個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

楽天銀行の資金お引越し定期を繰り返し利用するのは安全か

投稿日:2018年12月14日 更新日:

楽天グループに対してナメたことをすると、楽天銀行の口座凍結のリスクがあることを知りました。自分はそんなことはしていないつもりでしたが、「たわら男爵15種」に代表される方法で、100円投資で3ポイントもらっているのは今は良くてもいつダメになるか分からないと考え直し、全廃しました。

この100円投資で3ポイントが付与されるのは楽天銀行+楽天証券の制度を普通に利用した結果です。1日あたり15件までという制限もあります。だから楽天グループに認められた利用方法かも知れませんが、僕はわずかなポイントのために口座凍結のリスクは犯せないと考えました。

さて、楽天銀行は圧倒的に有利な1ヶ月満期の円定期を提供しています。

この円定期は凄いです。

1ヶ月満期で金利0.21%の円定期は他にない

次の条件を満たす円定期で、金利が0.21%のものなど、「資金お引越し定期」を除くと現在この世に存在しません。

  • 新規口座開設時のみのキャンペーンと言った制約がない。
  • 誕生月だけとか言った、利用できる時期に制約がない。
  • 100万円までとか言った、利用できる金額に制約がない。
  • 外貨預金と抱合せなどのボッタクリ商品でない。

しかも中途解約可能なので流動性抜群です。

繰り返し利用できる

満期後に資金をいったん他の銀行に移動し(手段は問いません)、再度本人名義の口座から振り込むと、「資金お引越し定期」の枠が復活します。そのため繰り返し利用できます。資金の移動を振り込みで行う(楽天銀行に戻す時は振り込みが必須です)場合に、振込手数料がゼロになる条件内で楽天銀行と他の銀行を利用すれば、追加コスト負担なしで行えます。

満期時自動解約設定にしていますから、満期になると普通預金口座に入ります。楽天銀行は満期になると「楽天銀行からのお知らせ[定期預金満期のお知らせ]」というタイトルのメールを送付してくれますから確実に気付きます。(満期の数日前にもメールで知らせてくれます。)満期翌日の午前中に楽天銀行から大和ネクスト銀行に振り込み、大和ネクスト銀行に着金したら(メールで通知されます)楽天銀行に振り込みます。毎月1回まとめてやるなら、振り込み手数料の無料枠内で実施可能です。

楽天銀行に着金すると即座に「資金お引越し定期」の枠が復活し、再度この素晴らしく有利な円定期を作成できます。1口の上限は1,000万円までですが、何口でも作成でき、合計が1,000万円を超えても構いません。

楽天銀行をナメてないですか

これまで考えたことがなかったのですが、この有利な円定期を繰り返し利用するのって楽天銀行をナメてないですかね。確かにルールの範囲内でまっとうに利用しているだけです。それは間違いありません。しかし、楽天銀行がどうして0.21%もの金利を提供するのでしょうか。

次は現在楽天銀行が実施している円定期のキャンペーンです。

引用:楽天銀行

金利低いです。マネーブリッジしていると普通預金の金利が0.10%なので、それを知っている人はこんな金利の低い円定期は利用しないと思います。1年ものなら探せば誰でもいつでも利用可能で金利が0.30%以上のものがまだありますしね。

このように普通の円定期の金利が低いにも関わらず、年中実施している「資金お引越し定期」の金利はどうして0.21%もあるのでしょうか。それは他の銀行口座から資金を楽天銀行に移動させたいからで、そのインセンティブが高い金利なのだと思います。そして、方法を知っていて繰り返し利用する顧客のことは迷惑に思っているはずです。でも、現状、制限されずに利用できています。

でもこれって、楽天銀行をナメてはいないでしょうか。考えれば分かりますよね。そんな有利な条件の円定期を無制限に利用できるのは話がうますぎることは。これが、たとえば500万円以上で中途解約不可ならまだ分かりますが、それだと本来の目的を達成できません。

楽天銀行に問い合わせました

ものは試しで楽天銀行にWeb経由で問い合わせました。翌日には回答してもらえました。それを要約するとこうなります。

下記2点の条件を満たしていれば、当該定期預金の対象となります。

  • 他の金融機関のご自分名義の口座から当行に振込され、カナ名義が完全に一致していること。
  • 他の金融機関の本人名義口座からお振込みされた月の当月中に、「資金お引越し定期」にお預入いただくこと。

僕は、この円定期は資金移動を行うことで繰り返し利用できますが、それは規約違反ですか?という直接的でストレートな質問をしたのですが、残念ながらそれには直球を返してくれませんでした。でも、次の一文が添えられていました。

ただし、取引状況により当行からご連絡させていただく場合もございます。

ダメとは言ってません。この方法は、提示された条件を満たします。「この円定期の趣旨をお汲み頂き、繰り返し利用するのはご遠慮下さい」とも書かれていません。いっそのことそう書いてくれればスッキリしたんですけどね。それで最後の一文です。ちょっと怖くないですか。

利用頻度を下げます

これまでガンガン利用して来ましたが、考え直して利用頻度を下げます。満期になったら少し間を空けてから利用するようにします。

「資金お引越し定期」を繰り返し利用することにリスクがあると考えるのはおかしいと思われるかも知れません。でも楽天グループは口座凍結時にその理由を説明してくれないと言うではないですか。つまり、判断基準が分からないのです。そして、口座が凍結された時、議論の余地がないようなのです。

リスクがないと考える方、自分の家族にも絶対にリスクはないと断言できますか。僕は怖いので、少なくとも「異常な利用」とは見なされないようにするつもりです。でも判断基準が不明なので、どこまでが正常でどこからが異常なのかも分からないわけですが。

楽天銀行への提案

次の制約を追加してはどうでしょうか。その上で、繰り返し利用しても構わないと明記するのです。

  • 従来の資金お引越し定期の対象金額から、直近60日以内に口座からATM利用または振り込みにより出金された金額の総額を引いた金額が、新たに利用できる金額とします。

ダメですかね。この程度の制約の追加は大した手間ではないと思うのですが。

 

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.