ローコスト8資産均等型ファンド4本の実績を比較しました

ローコスト8資産均等型インデックスファンドの実績を比較しました。登場頂くのは次の4本です。

商品名 信託報酬(税込み) トータルコスト(税込み)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.22572% 0.29282%(推定)
iFree 8資産バランス 0.2376% 0.4296%
たわらノーロードバランス(8資産均等型) 0.2376% 不明
ニッセイ・インデックスバランス(8資産均等型) 0.22572% 不明

信託報酬が0.5%以上の2世代前のものは対象外としました。

よろしければ次の記事もご覧ください。

ローコスト8資産均等型インデックスファンドの実績を比較しました。登場頂くのは次の3本です。 商品名 信託報酬(税込み) ト...
広告
広告

前説

比較対象にした4本の8資産均等型インデックスファンドは、新興国株式と新興国債券の投資先に違いがあります。選択しているベンチマークが微妙に異なるのです。そのためそれら4本は同じ結果にならなくて当然です。

また、仮に8資産全てが同じベンチマークを使うとしても、8資産は12.5%ぴったりではなく商品によって差があるので必ず違いが生まれます。8資産がそれぞれ12.5%というのは便宜上そううたっているだけで、運用報告書を見ればそうでないことが分かります。さらに、目標としている8資産の各比率からどれだけズレが生じたらリバランスするかは公開されていません。

そのため、8資産均等型バランスファンドのリターンとリスクはみな異なります。

リターン比較

4本まとめてプロットしています。設定日が最も新しい、ニッセイバランスに比較開始日をあわせました。なお設定日からの比較は不適切な結果になることがあるため2月21日を開始日としています。

それなりに違いますがこれだと分かりにくいです。

1対1で比較

ここからは1対1でリターンを比較します。比較期間は同じです。青のラインがリターンの差を示しています。

スリムバランス vs iFree 8資産バランス

この期間ではスリムバランスの方がリターンが高いことが多いですが大差はありません。

スリムバランス vs たわらバランス

この期間ではスリムバランスの方がリターンが高いことが多いですが大差はありません。

スリムバランス vs ニッセイバランス

この期間ではスリムバランスの方がリターンが高いことが多いですが大差はありません。

iFree 8資産バランス vs たわらバランス

違いはあるもののどちらがいいとは言えないですね。

iFree 8資産バランス vs ニッセイバランス

違いはあるもののどちらがいいとは言えないですね。

たわらバランス vs ニッセイバランス

この2本は8資産のベンチマークが同じなので、理屈ではベンチマークからの乖離がない場合はリターンの差はおだやかなラインを描きます。ニッセイは先進国株式、新興国株式で乖離を起こすことが分かっていますが、この比較では乖離を起こしていないと思われます。青のラインが右肩上がりなのはニッセイバランスの方がたわらバランスよりも高コストである可能性を示唆していますが、比較期間が短いので断言はできません。

結論:スリムバランスをおすすめします

iFree 8資産バランスは隠れコストが高めで推定トータルコストはスリムバランスよりも0.1%ポイント以上高いです。さらに、iFree 8資産バランスのリバランスボーナスを検証した結果はとても厳しいものでした。

「リバランスボーナス」という何とも言えない心地よい響きの用語に魅せられた僕は次の記事でeMAXIS バランス(8資産均等型)のリバランスボー...

また、スリムバランスはリバランスボーナスが期待できることが分かっています。

数週間前に「リバランスボーナス」という表現を目にしました。それは個人事業主でボーナスなんてもらえない身分の僕の琴線に触れる言葉でした。そして...

今回の比較期間ではリターンに大差はないものの、おそらくコスト的にも有利なスリムバランスを選んでおけば間違いないと言っていいでしょう。また、iFree 8資産バランスに投資している人はスリムバランスに切り替えた方がいいと思います。

これはスリムバランスが大好きな僕の、バイアスのかかった意見です。でもここに載せたグラフは操作をしていないありのままのものです。後はみなさんでご判断下さい。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする