個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

くらしのマーケットで割安な業者を探せます

投稿日:2019年3月27日 更新日:

我が家は戸建てですが、竣工してから10年以上経過するといろいろと壊れたり交換を余儀なくされるものが出てきます。そういう時に割安で依頼できる方法があります。「くらしのマーケット」で業者を探すのです。

僕はこれまでに3回利用しています。

シンボルツリーの植え替え

家の敷地の角にシンボルツリーを植えていたのですが、成長しすぎて手に負えなくなってしまいました。時々自分で伐採していたのですが、それにかかる労力は大変なものです。それでメンテナンスが楽な(ほとんどかからない)コニファーに植え替えたいと考えました。

そのためにはまず今のシンボルツリーを引っこ抜かねばなりません。それで「くらしのマーケット」で業者を探しました。納得できる金額で対応してくれるところは見つかったのですが、問題がありました。そのシンボルツリーのそばに外灯があるのですが、普通の方法でシンボルツリーを引っこ抜くとまず間違いなくその外灯の配線を破断するというのです。

外灯への配線を破断したら大変なことになります。そこで仕方なくシンボルツリーを引き抜くのは自分ですることにしました。ネットで調べたところ、高圧洗浄機を使って土を溶かして根っこだけを露出させ、根を切断すれば良いことが分かりました。

そのために購入したのはこれです。

作業は大変でした。数日かけて根っこだけを露出させ、太いのをのこぎりで切断すると倒せました。大仕事をやり終えた記念写真です。

今度はこの自分で引き抜いたシンボルツリーを処分してくれる業者を探しました。リーゾナブルな価格(7,000円)で対応してくれるところが見つかりました。

替わりに植えるコニファーは楽天市場で購入しました。これです。

もちろん自分で植えました。

インターフォンの交換

インターフォンの親機が壊れてしまいました。でも家の建築に参加した業者に依頼するときっと料金は高額になります。「くらしのマーケット」だとインターフォンの交換作業だけを請け負ってくれる業者がたくさん見つかります。

業者のめどを付けてから、交換部品をネットで購入します。これを買いました。

電気工事士の資格があれば作業内容は楽勝なはずです。8,000円で対応してもらえる業者に依頼しました。

照明器具の交換

ある部屋の照明を人感センサー付きLED照明に交換したいと思ったのですが、備え付けの照明が特殊なタイプだったため、照明器具そのものの交換が必要になりました。「くらしのマーケット」にはもちろんそういうニーズに対応する業者もたくさん登録されています。価格は標準的な作業に対していくら、という表示なんですが、僕の場合は2つの照明器具を現在のものから新しいものに交換します。それにぴったりのメニューはないので、安くできそうな業者を探して問い合わせします。満足できる価格で対応してくれる業者を探すのに苦労しましたが、全部で10,000円で対応してくれるところが見つかりました。

業者のめどが付いたので交換する照明をネットで注文します。Amazonはちょっと高かったので別のところから買いました。人感センサー付きLED照明はこれです。

電気工事士の資格があれば作業内容は楽勝でしたが、持ってないのでしょうがないです。

コンペで良い業者を選ぶ

自分ではできないので業者に作業を頼みたい、でもボッタクられるのが怖い、「くらしのマーケット」はそういうニーズに応えてくれるサービスです。

口コミはともかく、料金で業者を比較できますし、価格交渉もできます。インターフォンの交換以外はメニューにぴったりのものがなかったので交渉しました。その場合、システム上予約時の価格が交渉した価格と同じにできないのですが、交渉した価格で大丈夫であることを確認しておけば(質問のやりとりで行います)大丈夫です。

作業完了後に、実際に支払った金額の記入をサイトで求められます。これは運営側が手数料を正しく徴収するためもありますが、システム上ボッタクリできないようになっています。

これまでのところ結果には満足しています。これからも機会があれば利用するつもりです。

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.