個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

つみたてNISAは年初一括投資の方が儲かるのですか?

投稿日:2019年1月1日 更新日:

つみたてNISAは、制度設計の趣旨から考えると毎月とか毎日とかの積み立てでしか利用できないのがあるべき姿だと思うのですが、金融機関によっては実質年初一括投資が可能です。利用者から見れば購入方法に自由度があった方が便利であることは間違いありませんから、制度設計の趣旨は置いといて、年間最大投資可能枠40万円をできるだけ柔軟に活用出来る方が好ましいでしょう。

たとえば大和証券のつみたてNISAには積み立ての頻度(周期)ごとに購入可能な上限金額が設定されていて、年の途中から開始するとどう頑張っても40万円の非課税枠を使い切れないという残念な仕様です。

大和証券のつみたてNISAには積み立ての頻度(周期)ごとに購入可能な上限金額が設定されていている

引用:大和証券

年の途中からつみたてNISAを始めたけども40万円の非課税枠を目一杯使いたい人は普通にいるでしょう。大和証券につみたてNISA口座を年の途中で開設してからこの制限に気付いて泣いていた投信ブロガーがいました。こんなクソ仕様、誰のためにもならないと思います。

楽天証券の場合

積み立てを毎月行う場合、毎月の積み立て額の上限は33,333円(40万円÷12ヵ月)ですが、ボーナス月設定が可能なため、毎月100円積み立て+1月にボーナス設定398,800円で実質年初一括投資が可能です。

また、年の途中からつみたてNISAを開始した場合に非課税枠を使い切るための配慮がなされています。

年途中で積立注文を開始する場合は、初年のみ予定している年間積立額に達しないため、積立金額を増額することができます。初回買付日から同年12月までが増額の対象となります。

引用:楽天証券

さらに楽天証券ではつみたてNISAで毎営業日積み立ても可能ですが、楽天証券の営業日であっても対象の投資信託が(海外の資産に投資する場合)購入できない日はたくさんあるので、原理的に40万円の非課税枠を使い切れません。また、投資対象の基準価額が右肩上がりで推移することが想定される場合、毎営業日積み立ては損しますので、基本、おすすめしません。

毎営業日積み立てを選択している人は自分が何をしているか本当に分かっているのでしょうか。

統計的には一括投資の方が有利とされる理由は

投資可能な余裕資金が手元にある時、今すぐ一括投資した方が、毎月だろうが毎日だろうがある期間をかけて投資するよりも儲かるとされるのは、単純な算数です。基準価額は時間が経てば経つほど上昇することを期待して投資するため、一括投資した場合の取得価額の方が、ある期間をかけて投資した結果得られる平均取得価額を下回る可能性の方が高いからです。

そのため、積み立て投資に意味はないとさえ言われることもありますが、僕は積み立て投資はインデックス投資家のベストプラクティスだと信じています。その上で、次の条件を満たせるなら、一括投資すればいいと考えています。

  • 一括投資するだけのまとまった余裕資金がある。
  • 一括投資直後に基準価額が暴落しても後悔しない自信がある。

僕は一括投資できる余裕資金があっても積み立て投資を選択します。

毎月33,333円積み立てたい場合

理由はともかく、年初に一括で40万円近くを投資したくない場合、普通に、つみたてNISAの制度設計通りに1年間かけて積み立てれば良いです。そうして良質な投資信託を購入することを、景気の変動があってもなくても毎月、毎年継続するのです。大切なのはそれで、一括投資か積み立て投資かではありません。

楽天カードで決済する場合

つみたてNISAの非課税枠40万円を使い切る以外にはリスク資産に投資可能な余裕資金が少なく、特定口座で毎月5万円の積み立てを楽天カード決済しないのであれば、つみたてNISAでの毎月の購入を楽天カード決済にして、33,333円の1%の楽天スーパーポイントをもらい、それを特定口座で同じ投資信託の購入にあてるなどすると良いと思います。

楽天証券+楽天カード+積み立て投資で毎月最大500ポイント付与されるサービスはありえない程条件が良いので、可能な限り活用すべきです。

年初一括投資の方が儲かる確率は

その年の基準価額の推移が右肩上がりなら年初一括投資の方が儲かります。逆なら毎月または毎営業日積み立ての方が儲かります。未来のことは分かりませんが、過去のデータでどちらの方法が儲かったかは次の記事で検証済みです。

なお、上記記事では僕は2019年からつみたてNISAを利用することになっていましたが、その後考えが変わり、2019年以降も一般NISAを利用します。

2018年はどうだったか

2018年は基準価額(株価)の下落が目立ったので、年初一括投資の方が不利だったであろうと容易に想像できます。では実際にはどれほどだったでしょうか。計算しました。

次の表の年初一括投資は年初に40万円投資した場合の12月28日の利益率です。毎月初積み立ては毎月初に33,333円投資した場合の12月28日の利益率です。この利益率の差(比率)は、平均取得価額の差で決まり、以降、何年経過しようが不変です。

2018年は年初一括投資と積み立て投資でどちらが儲かったのか

差がプラスのものは、毎月初積み立ての方が儲かったことを示しています。2018年のリターンが悪かったものほど、年初一括投資が不利だった(不発だった)という理論通りの結果です。

投資対象の選択の方が重要です

この記事では投資信託の買い方に関する議論でした。それがつみたてNISAに限定されたもので、ずいぶんマニアックなテーマだったわけですが、そんな買い方のことより投資対象の選択の方がよっぽど重要です。将来得られるリターン(パフォーマンス)のほとんどは、投資対象の選択で決まると言っていいでしょう。つみたてNISAは俗に地雷と言われるひどい商品が排除される仕組みになってはいますが、期待されるリターンと負うリスクはさまざまで、本当に自分が期待しているものに一致していない場合、数年後に悔やむことになりかねません。

未来の相場や基準価額の推移は予測不可能ですが、だからと言ってどれを選んでも同じでもありません。つみたてNISAの場合、1年ごとに扱いの区切りが到来し、それが現状最大で20回繰り返されます。たまには過去に投資したものの含み益がどうなったか確認し、このまま来年も継続するのか、投資対象を変更するのか考え直すのもいいと思います。

また、近年は投資環境が改善され、競争も激化しているため、より自分の好みにあった、より低コストな商品が登場するこもあるでしょうし、低コストだと思って選択したのに実はびっくりするほど高コストの羊頭狗肉ファンドであることが判明することだってあるでしょう。そういうことを知って行動に活かせるかどうかも能力のひとつで、それこそが大きな差を生むのです。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.