個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)と野村つみたて外国株投信のリターン実績を比較しました(2)

投稿日:2018年5月29日 更新日:

次の記事でeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)と野村つみたて外国株投信のリターン実績を比較しました。

どちらも運用は順調だと思えました。それから1ヶ月経過しましたので再度比較します。

スリム全世界株式(除く日本) vs 野村つみたて外国株投信

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)と野村つみたて外国株投信はどちらもMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークにしています。野村つみたて外国株投信の方が半年先輩です。

商品名 信託報酬(税込み) 設定日
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 0.15336% 2018/03/19
野村つみたて外国株投信 0.2052% 2017/10/02

比較方法

設定日直後は比較に適さないことが分かっているので、スリム全世界株式(除く日本)の設定日直後を避けて3月26日から5月25日としました。基準価額の日次データはYahooファイナンスから取得しました。

リターン比較

リターン比較

赤のラインがスリム全世界株式(除く日本)、緑のラインがつみたて外国株投信です。わずかに赤が下側に見え始めています。

リターンの差

リターンの差

青のラインがリターンの差です。どうやら右肩下がりのようですね。これは野村つみたて外国株投信の方がわずかながらリターンが良いことを示しています。

また、リターンの差に大きなヒゲがないので、どちらもベンチマークを忠実にトレースできているはずです。もしどちらかの運営に問題があるとこうはなりません。

結論:トータルコストは野村つみたて外国株投信の方が安いかも

信託報酬で見るとスリム全世界株式(除く日本)の方が野村つみたて外国株投信よりも0.051%ポイント低いのですが、リターン実績はその逆で、トータルコストは野村つみたて外国株投信の方が安いことを示唆しています。まだ比較期間が短いので断言はできませんが、その可能性は高いと思います。

トータルコストについては運用報告書が出るまで本当のことは分かりませんし、差はあっても小さいと思うので現状ではどちらを選んでおいても良いでしょう。でも野村つみたて外国株投信は積み立てでしか購入できないので、それを不便に思うならスリム全世界株式(除く日本)がいいですね。

比較期間が長くなれば

あと半年も待てばこの2本のリターンの差からトータルコスト差が推測できると思います。リターンの差のラインは暴れていないので、その傾きはそれなりの精度でトータルコスト差を示せるはずです。楽しみですね。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.