個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

楽天全世界株式 vs スリム全世界株式(オール・カントリー)

投稿日:2019年3月9日 更新日:

スリム全世界株式(オール・カントリー)の運用は順調ですが、人気は楽天全世界株式に遠く及びません。現状のままだとオール・カントリーは楽天全世界株式に永久に追いつけません。

オール・カントリーと楽天全世界株式は、そもそもベンチマークが違うので同列に比較することはできません。が、どちらも日本を含む全世界株式に時価総額比で投資する「全世界株式」と呼ばれる同一ジャンルに属します。受益者としては、どちらに投資した方が儲かるのかは気になるところでしょう。

でも、同じ全世界株式とは言うものの、ベンチマークが違うため投資先が微妙に違いますから、リターンを比較した時に何を見ているのか分からなくなります。そのリターン差はトータルコストによるものなのか、投資先の違いによるものなのか、運用の良し悪しによるものなのか、それらがミックスされた結果なので、評価には注意を要します。

この課題を踏まえた上で、出来あがりのリターンの差を眺めてみましょう。

比較対象

次の4本の商品に登場して頂きます。

  • スリム全世界株式(オール・カントリー)
  • SSGA全世界株式
  • 楽天全世界株式
  • SBI全世界株式

SSGA全世界株式のベンチマークはスリム全世界株式と同じです。どちらもMSCI ACWIです。楽天全世界株式のベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスです。SBI全世界株式もそうだと主張していますが、実際には無関係な指数をベンチマークにしているETFを3本組み合わせているまがい物です。

以下、「スリム全世界株式」はオール・カントリーのことを指します。

基準価額の推移

まとめてプロットするとこうなります。

基準価額の推移

この比較期間ではわずかな差でしかありません。なお、設定日直後は比較に適さないので通常は少し後から比較しますが、この記事ではあえてスリム全世界株式の設定日から比較しています。

また、グラフのスケールは皆同じです。

スリム全世界株式 vs SSGA全世界株式

スリム全世界株式 vs SSGA全世界株式

青のラインはリターンの差で、スリム全世界株式ーSSGA全世界株式です。右肩上がりなのでスリム全世界株式の方がリターンが高いです。

スリム全世界株式 vs 楽天全世界株式

青のラインはスリム全世界株式ー楽天全世界株式です。ベンチマークが違うのでリターンの差が暴れるのは当たり前です。青のラインはこの比較期間だとプラス側にいる方が多いです。これはスリム全世界株式の方がもうかることを示しています。

スリム全世界株式 vs SBI全世界株式

スリム全世界株式 vs SBI全世界株式

青のラインはスリム全世界株式ーSBI全世界株式です。ベンチマークが違うのでリターンの差が暴れるのは当たり前です。この比較期間だとリターンに差はないと言えます。

積み立てシミュレーション

比較期間が短いので差が出ないとは思いましたが、せっかくなのでシミュレーションしました。2018年11月から2019年2月まで毎月初に5万円積み立て投資した場合です。

積み立てシミュレーション

商品 利益率
スリム全世界株式 6.2%
SSGA全世界株式 6.1%
楽天全世界株式 6.3%
SBI全世界株式 6.3%

SSGA全世界株式よりはスリム全世界株式の方が有利なのは間違いありませんが、ベンチマークが異なる楽天全世界株式とSBI全世界株式は、現状では有利不利を判断できません。

結論としては、この比較期間だとどれに投資していてもほとんど差はない、となります。

原理的には

楽天全世界株式とSBI全世界株式には三重課税問題がありますが、現物株運用のスリム全世界株式にはありません。

また、状況的にスリム全世界株式のトータルコストは楽天全世界株式のそれより安くできると思うので、僕はスリム全世界株式を推します。でも僕はスリム先進国株式しか買わないヘンタイですし、その立場だと楽天全世界株式圧勝の現状よりも、スリム全世界株式が急速に追い上げる展開の方が都合が良いので、その意見は割り引いて見た方がいいです。

その上で、長期的には楽天全世界株式よりスリム全世界株式の方が儲かると思っています。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.