個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

楽天銀行の1ヶ月0.21%円定期は最強の流動性資金置き場です

投稿日:2018年7月8日 更新日:

次の記事で楽天銀行の1ヶ月0.21%円定期について書きました。

我が家はその後も継続してこの謎の円定期を利用しています。そして最強の流動性資金置き場であると確信しました。

「資金お引越し定期」という名称らしい

この不思議な円定期は「資金お引越し定期」という名称のようです。

引用:楽天銀行

ところが楽天銀行はこれより条件が圧倒的に悪い円定期をキャンペーンだと言って勧めてきます。たとえばこれなど意味があるとは思えません。

引用:楽天銀行

次のもそうですね。楽天証券とマネーブリッジしていると普通預金の金利が0.10%になるので、この程度の金利差では食指が動きません。しかも1年も資金を拘束されるのにこの金利です。

引用:楽天銀行

次のは金利はいいですが2週間満期で、期間限定です。

引用:楽天銀行

それに比べて、資金お引越し定期は年中やっています。

引用:楽天銀行

いつでもやめられるキャンペーン扱いのようですが、条件がすこぶる良いです。

資金移動するだけでOK

僕も妻もこの円定期を利用しています。

  • 満期になると資金を大和ネクスト銀行の各自の口座に振込みます。楽天銀行の無料振り込み回数1回を消費しますが、毎月3回分付与されるのでその無料分ですんでいます。
  • 大和ネクスト銀行に着金したらすぐ楽天銀行の各自の口座に振り込みます。大和ネクスト銀行は自分名義の口座への振り込みは回数無制限で無料なのですが、楽天銀行は対象外で他人名義口座扱いです。そのため3回しかない無料振り込み回数を1回消費しますが、通常その無料分ですんでいます。
  • 上記資金移動は同日に完了させることが可能で、すぐに資金お引越し定期が利用可能になります。

次のルートでもOK

  • イオン銀行に振り込まれたLLPの売上があります。これを楽天証券のリアルタイム入金で即座に移動させ、楽天銀行に出金します。出金は即座には行われないので(多分翌日)待ちます。
  • 楽天銀行に出金されたら他の資金と合わせて大和ネクスト銀行経由で元に戻します。

リアルタイム入金で移動した資金を楽天証券で使わずに出金可能なのは神仕様です。

自由度がめっちゃ高い

金利が高い円定期にはいろんな制約が付くことが多いのですが、この資金お引越し定期は自由度がめっちゃ高いです。

  • 資金移動で対象になった金額内で、1,000円以上1円単位で複数作成可能です。
  • 資金移動は複数回に分かれても大丈夫です。
  • もちろん中途解約可能です。
  • 作成時に満期時自動解約が選択できます。これができない円定期はたくさんあります。

1ヶ月0.21%の単利だけど

我が家の場合、満期になったら大和ネクスト銀行を経由して資金を戻すことで再度この円定期を利用可能にしています。満期日に忘れずに実行することと、このキャンペーン扱いの円定期が継続されることが条件になりますが、考えようによっては複利で運用可能です。満期ごとに20.315%の税金を払うので効率は悪いですが、資金を拘束される期間が1ヶ月で中途解約も可能なので流動性資金の置き場としては最強だと確信しています。

よろしければ次の記事もご覧ください。

 

 

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.