SONY銀行にログインして目にしたクラウドファンディングに驚く

毎月初にすることリストの先頭にあるのは、子供のSONY銀行に生活支援金を振り込むことです。

この春から子供が大学生になったので本人の銀行口座を2つ開設しました。 新生銀行:ATMから現金を引き出して使うため 楽天銀行...

それ以外で普段SONY銀行にログインすることはないのですが、今日クラウドファンディングの案内が目にとまりました。以下の画像はすべてその案内からの引用です。

  • 一口5万円で1,960口、9,800万円を募集。
  • 現在残り口数ゼロ。キャンセルが出ない場合は完売御礼。
  • 会計期間は3年半、分配金が振り込まれるのは4年後。
  • 事業計画通りだった場合のリターンが税引前で20%。

事業計画はこうです。

分配金のイメージはこうです。

事業計画を100%達成できて税引前リターンが20%、達成率84%未満だと元本割れです。もちろん中途解約はできません。

みなさんはこれを見てどう思われますか?僕はこの条件で一口5万円を投資する人がたくさんいることに驚きます。きっと投資の目的はリターンを得ることではなくて、この会社・事業を応援することでしょう。でないと絶対に割に合わないです。

リターンを得ることが目的なら、今日スリム先進国株式を特定口座で5万円買う方がよっぽどいいと思います。

  • 現在のMSCIコクサイの期待リターンは年率5%程度あるので、4年間ガチホするなら税引前リターン20%が期待できます。
  • 一企業の事業計画達成率が100%になるのよりは、スリム先進国株式が年率5%程度のリターンを生む方が確率は高いと思います。
  • スリム先進国株式は気が変わればいつでも売却できます。たとえば地政学上のリスクが異常に高くなったので暴発する前に現在の含み益で撤退しようとか。
  • 4年経過時に基準価額が下がっていて売却したくない場合はガチホを継続して好きなタイミングで売却できます。その場合も追加費用は請求されません。
広告
広告

SONY銀行の取り分は?

このクラウドファンディング募集を仲介することでSONY銀行はいくら手にするのでしょうか?一般的には次のようになっているようです。

引用:SONY銀行

つまり、SONY銀行は絶対に損をしない仕組みですね。

広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
    にほんブログ村

フォローする