個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節税 節約

じぶん銀行スマホデビット+nanacoで納税すると1万円得します:早期終了

投稿日:2019年5月10日 更新日:

当初6月2日までの予定でしたが、5月23日をもって早期終了となりました。

我が家はnanacoで税金を年間70万円程度払っています。nanacoにチャージするのに便利だったKiigoが先日使えなくなり、nanacoで税金を払う環境は年々悪くなるばかりです。

還元率1%で年間7,000円の節約になりますから無視できません。

さて、最近なんとかペイで異様に高い還元率のキャンペーンが続き、食傷気味の方も多いことと思います。メルペイをセブンイレブンで利用すると70%還元というのは凄かったですね。でも還元される金額の上限は2,500円でしたし、とにかく何か買い物をしなければなりませんでした。(僕はもしもの時に備えて備蓄しているレトルト食品を買いました。)

じぶん銀行が5月7日から6月2日までの期間限定で行っているキャンペーンは、条件が合う人には破壊的です。その条件はゆるゆるなんですが、nanacoで税金を納付している人なら1万円得するというものです。あり得ないレベルです。

キャンペーンの内容

じぶん銀行のバーチャルデビットカードを新規発行して利用するキャンペーンです。

引用:じぶん銀行

利用金額で還元率が変わります。

このキャンペーンの凄いところは、現金が銀行口座に還元される点です。なんとかペイだと還元されたポイントで再度買い物するというパターンになると思われますが、これは違います。現金なので何にでも使えます。他行に出金(振込)しても良いです。

スマホデビットを未発行なら、じぶん銀行の口座保有者も対象です。我が家は僕も妻も口座を保有していましたので速攻で利用することにしました。

なお、このキャンペーンはエントリーが必要です。

nanacoで税金を納付するなら無駄がない

なんとかペイでいくら買い物すると何%お得ですと言われても、買いたいものがないと本当にお得なのか分からなくなってしまいます。でもnanacoで税金を納付している人にとって、nanacoに5万円チャージするのは無理も無駄もないですよね。避けられない納税に使うのですから。

で、じぶん銀行のスマホデビットでnanacoに5万円チャージすると、7月下旬に1万円が普通預金口座に入金されます。このキャンペーンでは利用先を限定しておらず、電子マネーへのチャージだろうがなんだろうが、デビットカードで支払ったものなら何でも良いそうです。(ネットにあふれる情報によると、です。僕が保証できることではありません。)

Kiigo+楽天カードによる1%還元で年間7,000円程度節約していたのを、僕と妻であっさり2万円も節約できてしまうのです。あり得ない神キャンペーンです。

バーチャルデビットカード

このスマホデビットはスマホのアプリで実現しますので、発行にはスマホが必要です。(発行はNFC/おさいふケータイ機能のない端末でもできます。)

これはスマホのアプリ画面の一部です。

バーチャルデビットカード

利用はカード情報さえあればパソコンでも可能です。僕はnanacoへのチャージをパソコンで行いました。

なお、デビットカードはクレジットカードと違って「クレジットヒストリー」には記録が一切残りませんので、クレジットカードの乱発行に抵抗がある方も気にせず利用できます。

まだ税金をnanacoで払っていない人は

我が家は自動車税、固定資産税、国民健康保険税をnanacoで払っています。現在口座振替していて、今から手続きしてもnanacoで払えるようになるのが先であっても、この期間限定のキャンペーンは利用した方がいいと思います。得する金額は1,000円ではなくて10,000円です。

じぶん銀行の口座がない場合口座開設からですが、メリットを考えれば手間ではないでしょう。

nanacoカードを持っていない場合、nanacoモバイルが使えるスマホを持っていればnanacoモバイルで、そうでないなら8の付く日にイトーヨーカドーで1,000円チャージすれば無料で発行されます。

使い勝手はnanacoモバイルの方が圧倒的に良いです。

このキャンペーンを利用して6月2日までにnanacoに5万円チャージします。それで1万円節税できます。nanacoにチャージした電子マネーに有効期限はありませんので、納税はあとでやれば良いです。

出口戦略

7月下旬に普通預金口座に1万円が入金されたら、そのまま再度スマホデビットでnanacoにチャージしてもいいのですが、その場合還元率は0%です。ちょっと残念です。

じぶん銀行から三菱UFJ銀行には手数料ゼロで振り込めるので、そうやって出金します。三菱UFJ銀行は、僕も妻も小規模企業共済の掛け金納付に利用しているので無駄がありません。

一番怖いのは

セブンイレブンでnanacoで納税できるのは他に例を見ない特殊なサービスです。いつまで続くかは分かりません。このサービスがなくなってしまうのが一番怖いです。

コメント欄でご指摘頂きました。ミニストップでWAONで税金を支払えますので、「他に例を見ない」というのは間違っていました。が、一度に5万円までしか支払えない、ポイントを得られる条件が厳しいなど使い勝手の点でnanacoに遠く及びません。

有利なサービスが永遠でないのは分かりきったことなので、利用できるうちに躊躇せず利用してその恩恵を享受すべきです。チャンスを逃さない行動ができるかどうかで、結構な金額の節約ができるはずです。

-節税, 節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.