個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

自転車事故による賠償責任補償保険を一本化します

投稿日:

保険に関する考え方は人それぞれですが、我が家が加入しているのは次の3つです。

  • 持ち家の地震保険+火災保険
  • 自動車保険
  • 個人賠償責任事故補償

正確には猫様がペット用医療保険に加入しています。

このうち、個人賠償責任事故補償について紆余曲折がありましたが、もうじき自動車保険のオプションに一本化されます。

個人賠償責任事故補償

子供は日常的に自転車に乗ります。僕もたまには乗ります。自転車で人身事故を起こして高額な賠償請求を受けることは普通にあるそうです。最近、自転車での人身事故に備えていない人が大きな金額の賠償責任を負うリスクについて良く耳にするようになりました。

保険は、補償すべき事象が発生した時の負担が手に負えない程の金額になる場合は、そのリスクに備えておくべきだと考えており、自転車で起こる人身事故はまさにそれに該当します。

ちなみに我が家は医療保険を解約してしまいましたが、それは病気やケガにより発生する金銭的な負担は手に負えない程大きくはならないと判断したためです。これについての考え方は世帯ごとに違うでしょう。

1億円では不安

我が家が契約している自動車保険はソニー損保ですが、自転車事故を含む個人賠償責任補償をオプションで付加しています。現在の契約内容だと補償額の上限は1億円です。が、賠償額が1億円に迫る実例があるので、2億円は欲しいと思いました。

引用:日本損害保険協会作成パンフレット

そこで最初、楽天PINKカードの個人賠償責任事故補償プランを利用していましたが、残念なことに強制終了になってしまいました。

それで読者の方に教えてもらったLINEほけん「自転車ライフ安心保険」を利用することにしました。

でももうじきこれは不要になります。自動車保険の個人賠償責任補償オプションの補償額が3億円になるからです。(ソニー損保から更新案内が届き、オンラインでの手続きを完了しました。支払いはKyashリアルカードです。)

個人賠償責任補償特約

我が家のニーズにぴったりです。

個人賠償責任補償特約

引用:ソニー損保

現在の契約は補償額の上限が1億円でしたが、次回から3億円に引き上げられます。

保険金の上限

以前の契約では個人賠償責任補償特約は1,200円でしたが、新しい契約では1,300円です。この価格で3億円までなら安いと思います。

保険の重複

また、個人賠償責任を補償する保険を重複して利用していると期待している通りに補償されないリスクがありますが、これでその心配から解放されます。

次はLINEほけん「自転車ライフ安心保険」の重要事項説明書にある記述です。

LINEほけん「自転車ライフ安心保険」の重要事項説明書にある記述

引用:重要事項説明書

ソニー損保の自動車保険の重要事項説明書でも重複について注意喚起しています。

引用:重要事項説明書

でも次回契約期間からは一本化されるので安心です。

家族に自転車に乗る人がいるなら

ソニー損保がこのオプションの上限補償額を3億円に増額するのは、確かなニーズがあるからだと思います。同様の補償をする保険はたくさんありますので、家族に自転車に乗る人がいるなら是非検討されることをおすすめします。

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.