節税 節約

予定とは違う方法でしたがファミペイの後始末を完了しました

7月から始まったファミペイのキャンペーンは、僕の場合、税金を払うと3,000円得するので利用することにしました。

キャンペーンの上限である3,000円分のFamiPayボーナスが8月8日に付与されました。クレジットチャージ分の150円も付与されていました。(還元率0.5%なんですが、チャージした金額は5万円程度なので計算が合いません。)

それで予定通り、税金を支払ったら1,000円未満の端数しか残らない金額をクレジットカードでチャージしてから、ファミリーマートに向かいました。ところがその後、想定外のことが起きました。

端数しか残らないはずが

ファミリーマートで税金を支払うところまでは良かったのですが、支払い後は端数しか残らないはずなのに残高は3,330円でした。原因を思い付くのに数秒かかりました。オートチャージ設定がオンだったのです。残高が1,000円未満になると3,000円チャージする設定が発動したのです。

困りました。ファミペイ残高は出金できませんし、僕はファミリーマートを含め、普段コンビニは利用しません。端数を含めて3,330円あります。どうやって無駄なく使いましょうか。

Amazonギフト券バリアブルタイプで解決

無駄な買い物をしたのでは意味がないのですが、ファミペイでAmazonギフト券が購入できることが分かりました。Amazonは頻繁に利用しているため、Amazonギフト券は決して無駄になりません。また、バリアブルタイプなら1,500円以上1円単位なので、端数も使い切れます。それで、3,330円分購入しました。

Amazonギフト券バリアブルタイプ

これで問題解決です。端数もうまく処理できました。

ファミペイ残高に端数があって使い道に困っているなら、その残高と現金を合わせて1,500円にしてAmazonギフト券バリアブルタイプを買うといいかも知れません。(ファミペイ残高と現金の併用はできるようです。)

来月もらえるボーナスは

今月もクレジットカードでチャージしたので、来月またクレジットチャージ分のボーナスが(150円?)付与されると思いますが、それはファミリーマートで何か買い物をして終わりにしようと思います。

税金を払うのにファミペイのキャンペーンを利用して3,000円得するのにいろいろと手間がかかってしまいました。想定外のこともありましたが、端数も上手に無駄なく使えたので満足です。

-節税, 節約

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.