個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

インデックス投資

楽天全米株式と本家VTIのトータルリターンを比較しました

投稿日:

このブログでは楽天全米株式と本家VTIのリターンを比較することで楽天全米株式のトータルコストを推測して来ました。が、これまでのやり方には問題がありました。つい最近、楽天全世界株式と本家VTのリターン比較をしていてその問題に気付きました。

その問題とは配当金の再投資です。本家VTIの取引価格には配当金が反映されていません。もらった配当金をどうするかは受益者に任されています。一方楽天全米株式は、ありがたいことに、配当金を再投資してくれます。配当金の再投資により純資産が増え、増えた分も株価上昇の恩恵を受けることにより、とってもうれしい複利効果が得られます。しかもこの配当金の再投資には次の特徴があります。

  • 限りなく無駄のない、端株数対応のDRIPと同じ効果があります。
  • 国内で20.315%の課税がされることなく(繰り延べした状態)行われます。

日本のインデックスファンドが普通に、静かに、でもしっかりと行ってくれているこの再投資はもっと評価されるべきです。

この配当金の再投資効果を、本家VTIのリターンにも適用しないと正しいリターン比較ができないことにようやく気付いたわけです。そこで、本家VTIも配当金を無駄なく再投資したトータルリターンを生成することにしました。(VTIのトータルリターンは一般には出回っていないはずです。)

VTIのトータルリターンの作り方

次の手順で生成しました。

  • 楽天全米株式の設定日が2017年9月29日なので、2018年10月1日に10,000円でVTIを買ったことにします。扱う株数は「端株数」です。つまり、VTIの取引価格が15,000円なら0.6667株買ったことになります。
  • 配当金が出たら米国での10%課税後のドルを再投資します。税引き後の配当金でVTIを端株数で買うのです。そうして保有株数を増やします。保有株数が増えるのは配当金を再投資した時だけです。
  • 円をドルに替える為替手数料もVTIの購入手数料もゼロとします。
  • 評価額は円換算して求めます。
  • 評価額の推移を指数化します。

これは次の記事のために作ったプログラムに与えるデータを差し替えるだけでできました。

たとえると、河童証券がVTIを買うだけのインデックスファンドを運用して、配当金の再投資までしますが、信託報酬も隠れコストもゼロ円の場合の基準価額の推移を生成するようなものです。そのため、このトータルリターンは現実にはありえない仮想的なものです。

本家VTIのトータルリターンとの差の変化

次は楽天全米株式の第一期決算期間の翌日である2018年7月18日から2019年2月28日までの、楽天全米株式と本家VTIのリターン比較です。

本家VTIのトータルリターンとの差の変化

赤の矢印のところで配当金を取り込んでいますが、右側は楽天全米株式と本家VTIのトータルリターンで配当金を取り込むタイミングが違うため、このような鋭い山になります。左側はタイミングが同じなので、このグラフからはいつ取り込んだのかが分かりません。一連の処理に問題があるとこうはなりません。また、この山は正常なものなので無視して下さい。

緑の丸で囲ったところは右肩下がりでないが気に入らないです。これは僕には説明できません。

回帰分析

2018年7月18日から2019年2月28日までのリターン差のデータから、配当金を取り込むタイミング違いによってできた山を取り除いて右肩下がりのラインに直したものをエクセルの回帰分析にかけました。

回帰分析

信頼性を示す重決定R2が0.8203と低いのは、リターン差のラインの形状から納得できます。これだけ低いとこの分析結果はいつもよりもあてにならないです。

回帰分析結果にある係数は1営業日のものなので246倍して年率換算すると0.139%になりました。この予想コストにVT(ETF)の経費率であった0.04%(現在は0.03%)を加えると、予想トータルコストは税込み0.179%になります。

税込み0.179%は低すぎますね。本当だったら素晴らしいですが、これまでのことを考慮すると無理だと思います。目論見書上では実質的に負担する費用が税込み0.1696%だとうたっていますので、それとほぼ同じだとすると素晴らしすぎます。

楽天全米株式の費用に関する臨時レポートから計算されたトータルコストは税込み0.2445%でした。今回の推測値と大きく違うので、今回の比較結果には満足していません。

リターン差が一定でないのは何故か

楽天全世界株式と本家VTとの比較もそうですが、楽天全米株式と本家VTIのトータルリターンとのリターン差が一定でないことが気になります。この比較方法に何か足りない要素があるのでしょう。それが何かは分かりませんが、僕が読んでいる投信ブログでその答えを提供してくれるものはひとつもないので、僕はこの方法で比較するしかありません。

こんな比較に意味などないと思われる方は、このシリーズ(いつも同じアイキャッチ画像を使っているのですぐに分かります)は無視されるといいでしょう。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.