個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

楽天全世界株式とEXE-i つみたてグローバルのリターンを比較しました(2)

投稿日:2018年6月29日 更新日:

これは次の記事の更新版です。

この記事を読まれた方はここまで飛ばしていいです。

前説

楽天全世界株式はFund of the Year 2017で1位になった人気の高いインデックスファンドで、純資産総額の増加率も高いです。バンガード社のETFであるVTを買うだけのインデックスファンドで、楽天VTとも呼ばれます。VTはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスを指数としています。

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドもFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスを指数としていますが、楽天全世界株式がVTを買うだけなのに対し、つみたてグローバルは3種類の格安ETFを組み合わせて構成されます。構成が違っても同じ指数をベンチマークにしている以上、基準価額は同じ変化をするのが期待値です。

実際にはトータルコストに差があると時間の経過とともにリターンの差に表れます。

商品名 信託報酬(税込み) 設定日
楽天全世界株式 0.24% 2017/09/29
つみたてグローバル 0.15% 2017/12/06

どちらもトータルコストの判明には第1期運用報告書の公開を待つ必要があります。が、リターン実績を比較することでどちらがよりローコストなのか推測できます。

比較方法

つみたてグローバルの方が後に設定されました。設定日直後はリターン比較に適さないので、比較開始日を2017年12月18日から2018年6月22日としました。基準価額のデータはYahooファイナンスから取得しました。

リターン比較

赤のラインが楽天全世界株式、緑のラインがつみたてグローバルです。比較期間の前半と後半で明らかに楽天全世界株式のリターンが上回っていますが、同じ指数を正確にトレースしているならこのような結果にはなりません。どちらかに問題があると思われます。

リターンの差をプロットします。

青のラインがリターンの差です。とても同じ指数をベンチマークにしているとは思えないです。どちらかに、あるいは両方に問題があって指数を忠実にトレースできていないはずです。

比較開始を遅らせると

比較開始日を2018年1月4日にすると様子が一変します。

楽天全世界株式の方がリターンが低いです。

リターンの差を示す青のラインはほとんどマイナス側にあります。これは楽天全世界株式よりEXE-i つみたてグローバルの方がリターンが高いことを示しています。

現物株運用じゃないから仕方ない?

楽天全世界株式もEXE-i つみたてグローバルも現物株運用ではなくて、ETFを購入するインデックスファンドです。しかもEXE-i つみたてグローバルは3つのETFを組み合わせて運用していますから、指数を忠実にトレースできなくても仕方ないじゃないか、そういう意見もあるかも知れません。でもそれってちょっと違うと思います。インデックスファンドはあくまで指数に忠実であるべきで、そうでないものはそれなりの低評価をされるべきです。

どちらの成績が良いのか

現物株運用ではないという事情があるので指数うんぬんは置いておくなら、一般の受益者の関心はどちらの成績が良いのか、どっちが儲かるのか、ということでしょう。でも現状ではどちらとも言えないです。大差ないとも言えますから、好きな方を選択したのでいいでしょう。

もっと比較期間が長くなれば、どちらの成績が良いかを語れるようになるはずですが、現在の不安定さを見るに、1年以上かかるかも知れません。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.