個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

Smart-i 8資産バランス3兄弟のリターンを比較しました

投稿日:2018年5月20日 更新日:

りそなアセットマネジメントが設定したSmart-i 8資産バランスには8資産の割合が異なる3種類(安定型、安定成長型、成長型)があります。信託報酬は順に税抜き0.160%、0.180%、0.200%です。設定日は2018年3月27日ですが、この3兄弟は全く売れていません。純資産総額は3兄弟共0です。単位が100万円なので100万円未満です。販売はりそな銀行でしか行っていません。

8資産バランスは均等型が人気ですが、これら3兄弟は均等型ではありません。どうしてあえて売りにくいものを作るのでしょうか。不思議です。8資産均等型を作ってもスリムバランスを筆頭にライバルがたくさんいるから別の戦い方を選択したのかも知れません。

意図の分からない組成

3兄弟はみな8資産に投資しますが、その資産配分が異なります。どれも均等配分ではありません。

Smart-i 8資産バランスの3パターン

引用:目論見書

しかも先進国債券は為替ヘッジありなしの2種類を使い分けます。きっとこれら3兄弟の資産配分を暗記している人はりそなアセットマネジメントにもいないでしょう。

リターン比較

8資産バランスの代表格であるスリムバランスも加えた4本をプロットしました。設定日直後を避けて2018年4月9日から5月18日までを比較期間にしました。

リターン比較

スリムバランスと安定成長型がほぼ同じ、安定型はずっとリターンが低く、成長型はそれなりにリターンが高いという結果です。

参考までにスリム先進国株式を加えるとこうなります。

スリム先進国株式込みのリターン比較

4月、5月は株価が戻ってきている時ですから特にこうなります。良い時の先進国株式に、バランスファンドがかなう訳がありません。

8資産均等型とは違います

8資産均等型は、どの資産が伸びるかは分からず、過去の実績では毎年順位が入れ替わるので全部均等に買っておこうという明確なコンセプトを実現した商品です。リバランスにより高くなった資産を売り、安くなった資産を買うので逆張りの戦略とも言われます。結果的に8資産均等型の代表格であるスリムバランスは非常に高い人気を獲得しています。それは偉大なる先輩であるeMAXISバランス(8資産均等型)の人気を引き継いだ形です。

https://secrets2mysuccess.net/2018/05/05/post-2345-2/

Smart-i 8資産バランスは均等型ではなく、8資産の比率を変えることでリターンとリスクを調整した3兄弟としたのでしょうが、営業的には難しい気がします。りそな銀行でしか販売していない時点で「売る気のなさ」を感じます。

このまま消えても偉業は忘れません

Smart-i 8資産バランスの設定はスリムバランスの信託報酬の引き下げに貢献しました。均等型でないにも関わらず、最も信託報酬が低い安定型の税抜き0.160%に対抗して0.209%から0.160%に引き下ました。たとえSmart-i 8資産バランスがこのまま消えてしまっても、そして多くの人々の記憶から消えたとしても、僕はその偉業を忘れることはありません。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.