個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

楽天ポイント運用が実質非課税でも利用しないわけは

投稿日:2018年11月20日 更新日:

楽天ポイント運用はドコモの「dポイント投資」に対抗して始まったサービスです。

当初運用可能なポイントの上限が30,000ポイントに制限されていましたが、最近この制限が撤廃されました。期間限定でない楽天スーパーポイントに限られますが、1ヶ月に100,000ポイント(ダイヤモンド会員なら500,000ポイント)まで投資できます。

このポイント運用で発生した利益は譲渡税の課税対象ではないため、非課税口座のように利益をそのまま受け取ることが可能です。その利益を一時所得と解釈するなら(いずれ税務署が見解を表明するのではないでしょうか)、50万円の特別控除枠があるので50万円以下なら非課税になります。この課税上の問題については楽天証券のホームページのQ&Aにも書かれていません。多分答えられないのだと思います。

僕は年間3万ポイント程度、期間限定でない楽天スーパーポイントをもらっています。

さらに楽天カード決裁で投信を積み立てると年間最大6,000ポイントもらえるサービスも利用しますから、その気になれば年間36,000ポイント程度をこのポイント運用に投資することは可能です。そして、利益が年間50万円以下になるように取り出せば非課税口座と同じであるならとても魅力的に聞こえます。

が、それでも僕は利用しません。それは楽天スーパーポイントは僕にとって現金と等価であり、楽天バランスファンド(株式重視型)を非課税口座もどきで買うよりも、集中投資すると決めたスリム先進国株式を特定口座で買う方が儲かると思うからです。

楽天バランスファンド(株式重視型)

「ポイント運用 by 楽天Point Club」の投資対象は二択で、楽天バランスファンド(株式重視型)か楽天バランスファンド(債券重視型)です。債券重視型は高いリターンが期待できないため、株式重視型一択で考えます。

楽天バランスファンドは設定されてから日が浅いので、積み立てシミュレーションをするのに適しません。そこで楽天全世界株式とスリム先進国債券の実績データを7:3で合成したデータを使います。楽天バランスファンド(株式重視型)の本物の70%は楽天全世界株式、残り30%は比較データが手に入らない債券です。そこで債券部分はeMAXIS先進国債券の実績データを流用しました。

次は本物と合成結果の比較です。

楽天バランスファンド(株式重視型)と合成結果の比較

当たらずとも遠からずではないでしょうか。でもこれだと楽天全世界株式が設定された2017年9月以降でしかシミュレーションできないので、もっと長い実績のあるバランスファンドの大御所にも登場して頂きます。

セゾンVGBF

株式と債券の比率が1:1のキング・オブ・バランスファンドです。

楽天バランスファンド(株式重視型)とセゾンVGBFの比較

合成結果よりは差があります。参考までにして下さい。

世界経済インデックス

これも株式と債券の比率が1:1のバランスファンドです。

楽天バランスファンド(株式重視型)と世界経済インデックスの比較

こちらも参考までにして下さい。

合成結果 vs eMAXIS先進国株式

ここからは積み立てシミュレーション結果を比較します。毎月月初に3,000ポイントを楽天ポイント運用のアクティブコースに投資した結果と、3,000円をeMAXIS先進国株式に投資した結果を比較します。スリム先進国株式でないのはあとでスリム先進国株式の設定日よりずっと前からシミュレーションしたいためです。

合成した元データである楽天全世界株式の設定日の翌月からの積み立てシミュレーションです。先進国株式の利益率は0.27%なので、税引き後利益は0.215%です。楽天バランスファンドはマイナスですから、このシミュレーションでは先進国株式の方が儲かりました。

セゾンVGBF vs eMAXIS先進国株式

過去3年間です。

セゾンVGBF vs eMAXIS先進国株式

先進国株式の利益率は14.54%なので、税引き後利益は11.58%です。セゾンVGBFの利益率は非課税で6.38%なので、このシミュレーションでも先進国株式の方が儲かりました。

世界経済インデックス vs eMAXIS先進国株式

過去3年間です。

世界経済インデックス vs eMAXIS先進国株式

先進国株式の利益率は14.54%なので、税引き後利益は11.58%です。世界経済インデックスの利益率は非課税で6.32%なので、このシミュレーションでも先進国株式の方が儲かりました。

主にバランスファンドに投資しているなら

僕は、ポイント狙いの100円投資を除いて、リスク資産はスリム先進国株式のみに集中投資すると決めています。そして、非課税であっても楽天バランスファンド(株式重視型)よりスリム先進国株式に投資した方が儲かると思われることから、楽天ポイント投資は利用しません。

主にバランスファンドに投資している人なら、ポイント運用は現在実質非課税なので(そのうち変わるかも知れませんが)、次のどちらが儲かるかと聞かれたらもちろんポイント運用になります。

  • 楽天スーパーポイントを使ってポイント運用で楽天バランスファンド(株式重視型)を買う。
  • 楽天スーパーポイントを使って特定口座で楽天バランスファンド(株式重視型)を買う。

特定口座で買うバランスファンドが他の商品に変わる場合、どちらが儲かるかはその商品次第ですね。

改定後のポイント運用はやりすぎ?

このポイント運用、当初は運用上限がひとり30,000ポイント×2コースに制限されていました。が、運用開始後それほど時をおかずに運用上限が撤廃されました。楽天にはやんちゃなところがあって、時々無茶をします。このポイント運用も、ちょっとやりすぎじゃないかという気がしています。

条件の良いサービスがずっと続くとは限らないので、自分に向いていると思うなら早く利用し始めた方がいいでしょう。もし楽天側の都合(当局から指導が入ったためであっても)で早期に終了する場合、運用結果がマイナスなら補填してくれるでしょう。甘いですか。ならそれもリスクとして判断材料にしましょうかね。

あり得ない話ですが、もしポイント運用の対象商品にスリム先進国株式が追加されたらせっかくだから利用します。あり得ないですね。

2018年11月23日追記

アマゾンギフト券に似たものに楽天ポイントギフトカードがあります。楽天スーパーポイントを買えるわけですが、購入後6ヶ月間のみ有効という期間固定ポイントなので、ポイント運用には使えないと思っていました。念のため問い合わせてみましたが、ポイント運用は期間固定ポイントは使えない→楽天ポイントギフトカードのポイントは期間固定→よって使えない、という論法でダメとのことでした。

もし、楽天ポイントギフトカードで買った楽天スーパーポイントをポイント運用に使えるとなると、ドンキホーテで楽天カードに紐付けたKyashリアルカードを使って楽天ポイントギフトカードを購入し(できるはず)、購入したポイントと、購入金額の1%のポイントをポイント運用に投資し、さらに購入金額の2%(Kyashリアルカードの制約は省略)がキャッシュバックされてよだれだらだらなんでけどね。あ、これはあくまでポイント運用は実質非課税であることをうれしく思える人の場合です。僕はどっちにしてもポイント運用は利用しません。

が、もし楽天ポイントギフトカードで買った楽天スーパーポイントをポイント運用に使えるなら、そのポイントは普通に特定口座やNISA口座でスリム先進国株式の購入に使えるわけで、それだと僕だってよだれだらだらになります。うーん、残念。

でも、期間固定ポイントで投信を買えない現在の制約は将来競争激化によって廃止されるかも知れません。あり得ないですかね。流石に投信の購入まではさせてくれないでしょうか。

 

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.