インデックス投資

VTI vs 楽天全米株式:1000万円投資後にガチホしたリターンを比較

投稿日:2019年7月16日 更新日:

このブログでは毎月の投資可能額が5万円から10万円程度の一般人の場合、VTIより楽天全米株式の方が儲かると結論づけています。そういう結論を導いた計算、シミュレーション結果を見てもなお、VTIを買いたいのであれば、そうすれば良いと思います。

次の記事で、楽天全米株式に比べてVTIが不利な理由を説明しました。

でもそれは一般人の場合の話でした。原理的に、ガチホ状態になると運用コストではVTIの方が有利になりますが、楽天全米株式は設定されたのが2017年9月末なので、一般人の入金力では満足な検討ができません。

そこで一般人を離れて、予算1,000万円でVTIと楽天全米株式に一括投資後ガチホしたらどうなるか調べました。

毎月の予算が50万円の場合

一括投資の前に、毎月の予算が50万円で総額約1,000万円を投資する場合を見ます。

毎月の予算が50万円の場合

  • VTIの初回買い付け額は4366.86ドルですが、その0.45%は19.65ドルです。取引手数料の上限は20ドルなので取引手数料は税込みで0.486%となります。それに為替手数料が加わるため、青のラインは0.5%付近から始まります。
  • 青のラインは楽天全米株式の運用コストがVTIの運用コストより高いため、基本、右肩下がりで推移します。
  • VTIから年4回配当金を受け取る都度、楽天全米株式は配当金に国内課税を適用しないで再投資することから、青のラインは上方向に推移します。
  • 楽天全米株式の配当金再投資による複利効果は、青のラインを右肩上がりにします。

青のラインは税引き前評価額の差です。この場合税引き後評価額で見ないとどちらが儲かるか判断できません。2019年6月末時点の税引き後評価額の差は90,944円、0.89%で楽天全米株式の方が儲かりました。なお、VTIの税引き後評価額はドルを円換算しただけで、実際に円で手にするには為替手数料と取引手数料が必要になります。

1,000万円を一括投資した場合

VTIに1,000万円一括投資するなんて一般人には想像もできませんが、それをさらりとできる投信ブロガーの方もいらっしゃいます。次はWATANKO様のブログからの引用です。

2018年初に“投資のお年玉”としてVTIを1,200株購入しました。

引用:資産運用でスーパーカーを手に入れよう!

購入金額152,000ドル、1,672万円程度になります。

次はVTIを予算1,000万円で買い付け、実際にかかった分だけ楽天全米株式を買い付け、その後ガチホするシミュレーションです。

1,000万円を一括投資した場合

  • VTIの初回買い付け額は87734.24ドルですが、取引手数料の上限が20ドルなので、負担率は0.02%です。為替手数料は1ドルあたり4銭で、0.035%です。そのため、青のラインは0%に近いところからスタートしています。
  • その後、楽天全米株式はガチホするだけ、VTIは配当金を自分で再投資します。
  • 楽天全米株式固有の運用コストにより青のラインはマイナス圏に食い込みます。が、2019年はプラス圏を推移しています。

初期投資額が1,000万円にもなると配当金をもらう都度数株追加購入できます。

再投資履歴

2019年6月末時点の税引き後評価額の差は78,703円、0.74%で楽天全米株式の方が儲かりました。なお、VTIの税引き後評価額はドルを円換算しただけで、実際に円で手にするには為替手数料と取引手数料が必要になります。

運用コスト vs 配当金の再投資効率

VTIへの投資済み元本額が大きくなると、追加投資時に負担する手数料は、資産全体から見ると小さくなります。一方、楽天全米株式固有の運用コスト(VTIの経費率を除いた信託報酬+隠れコスト)は資産全体にかかります。よって、たとえば投資済み元本が1,000万円になったのでガチホに入ったとか、それでもまだ毎月5万円程度追加投資している場合、楽天全米株式固有の運用コストは重く感じるはずです。

が、楽天全米株式の配当金の再投資効率の高さとVTIの期待リターンの高さを考えると、課税の繰り延べ効果は相応に大きくなると思われます。

入金力が高く、VTIを自分で買うことで発生する様々な面倒をいとわない人の場合、(特にガチホ状態で)どちらが儲かるかを決めるのは次の要素ではないでしょうか。

  • 楽天全米株式固有の運用コストによるリターンの劣化
  • 配当金再投資による複利効果によるリターンの向上

結論

楽天全米株式が設定されてからの短い期間だと楽天全米株式の方が儲かる結果になりましたが、未来のことは分かりません。結論としては、入金力に関わらず、VTIの方が儲かると思えるならVTIを選択すればいいでしょう。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.