個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

【悲報】利率0.37%1年満期の定期預金金利が0.20%に激下げです

投稿日:

スパイク様のブログ記事で知りました。

僕が昨年末に1,000万円を預け入れた、だいしん未来支店のだいしん定期「センス」の利率が0.37%から0.20%に激下げされます。

だいしん定期「センス」は今時珍しい好条件でしたので、上記記事で絶賛したのですが、もう並の金利に落ちてしまいました。利率が0.37%なのは3月末までです。

もちろん固定金利ですから僕が預け入れた分への影響はありませんが、これで満期時には口座ごと解約するのは確定ですね。

夢プレミアムに続いて撃沈です

我が家は過去に大阪シティ信用金庫の夢ふくらむ支店が扱っている円定期「夢プレミアム」を利率0.36%の時代に利用していました。でももう終了しています。

だいしん定期「センス」は対応が電話のみというところが夢プレミアムに似ていて「生まれ変わり」みたいな感じでしたが、それも撃沈です。

だいしん未来支店を責める気にはなりません

日銀のゼロ金利政策、マイナス金利政策により銀行預金の金利は意味がないほどに下がったままです。普通預金の金利としては、楽天銀行でマネーブリッジを利用するだけで誰でも得られる0.10%が最高水準のはずです。イオン銀行も0.10%にできますが、最近条件が改悪されて誰でも簡単に、ではなくなりました。

円定期預金も金利はとても寂しい状態が続いています。ひと昔前はスパイク様のブログ「一億円を貯めてみよう! chapter 2」で高金利の円定期キャンペーン情報が盛りだくさんでしたが、近年はめっきり減ってしまいました。

そんな中で頑張っていた、だいしん定期「センス」の今回の判断を責める気にはなれないです。日銀の政策が悪いと言ったところで何の解決にもなりませんが、一体いつまでマイナス金利政策を継続するのでしょうか。

それでもあきらめてはいけません

無リスク資産なんかどうせ低金利過ぎて増えないのだから、どこに置いていても同じだとあきらめてはいけません。少しでも条件の良い円定期などを利用すべきです。

また、無リスク資産を持つことは資産形成上効果的でないからリスク資産への投資比率を増やそうとするのは危険です。自分のリスク許容範囲を超えた比率でリスク資産に投資すると、暴落時にひどく後悔する確率が高くなります。

おまけ:金利12%の定期預金があった

どこかの新興国の怪しい話ではありません。すっごい昔ですが、ここ日本での話です。それも民営化される前の郵便局。郵便局の定額貯金10年ものは過去2回、12%もの信じられない金利になったことがあります。

引用:郵便貯金の長期推移と元加利息の寄与

今思うと「ありえねー」ですが、物価上昇率も高かったので今と比べて必ずしもいい時代だとは言えないそうです。

 

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.