ハッピーバースデー円定期預金に1,000万円預けました

近年はゼロ金利政策のため条件の良い(金利の高い)定期預金が少なくなりました。その中でも静岡銀行インターネット支店が6ヶ月で0.30%の円定期を募集していたのが半年前です。

ウルトラ金利

引用:静岡銀行インターネット支店

僕はそれに1,000万円を預けていました。先日満期になり、利息11,863円をもらいました。次にこの1,000万円の預け先に選んだのは、新生銀行のハッピーバースデー円定期預金です。

広告
広告

ハッピーバースデー円定期預金

新生銀行の商品ですが、とても条件が良いです。

ハッピーバースデー円定期預金

引用:新生銀行

誕生月とその前月の2ヶ月間に毎年1回だけ利用できます。新規口座開設後数ヶ月だけとか言うケチくさいキャンペーンではありません。僕は今年で4年目になります。2015年から上記条件は変わっていないと思います。

1,000万円預けると3ヶ月後に利息約9,960円がもらえます。

2018年6月から利率が下がりました

ゼロ金利政策により円定期の金利を下げた金融機関が多い中、新生銀行のハッピーバースデー円定期預金は上記条件を守り続けてきました。が、ついに利率が下がることが発表されました。

ハッピーバースデー円定期預金の条件変更

引用:新生銀行

500万円以上で3ヶ月0.3%です。とっても残念ですが、これはやむを得ないでしょうね。新生銀行はここまで良く頑張ったと思います。

この円定期、1年のうちの2ヶ月間に1回だけしか利用できませんが、3ヶ月の円定期で0.3%は(朝鮮半島系を除くと)なかなか見つからないと思います。よくあるのは新規口座開設時限定か、年齢制限+始めて取引する場合とかいうケチな制約付きです。たまに期間限定のキャンペーンがありますが、タイミングが合わないと利用できません。その点、ハッピーバースデー円定期預金は利用できる2ヶ月間が分かっているので計画が立てられます。

来年の今頃再度(でも利率の下がった条件で)利用するかどうかはその時になってみないと分かりませんが、可能性は高いと思います。

中途解約可能です

この円定期は中途解約可能です。そのため急に現金が必要になった時も安心です。条件が良い円定期には原則不可なものもあるので注意が必要です。

僕は米朝開戦の可能性はかなり高いと思っていますが、もし向こう3ヶ月以内にそういうことになったら即座に解約するつもりです。その理由です。

  • きっと株価が暴落するので、資金をインデックス投資に振り向けたくなるはず。
  • 実は新生銀行で仕組預金を600万円利用しており(それは中途解約できません)、何かあると預金が全額保護されないため。

無リスク資産の活用も大切です

どうせ利率は低いので、と諦めてしまわずに、預ける労力に見合う利息がもらえるのなら、無リスク資産も活用すべきだと思います。たとえば、楽天銀行と楽天証券に口座を開設してマネーブリッジを設定すれば普通預金の利率が0.1%になります。イオン銀行は制度改悪により普通預金金利0.1%の条件を厳しくしましたが、楽天銀行のマネーブリッジは条件そのままで頑張っています。

また、提供条件やいつまで実施するのかも不明ですが、条件を満たせば1ヶ月0.21%の円定期もあります。

楽天銀行にログインするとたまに目にしますね。 これは自分名義の他行口座から振り込んだ資金にのみ適用される金利です。 ...

僕と妻は毎月この円定期を利用しています。何も考えずに個人向け国債10年に入れておくよりいいかも知れません。ただし、金額が小さい場合はその労力に見合う利息が得られるかどうかを判断すべきです。僕はこちらの計算機で確認するようにしています。

よろしければ次の記事もご覧ください。

我が家は複数の銀行口座を使い分けています。現在万能な銀行口座などないので、使い分けないと振込手数料などで損します。どの銀行口座をどのように使...

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする