個人事業主が節税してインデックス投資

個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

節約

妻はイオンカードのあり得ないキャンペーンを普通の買い物で堪能します

投稿日:2019年7月4日 更新日:

お得なキャンペーンであっても、妻はそのお得度と参加する際の手間、面倒くささを比べて割に合わないと判断すると拒否権を発動します。これまでにも何度か発動されています。

でも今月から始まったイオンカードのキャンペーンはそのお得度があり得ないレベルで、妻も驚愕しています。

引用:イオンカード

ざっくり言うと、イオンカードを新規作成してイオン銀行口座から引き落とされるようにすると、次の利用期間内にイオンカードで支払った5万円以内の買い物1回ごとに20%(最大1万円)がキャッシュバックされる、キャッシュバックの総額は10万円という目を疑いたくなるレベルです。

7月から9月の3ヶ月間の、月の最後の1週間が対象です。

当然、キャッシュバックの対象外となるものがあります。

電子マネー(「WAON」や「Suica」等)や各種プリペイドカードへのチャージ、携帯電話料金、各種公共料金、その他(月会費、イオンカードde家賃、キャッシングご利用分、ATM手数料、その他)など、一部キャッシュバック対象外のご利用分がございます。なお、対象外項目は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

引用:イオンカード

こちらに対象外の一覧があります。錬金術や裏技的なものはダメです。普通の買い物で利用しましょう。

なお、nanacoへのチャージはそもそもイオンカードではできないようにnanaco側で制限されています。

バースデーパスポートの20%オフ版

我が家はイオンで良く買い物をするので、僕がイオン株を買ってオーナーズカードを所有しています。年2回、4,000円から5,000円程度のキャッシュバックを受けています。

つまり、年間30万円程度はイオンで買い物をしていることになります。2018年のイオン銀行口座引き落とし履歴を確認したら(毎年年初に昨年の実績をエクセルで集計しているのですぐに分かりました)31.5万円でした。

で、イオンから送られてくる各種パスポートは有効に利用していますが、それらが日用品、食料品に適用される割引率はたいてい5%です。食料品の割引率が5%を超えていたのは記憶にありません。しかも、それらパスポートが使える日数はせいぜい2日です。3日以上毎日OKなんてのは記憶にありません。

ところが、今回のキャンペーンは対象期間は3ヶ月に分散していますが、毎月1週間連続でOKです。しかも割引率が20%です。1回の利用金額が5万円を超えると割引率が下がり、合計割引額が10万円までという制限はあります。また、正しくは割引ではなくて、後日キャッシュバックです。

キャッシュバックは現金が口座に振り込まれるというこれ以上望めないものです。再度何か消費に使わねばならないポイントではありません。あり得ないレベルです。

イオン以外の買い物でもOK

普通の買い物ならたいていイオン以外での利用でも対象になると思われます。あり得ないと思いませんか。かつてこういうことがありました。

当時は対象店舗が少なく、家電量販店が狙われました。キャンペーンの条件が大きく異なるので横並び比較はできませんが、イオンカードでの買い物なら店舗を選ばないので使い勝手が良いです。

妻の場合

僕はイオンではごく少額しか買い物をしないので、このキャンペーンは利用しません。妻だけが利用します。

妻がイオンで普通に日用品、食料品を購入すればほぼすべて20%キャッシュバックの対象になるはずです。普段はイオンだけではなく他のスーパーでも買い物していますが、このキャンペーン期間中はできるだけイオンで買い物した方が得すると思われます。(現金払いのみという特殊なスーパーでなければ、イオンカードで支払っても良いです。)

で、現在このキャンペーン用にイオンカードを新規作成中です。対象期間中は間違えないように現在のイオンカードセレクトを回収して(取り上げて)新規作成したカードを使ってもらうようにします。

手順1:イオンカードを新規作成します

イオンカードセレクトを持っていないなら、イオンカードセレクトがいいです。

妻はイオンカードセレクトを持っているので、イオンカードを作成中です。

どちらも入会金、年会費無料です。

手順2:イオンウォレットでキャンペーンに応募

これも必須の要件です。

手順3:引き落とし口座をイオン銀行に設定

これをしないと還元率は10%に下がります。イオン銀行口座を持っていない人は口座開設しましょう。我が家はもちろん持っている(我が家のメインバンクです)ので、それに設定するだけです。

なお、イオンカードセレクトの引き落とし口座はイオン銀行限定です。

手順4:利用期間中に普通に買い物するだけ

もちろんイオンオーナーズカードも提示してさらに3%のキャッシュバックを受けます。

イオンカードで支払える、対象外でないものなら

Amazonギフトカードは対象外ですが、Amazonでの普通の買い物なら(マーケットプレイスは対象外)、イオンカードを登録して支払えばOKらしいです。なので、7月から9月のAmazonでの買い物は対象期間に妻に頼むつもりです。

2019年8月20日追記

僕も普通の買い物を楽しみたくなり、妻の家族カードを作りました。家族カードなのでキャッシュバック枠は妻と合算になりますが、世帯で50万円までの普通の買い物に対応できれば十分です。

後始末

キャッシュバックは11月下旬にイオン銀行口座への現金振込で行われるので、それを楽しみに待てばいいだけです。このキャンペーンのために新規作成したイオンカードは時々利用してパスポートをもらう権利を獲得したり、ときめきポイントをメインカードと合算したりすれば良いと思います。

なんとかペイのキャンペーンだと最後にポイントや残高を使い切るとか、設定を解除しないと次回利用時に課金されるとかで(キャンペーンだけ利用する場合)「後始末」が必要になることが珍しくありません。でも今回のイオンカードのキャンペーンは基本的に後始末不要です。

こんな条件の良いキャンペーンを利用しない手はないです。変な気を起こさずに普通に買い物して20%のキャッシュバックを受けましょう。

-節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.