インデックス投資

楽天証券+楽天カード+積み立て+ポイント再投資は最優先で利用すべし

投稿日:2019年8月14日 更新日:

ブログタイトルを見て「なんのこっちゃ」と思った人はこれまでを残念がらないでこれからを喜んで下さい。楽天証券は2018年10月28日から画期的な、素晴らしすぎるサービスを開始しました。楽天カード決済で月額最大5万円の積立投資に対して1%の楽天スーパーポイント(最大500円分)が付与されます。しかもスリムシリーズを含む超ローコスト投信も対象という大盤振る舞いです。これは絶対に活用すべきです。もし楽天証券以外でつみたてNISAを利用しているなら、来年からは楽天証券に口座を移した方が良いです。

この楽天グループによる大盤振る舞いはおそらくSBI証券との競争が続く限り継続されると予想していますが、その保証はありません。

条件の良いサービスが改悪されて【悲報】で始まるブログ記事があふれることは普通に起きています。なのでくずぐずしないで利用できるうちにそのメリットを享受すべきです。

絶妙な設定

投資信託を積立している世帯の34%は毎月の積立額が5万円未満だそうです。

引用:えっそんなに!調査で見る共働きの貯蓄と投資

楽天グループが設定した上限5万円は絶妙な金額です。少なすぎるとインパクトに欠けますし、多すぎると販促費の高さが負担になって継続できません。

毎月の投資可能金額が5万円なら、つみたてNISAで毎月33,333円を、特定口座で毎月16,667円を楽天カード決済で積み立てるのが良いです。

もしこのサービスが10年前からあったら

効果を実感できる現実的な例を示すため、10年前からこのサービスがあったらという設定でシミュレーションします。登場するインデックスファンドはスリム全世界株式(オール・カントリー)とスリムS&P500です。どちらもこのブログに良く登場する方法で生成した偽物ですが、それらしい結果が得られるはずです。

なお、このサービスで付与される楽天スーパーポイントは現金と等価だとしています。この考え方に同意できない場合、記事の骨子にも同意できないでしょう。

スリム全世界株式(オール・カントリー)

つみたてNISA口座は非課税枠が決まっているためポイントによる再投資に不向きです。特定口座にはその制約がありませんが、ここでは分かりやすさを重視してポイント再投資ではなくて、付与されるポイントの500円分の積立投資を行うこととします。

特定口座でオール・カントリーを毎月16,667円を楽天カード決済で積み立て、500円を証券口座から積み立てます。

オール・カントリーを毎月16,667円を楽天カード決済で積み立て、500円を証券口座から積み立てた場合

初月の積み立て額は16,667円です。翌月からは500円加算しています。赤のラインがポイント再投資なし、緑のラインがポイント再投資ありです。

  • 再投資したポイント総額:59,500円
  • 再投資なしと再投資ありの評価額の差:105,314円

この場合、再投資したポイントも基準価額の上昇の恩恵を受けて増えています。

青のラインはリターンの差です。500円は16,667円の2.99%なので、青のラインは理屈通りに2.99%に収束しています。

この投資方法だと、特定口座で買っているインデックスファンドのリターンがほぼ3%改善されるのです。しかも受益者負担ゼロ円でです。他の金融機関でつみたてNISAするのがアホらしく思えませんか。

スリムS&P500

特定口座でスリムS&P500を毎月16,667円を楽天カード決済で積み立て、500円を証券口座から積み立てます。

  • 再投資したポイント総額:59,500円
  • 再投資なしと再投資ありの評価額の差:133,123円

リターンがほぼ3%改善されることは変わりませんが、過去10年間のスリムS&P500はオール・カントリーを圧倒する高パフォーマンスだったので、再投資分もそのリスクに耐えた分だけ増えています。

どうせタダでもらったポイントだから

つみたてNISAと特定口座で合計5万円を楽天カード決済でオール・カントリーを買っているけど、それで付与されたポイントはタダでもらったようなものなので、よりハイリスク・ハイリターンなスリムS&P500を買うというのでもいいでしょう。

S&P500のみに投資

タダでもらったポイント分は10年間で2.23倍に増えました。税引き後でも約1.99倍です。楽天証券で一連の手続きと設定をした後は放置したままでいいのです。こんな強烈なサービスを提供してくれる金融機関が他にありますか?

つみたてNISAがやっとだけど

つみたてNISAで毎月33,333円積み立てるのがやっとだということもあるでしょう。それでもこのサービスを利用すれば毎月333円分のポイントが付与されます。これで毎月スリムS&P500を買ってみます。

スリムS&P500を毎月333円買う

毎月333円スリムS&P500を買ってどうなる?とバカにする人もいるかも知れませんが、無視すればいいです。10年後に税引き後で7.8万円も手にできるのです。

こんなサービスは他にない

つみたてNISAは少額投資非課税制度としてよくできています。ボッタクリ商品が排除されていますし、ETFマニアの甘言に乗せられてVTやVTIを買って後悔するようなことにもなりません。インデックス投資を始めるなら迷うことなくつみたてNISAから入るのが良いです。

そして楽天グループほどの出血サービスを提供しているところはありません。つみたてNISAへの投資以外に余裕で5万円投資できる入金力があるなら話は別ですが、毎月の入金力が5万円程度なら絶対につみたてNISA口座は楽天証券で開設してこのサービスを利用すべきです。

入金力が5万円程度の人に他の金融機関でつみたてNISAの利用を勧める人は、次のどちらかです。

  • このサービスを知らない情報弱者。
  • 意図的に不利なものを勧めている。

有利なサービスを上手に利用するのも金融リテラシーのひとつです。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.