個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

MSCIコクサイが1日で2%下落するのは珍しくありません

投稿日:

昨夜はスリム先進国株式もたわら先進国株式もニッセイ外国株式も仲良く2.04%下落しました。下落率がぴったり同じなのはいいことです。

この下落率の大きさに驚いた投信ブロガーがいましたが、MSCIコクサイが1日で2%下落するのは珍しいことではありません。きっとそのブロガーは今年起きたことを忘れてしまったのだと思います。

スリム先進国株式の1日の下落率

スリム先進国株式の設定来の基準価額データから1日の騰落率を出し、それを昇順に並べ替えると知りたい答えが得られます。次は1日で2%以上下落した日です。昨夜のは含んでいません。

スリム先進国株式の1日の下落率

あの2月初旬の「調整」では1日で4.12%も下落していたのです。その3日後にさらに3.42%です。他にも時々2%以上下げています。昨夜の下落は別に大したことではありません。

新興国株式はもっと下げました

昨夜、スリム新興国株式は2.57%も下げました。MSCIコクサイは結構基準価額を上げていたのでショックは小さいと思いますが、新興国株式(MSCIエマージング・マーケット・インデックス)は2月以降下落が続いているので精神的にキツイだろうなと思います。

僕は今は強気相場が続いて欲しいと思っているので、またすぐに値を戻してくれるとうれしいです。極めて自己中な考えですが、今年は強気相場が継続し、暴落するなら2019年になってからにして欲しいのです。

どうしてかと言いますと、保有しているWelathNaviがあるのですが(もうじき元本が100万円になります)これを年内に売却しようと思っているからです。その前に暴落すると売却できなくなるので(正しくは売却したくなくなるので)、強気相場に続いてもらってプラスで終えたいというわがままな考えです。(僕のWealthNaviの14%ぐらいは新興国株式なので、実はその割合で僕も泣いていると言えなくもないです。)

なので今の願いはこれです。頑張れ米国株式、頑張れ先進国株式。頑張れMSCIコクサイ。

 

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.