個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

掃除機をPayPay決裁で購入して20%キャッシュバックもらいました【追記あり】

投稿日:

PayPay利用で20%キャッシュバックキャンペーンが始まりました。次の記事でまっとうでないことを妄想したのですが、実現方法が見つからなかったので、普通に利用することにしました。

たまたま、年内に買いたいと思っていた家電製品がありました。これです。

我が家は紙パック式、非充電タイプが好みですが、現在1Fで使用している掃除機がやたら重くて妻から長年文句を言われてきました。そこで、紙パック式、非充電タイプで納得できる仕様のものを探してこれを選択しました。PayPayの100億円販促キャンペーンが告知される少し前のことです。Amazonのサイバーマンデーセールを狙っていたのですが、方針変更です。12月4日のキャンペーン開始日から、コジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ジョーシンなどが利用できると分かったからです。

開店にあわせて行きました

個人事業主のメリットを活かして開店に間に合うように出かけました。最寄りのコジマです。少しは並んでいる奴もいるかと思いましたが、全くそんなことはありませんでした。買うものは決まっているので掃除機売り場に直行してお店の人に声をかけ、店頭価格ではなくてコジマネットの価格でお願いしました。税込み15,442円です。

ここからそのお店の人にとっても初体験のPayPayによるQRコード決裁です。「初めてですか?」と聞いたら「今日から開始でお客様が最初ですからそうです」と言われました。プラスチックケースに入った手順書を見ながらの操作です。手順です。

  • PayPayアプリで「スキャン支払い」をタップして、お店のQRコードを読みます。
  • 支払い金額を自分で入力します。その際、お店の人と確認しあいます。
  • 「支払う」ボタンをタップします。お店の人が僕のスマホの画面に表示された決裁番号の下4桁を確認します。

レジでも何かしているとは思いますが、支払い金額を僕が手入力するのはなんともアナログだなと思いました。その画面を僕とお店の人で確認するところもそうです。これで、支払い完了です。

でもその後は凄いです。レシートをもらうよりも先に、20%キャッシュバックの通知が来ました。3,088円です。速いです。

キャッシュバック通知1

でも付与予定日は2019年1月10日です。え、今じゃないの?僕は誤解していましたが、利用月の翌月10日頃に付与される仕様でした。

キャンペーン期間中、PayPay加盟店にて、対象のお支払い方法にてPayPay決済でお支払いいただいた方に対し、原則として翌月10日前後に、PayPay通常特典(決済利用金額の0.5%相当のPayPayボーナスを付与)とともに、決済利用金額の19.5%相当のPayPayボーナスをプラスし、合計で、PayPay決済利用金額の20%相当のPayPayボーナスを付与します。

引用:PayPay

この支払いはKyashリアルカードで行いました。PayPayに紐付けたクレジットは5,000円チャージに使ったYahoo! JapanカードとKyashリアルカードの2枚ですが、(この支払い手順だと)Kyashリアルカードが使用されるようにしておかないと、決裁時にはその選択肢は表示されないので注意が必要です。Kyashリアルカードで支払えるところをYahoo! Japanカードで払ってしまったら24時間ぐらい落ち込んでしまいそうです。

もちろんKyashリアルカードで決裁できたはずで、その場でKyashからいつもの利用通知が届きました。

20%キャッシュバックキャンペーンが終わっても、PayPay経由でKyashリアルカードで決裁すると、PayPayのキャッシュバックが0.5%、Kyashリアルカードのキャッシュバックが2%、楽天カードのポイント付与が1%と合計3.5%もの還元率です。どれだけクレジットカード会社が儲けてきたか、店舗側の負担が大きかったかかが分かりますね。

今後、小規模店舗ではクレジットカード払いはできないけどPayPay払いはできるところが増える気がします。

PayPay残高も使う

掃除機の購入はクレジットカードで払いました。PayPay残高が6,500円しかなかったから当然です。で、一応これも計画していたことですが、掃除機には紙パックが1枚しか同梱されていないので、すぐに紙パックが必要になります。で、これは掃除機とは別会計にして、PayPay残高で払いました。

買ったのはこれです。腐るものではないので4個まとめ買いしました。4個で税込み3,024円でした。

今度はレジで別の人との応対です。操作は同じ、デジタルとアナログのミックスです。決済方法の選択肢は出てきませんが、PayPay残高で支払いますと表示されていました。PayPay残高でも払えるけど都合があってクレジットカード払いにしたいというのは、この手順だとできないようですね。(できてもいいと思うので、これは変わるかも知れませんし、現在でもその方法はあるのかも知れません。)

そして、604円のキャッシュバック通知です。

キャッシュバック2

20%のキャッシュバックは強烈ですね。(今から20年後ぐらいには消費税率が20%になっていて、逆の意味で強烈な負担に泣かされているかも知れないです。)

本日もう1つ使うあてがあります

たまたま車のオイル交換をしたい時期なのですが、「オイルチェンジカフェ」でPayPayが使えるので、今日予約してあります。エレメント交換込みで総額3,000円以下のはずです。PayPay残高で支払いたいので、掃除機を購入した後、キャッシュバックの付与が今日でないことに気付き、紙パックを10個とか大人買いするのをやめて、オイル交換代を残しました。体験後に追記します。多分、その利用でも20%キャッシュバックされると思います。100億円がすでに蒸発していなければ、ですけどね。流石にそれはないでしょう。

オイルチェンジカフェ、利用しました

PayPayで払いたいと言うと、お店の人は焦っていました。PayPay用のキットは届いていたものの、一度も説明を受けたことがなかったそうです。数分待たされましたが、無事に決裁できました。コジマと同じ手順でした。

キャッシュバック3

6,500円あったPayPay残高は1,140円に減りました。来月キャッシュバックが付与されてから、また有意義なことに使います。

 

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.