個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

WealthNaviのパフォーマンスを確認しました(6)

投稿日:2018年8月31日 更新日:

これは次の記事の続きです。

毎月1回WealthNaviのパフォーマンスを確認しています。過去記事を読まれた方はここまで飛ばしていいです。

僕だけのWealthNavi

僕は悩んだ末に2018年12月からWealthNaviで積み立て始めています。

実際にやってみなければ分からないこともあります。インデックスファンドなら基準価額のデータからいろいろな分析ができますが、WealthNaviは各個人の口座ごとに投資状況が異なるため、僕のWealthNaviのパフォーマンスは僕にしか分かりません。

WealthNaviの評価額画面

WealthNaviにログインするとこういうグラフが表示されます。ベタ塗り部分が元本、クネクネしているラインが評価額です。元本に対してプラスなのかマイナスなのかは分かりますが、それがインデックス投資の現状と比べていいのか悪いのかはさっぱり分かりません。

インデックスファンドの場合、基準価額のグラフを見ると自分の含み益の多い少ないは納得できます。そして他の騰落率をインデックスファンドと比べることで、パフォーマンスの相対的な良し悪しが分かります。WealthNaviはどちらも分かりません。

他のインデックスファンドと比較する

僕が知りたいのは次の1点に集約されます。

WealthNaviへの投資はローコストインデックスファンドへの投資と比べて有利なのか?

有利か不利かはリターンの大小で判断します。そこで次の方法でWealthNaviの実績と、ローコストインデックスファンドに投資していた場合の推定リターンを比較します。

  • WealthNaviに投資した年月日と金額を調べます。
  • WealthNaviの円ベースでの評価額を、サンプル日分拾います。
  • WealthNaviに同じ日に同じ金額だけそのインデックスファンドに投資した場合の、上記サンプル日の評価額を計算します。
  • 評価額の変化をグラフにプロットします。

WelathNaviに運用実績をダウンロードする機能はないので、前記画面でグラフの上にマウスカーソルを置いて表示される情報から評価額などを拾うことになります。これは超めんどくさいので、たくさんはできません。それでも拾ったポイントでのWealthNaviの評価額は正しいですし、計算で求めた比較対象インデックスファンドの評価額は期待通りの結果になるはずです。

このグラフから僕が知りたいことの結論が得られます。

比較対象インデックスファンド

次の4本に登場して頂きます。

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 楽天全世界株式
  • 楽天全米株式
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

まとめてプロット

次はWealthNaviを含む5本をまとめてプロットしたものです。団子状態からだんだん差が分かるようになってきました。

まとめてプロット

1対1で比較

ここからは1対1で比較します。青のラインが評価額の差で、WealthNaviが高ければプラスになります。青のラインが十分プラス側にいることができないようだと、WealthNaviに投資する価値はないと言えます。何しろWealthNaviは手数料が税込み1.08%もかかるのですから、比較対象のインデックスファンドよりも十分評価できるリターンが得られないなら、ローコストなインデックスファンドで良いとなります。

WealthNavi vs eMAXIS Slim先進国株式

WealthNavi vs eMAXIS Slim先進国株式

リターンの差は6月、7月、8月はマイナス圏です。だんだん差が広がっています。新興国株式が足を引っ張っていることは分かっていますが、それにしても現時点ではWealthNaviに優位性はないですね。

WealthNavi vs 楽天全世界株式

WealthNavi vs 楽天全世界株式

リスク許容度5のWealthNaviの組成はVTに似ているので、スリム先進国株式または楽天全米株式と比べた場合よりも差が小さいです。

でも6月下旬からはずっとマイナス側なので、これなら楽天全世界株式で十分かと思ってしまいます。この比較ではWealthNaviに優位性はないですね。

WealthNavi vs 楽天全米株式

WealthNavi vs 楽天全米株式

僕の選んだリスク許容度5だとWealthNaviの33%はVTIです。VTIは元気を取り戻しましたが、新興国株式が絶不調、国内株式も戻りが悪いので、WealthNaviがVTIに勝てないのはしょうがないです。

それにしてもだんだん差が広がっています。現在はWealthNaviに不利な状況であるとはしても、こういう比較を見るとWealthNaviに優位性はないですね。

WealthNavi vs eMAXIS Slim バランス

WealthNavi vs eMAXIS Slim バランス

スリムバランスと比べてもプラスだったりマイナスだったりするので、WealthNaviに優位性はないと言えます。スリムバランスと大差ないのではがっかりですね。

今月の結論

今月もWealthNaviに優位性を感じられませんでしたし、普通のインデックスファンドで十分だという印象がより強くなりました。

今年いっぱいは継続するつもりですが、この分だとWealthNaviに優位性を感じることはできそうにありません。それをグラフで見せつけられて終わるような気がします。

WealthNaviは米国ETFを買ってくれるけど

WealthNaviが解決できないことの1つが、配当金に日本の譲渡税がかかる点です。次の記事で配当金の再投資による複利効果は破壊的と書きました。

WealthNaviは配当金を再投資してくれますし、端株取引により少額でもETFを購入してくれます。が、日本の譲渡税は回避できません。その点、日本のインデックスファンドは配当金に譲渡税が課税されることなく再投資できるので確実に有利です。

そう考えると、シミュレーション結果からも、自分の好きな資産比率のローコストインデックスファンドを買うので十分ではないか、それを凌駕するようなパフォーマンスはWealthNaviには出せないでしょう(理屈上)、と思えます。WealthNaviに投資している人には楽しくない話ですね。

よろしければ次の記事もご覧ください。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.