個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

残念過ぎたスリムシリーズの直販

投稿日:2019年3月1日 更新日:

三菱UFJ国際投信が僕らインデックス投資家を焦らしていた直販の内容を公開しました。たわら男爵様のブログ記事で知りました。

公開された内容は残念を通り越して、これなら始めない方が良かったレベルです。僕は三菱UFJ国際投信の直販は利用しないとは思いつつも、内容には期待していました。

期待する最大の理由はこれでした。

三菱UFJ国際投信が楽天証券のハッピープログラムに対抗して率はともかく保有資産に応じて還元する場合、楽天証券は対抗上現在の(超ローコスト投信では確実に持ち出しになる)サービスを継続する動機になります。競争相手がいなくなれば無理なサービスは廃止されたり改悪されますが、競争相手の存在はそれを阻止してくれます。

この自己中な期待を除いても、若い人を投資に導入できる、低コストで良心的なサービスに増えて欲しいと思っていました。でも完全に期待はずれでした。

以下は楽天証券の利用者目線での比較になります。

投資信託の保有によるポイント付与制度がない

楽天証券で投資信託を保有すると、細かい制約を除けば保有資産の年率0.048%分の楽天スーパーポイントが付与されます。これは通常ポイントで、投資信託の購入にも使えます。楽天経済圏では現金と等価ですし、最近は楽天経済圏の外でも利用できる方法が増えました。

三菱UFJ国際投信がどういう方法で同様の還元をするのか楽しみにしていましたが、まさか「何もなし」になるとは思っていませんでした。直販でしか使えないけど1ポイント1円として100ポイント以上から直販対象の投資信託の購入に充当できるポイントの開発は容易だったはずです。

直販なら信託報酬のうちの販売会社の取り分が自社の売上になるので、いくらか還元する原資ができるわけですが、還元なしになったのは残念と言うほかないですね。

クレジットカード決済なし

クレジットカード決済によるポイント付与は難しいのでやれないだろうなと思っていましたから、これは驚きでも何でもありません。無理してやっても運営コスト増になるだけなので、適切な判断だったと思います。

スポット購入できるの?

積み立ては5,000円からで指定した銀行口座から手数料無料で引き落とされるとあります。でもスポット購入できるかどうかの記述がありません。スポット購入ではその購入代金をどうやって証券口座に移すかが問題になりますが、最悪なのはセゾン投信みたいにあらかじめ振り込んでおかないといけないタイプです。証券会社によってはリアルタイム入金に対応しており、銀行口座は限られますが、それらからは手数料無料で即座に資金を移動できます。

たとえばSMAM投信直販ネットは積み立て投資なら楽天銀行を引き落とし口座に指定できますが、スポット購入のためのリアルタイム入金に対応しているのは三井住友銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行だけです。また、スポット購入は10,000円からとハードルが高くなっています。

普通に積み立て投資しかしないという人にとっては、スポット購入非対応でも良いとは思いますが、ちょっと余裕ができたから貯金するつもりで買おうなどというケースに対応できません。

出庫に対応して欲しい

まだ直販サイトの内容がスカスカで入出庫に関する記述が見当たりませんでしたが、入庫はともかく出庫には必ず対応して欲しいです。出庫に対応するのは「良心」です。ちなみに、tsumiki証券は入出庫に対応していません。

どうして断念しなかったの?

三菱UFJ国際投信がスリムシリーズの直販参入を公式にアナウンスしたのは2018年3月でした。でもその後丸井グループのtsumiki証券がエポスカードで決済できるサービスを発表し、それを完全に無意味にする画期的なサービスを楽天証券が発表しました。

環境が変わったら戦略を見直すのは悪いことではありません。事実、あのバンガード社は一時期日本での直販開始にやる気まんまんでしたが、とても始めるとは思えません。勝ち目があると思えないからです。それほど日本の投資環境は劇的に改善されました。

三菱UFJ国際投信が過去にアナウンスしたことについて、環境が変わったので真に競争力のあるサービスが提供できるようになるまで直販開始を見送る、でも直販は是非やりたいと思っているので検討は継続すると言えば済むことではないでしょうか。

そうやって一度断念したところで、僕はブランドに傷が付くとは思いません。が、今回公開された直販の内容のがっかり度は「これなら始めない方が良かった」レベルです。違うでしょうか。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.