個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

ポイントの再投資は女々しい方が儲かることを実証しました

投稿日:2018年6月6日 更新日:

次は架空のインデックス投資家のオフ会での会話です。AさんとBさんは全く同じ時期から同じインデックスファンドを楽天証券で積み立て始めていたことが分かりました。

A:Bさんは楽天スーパーポイントはどうしていますか?僕は毎月ちまちま再投資してるんですけど。
B:僕は毎月ちまちま再投資なんてめんどくさいので、1年分貯めてからまとめて再投資してますよ。どうせ大した差なんかできないでしょ。

毎月ちまちま再投資する女々しいAさんと、年に1回まとめて再投資する男らしいBさん、どちらが儲かるかはタイトルにある通り女々しいAさんです。(必ずではありませんが通常は高い確率でそうなります。)ではAさんとBさんの評価額に意味のある差は生まれるのでしょうか。Bさんは大した差なんかできないでしょと言っていました。本当でしょうか。

これを検証するためだけに、また(結構めんどくさい)プログラムを書きました。

ここで言う再投資とは

毎月ちまちま再投資する方が、1年に1回まとめて再投資するよりも、投資期間が長くなればなるほど大きな差を生むに違いないと予想しました。ここで言う再投資とは楽天スーパーポイントで同じインデックスファンドを買うことを指します。楽天スーパーポイントでなくて、他でもらったポイントを現金に置き換えてインデックスファンドを追加購入するということでも構いません。

再投資と言うと投資信託の保有でもらえる配当金で同じものを買うというのを想像されると思いますが、それとは違います。

シミュレーション方法

ある程度の積み立て期間が欲しかったので、eMAXIS先進国株式の実績データを使いました。

  • 毎月月初に5万円積み立てます。(これは積み立て設定。)
  • ちまちま再投資は毎月月初にポイントを使って1,000円分スポット購入します。
  • まとめて再投資は積み立て開始から12ヶ月目ごとに、月初にポイントを使って12,000円分スポット購入します。
  • 比較期間は12ヶ月の倍数とします。評価額の比較は最後の月の月末に行います。つまり、まとめて再投資の最後の12,000円のスポット購入からカレンダー上で約30日後です。

ここでは実際にありそうな毎月1,000円の再投資としました。楽天カードなら10万円相当の決済でクリアできます。

8年間積み立てた結果

このようにシミュレーション結果がグラフに表示されるプログラムを書きました。

8年間積み立てた結果

毎月の積み立て額が5万円、ポイントによる再投資が1,000円と控えめ(でも十分現実的)なのでグラフでは差が見えません。判例の右側の評価額を見ると予想通りちまちま再投資の方が高いです。

一覧表にしました

シミュレーション結果をまとめました。注目してほしいのは緑色のセルです。ちまちま再投資とまとめて再投資の評価額の差です。

シミュレーション結果一覧表

8年間の比較だと14,928円にもなります。この差額は基準価額の変動の影響を受けるため、表からも分かる通り増減します。

ちまちま再投資とまとめて再投資の元本は同額です。ちまちま再投資は毎月月初にスポット購入します。まとめて再投資は年に1回だけです。投資をほったらかしでやりたい人にはちまちま再投資は無理です。まとめて再投資も無理かも知れません。でもこの手間が生む利益は、毎月ちまちま再投資した人だけのものです。

ポイントによる再投資

いろんなことでポイントをもらうと思います。使いやすいものもそうでないものもあることでしょうが、ポイントはそのままだと利を生みません。1,000円分のポイントはそのまま保有しても1,000円分のままです。

たとえばYahooカードをメインに使っていて毎月1,000円分のTポイントがもらえるとしましょう。それで日用品を買うなどして現金の消費を抑えます。代わりに浮いた1,000円でインデックスファンドをスポット購入するのでもいいです。家計全体で見れば、Tポイント1,000円分をインデックスファンドに再投資したのと同じです。【再】投資という表現にはちょっと無理があるかも知れませんが、要は経済活動の結果戻ってきた対価を有意義に使うということです。

インデックスファンドへの再投資は基準価額の上昇が見込まれるなら大きな利益を生みます。その意味で、ポイントを貯めて貯めてまとまった金額になってから男らしく使うよりも、女々しくちまちま再投資した方が儲かります。

楽天スーパーポイントがそのまま使えるのは凄い

楽天証券だと楽天スーパーポイント(期間固定とか他のポイントから交換されたものを除きます)が1ポイントから1円相当として投資信託の購入に使えます。我が家は以前は数万円分貯めてから使うこともザラでしたが、最近は積極的にインデックスファンドのスポット購入にあてています。

楽天経済圏に取り込まれているわけですが、楽天銀行、楽天スーパーポイント、楽天証券の連携による効果は圧倒的だと思います。

結論:もらったポイントは女々しく再投資しましょう

ポイントの再投資に関しては男らしいまとめて再投資よりも女々しいちまちま再投資の方が儲かります。基準価額の変動パターンによってはたまにそうならないこともありますが、5年、10年と長期間になれば女々しい方が勝つと思います。それは基準価額が右肩上がりで上昇するものに投資するからです。そうでない場合は、投資対象を見直しましょう。

女々しい生き方ができない人は年1回まとめて再投資でもいいです。良質なインデックスファンドへの再投資には意味があります。そしてインデックスファンドの追加購入は、ポイントの使い道としては最高の部類に入ることでしょう。

この程度の結論を得るためにまたしても大きな工数を投入してしまいました。でも僕はスッキリしたので満足です。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.