教科書代
  • 携帯電話利用料(通話代を除く)
  • 学費(サークル活動関係以外)
  • 通学定期代

足りない分は支出を抑えるか自分でバイトするかしろと。ただし、学業優先なのは良く説明してあります。

楽天銀行

楽天銀行のデビットカードはApple Payで普通に使えます。こちらの口座には半年に1回、通学定期の購入に必要な金額しか振り込みません。振り込みは僕の楽天銀行口座から行えば振り込み手数料は無料ですし、無料回数を消費することもありません。

利用者にとって良いサービスがずっと続くとは限らない

これは次の記事でも嘆いたことです。

僕は最近nanacoモバイルのチャージ用にリクルートカードに申し込んだばかりです。 承認されて、カードの到着待ちだったのですが...

新生銀行は優良顧客でない場合はATM手数料を毎回108円に制度改悪します。

2018年10月7日(日)より、提携ATMの出金手数料をステージに応じた手数料に改定させていただきますので、事前にお知らせいたします。

これでは子供が使う意味がないので他の銀行を探しました。

SONY銀行を選択しました

目的は生活費のATMでの入出金です。SONY銀行の場合、条件を付けられることなく(うちの子供の場合でも)、セブンイレブンかイトーヨーカドーにあるセブン銀行のATMとイオン銀行のATMなら365日24時間(毎週日曜日の21時から翌7時を除きます)入出金無料です。他のコンビニのATMだと手数料がかかりますが、本人に確認してセブンイレブンで利用してもらうことになりました。

不思議なことにセブン銀行は自社端末であるセブン銀行ATMの利用が24時間無料ではありません。大学生にとっては24時間無料というのは安心材料ですので文句なくSONY銀行を選択しました。

毎月の生活支援金の振り込みは、僕の大和ネクスト銀行→僕のSONY銀行(たまたま持っていました)→子供のSONY銀行のルートで行えば回数制限なく手数料無料です。

銀行の振込手数料ほどアホらしいコストはない

銀行を経営している人は賛成しないと思いますが、僕はそう思っています。回数無制限でどんな口座にも無料で振り込みを行うのは無理ですが、工夫をすることで振込手数料の発生を抑えることは可能です。

我が家は複数の銀行口座を使い分けています。現在万能な銀行口座などないので、使い分けないと振込手数料などで損します。どの銀行口座をどのように使...

大和ネクスト銀行は、楽天銀行と新生銀行を除いて本人口座ならどの銀行であっても回数無制限で振込手数料は無料です。そして同じ銀行内なら振込手数料が回数無制限で無料であるところはそこそこあります。これを利用すれば家族間での振り込み手数料は無料にできます。

他社ATMの利用料はずっと無料ではないかも

電子的に送金するのにかかる振り込み手数料とATMの利用料は実現にかかるコストがきっと違うと思うので同列には議論できない気がします。でも僕は、自社のATMの利用なら365日24時間無料が当たり前だと思っています。(たとえばイオン銀行。)その点でセブン銀行はどうかしています。逆にSONY銀行が他社のATM(セブン銀行とイオン銀行)の利用料を365日24時間無料にしているのは凄いと思いますが、新生銀行に続かなければ良いなと不安になります。

消費者がとるべき行動はただひとつ。良いサービスを提供する会社を選択し、そうでない会社を避けることです。それが競争を促しサービスの向上につながります。

2018年5月21日追記:切り替え準備できました

SONY銀行からワンタイムパスワードのハードキーとキャッシュカードが届き、僕の大和ネクスト銀行→僕のSONY銀行→子供のSONY銀行のルートで振り込みました。来月分からはSONY銀行のキャッシュカードを利用してもらいます。新生銀行のキャッシュカードは口座が空になったら使用中止です。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする

コメント

  1. おはつです より:

    早速またまたソニー銀行が改悪ですね
    つぎはSBJ銀行かろうきんを狙っております
    SBJは金利がいいろうきんはサービスがいい

    • 河童 より:

      コメントありがとうございます。
      SONY銀行も・・・がっかりです。
      新しい記事を追加しました。