インデックス投資

りそなつみたてバランスとスリムバランスのどちらがおすすめですか?

投稿日:2019年9月27日 更新日:

りそなアセットマネジメントが運用している「つみたてバランスファンド」は8つの資産クラスに投資しますが、8資産均等型ではありません。8つの資産クラスへの投資比率が異なるため、同じ土俵でのリターン比較はできませんが、それを踏まえた上で、どちらが有利だったか調べました。

りそなつみたてバランスファンド

頭の「りそな」は僕が管理上付けているもので、公式にはありません。8つの資産クラスのベンチマークは、スリムバランス(8資産均等型)と同じで、つみたてNISA適格です。

この手のバランスファンドは、ある明確な意図をもって資産比率を決めているはずなのですが、目論見書にはまったく書かれていません。

出典:目論見書アセットアロケーション円グラフメーカーで作成

8資産均等型は、どの資産クラスが伸びるか分からないから全部均等に買う、ので分かりやすいわけですが、そうでない場合は比率をそのようにした意図・狙いを説明して欲しいです。

トータルコスト比較

8資産均等型バランスファンドを代表してスリムバランスに登場して頂きます。

次は運用報告書から計算したトータルコスト比較です。

トータルコスト比較

信託報酬も隠れコストもスリムバランスの方が低く、税込みトータルコストはスリムバランスの1.47倍もします。2017年なら十分安かったと思いますが、2019年現在では見劣りしてしまいます。

スリムバランスの信託報酬は、設定時は税込み0.2376%でした。が、その後頻繁に引き下げを繰り返した結果、2019年5月14日からは税込み0.1512%です。設定後2年で36%も削減されたことになります。

8資産の比率が、りそなつみたてバランスのものがしっくり来るのであれば、りそなつみたてバランスで良いと思います。パフォーマンスに大差ないなら、8資産均等型でも良いのであれば、トータルコスト0.1%ポイント差は大きいので、スリムバランスが良いでしょう。

リターン比較

りそなつみたてバランスの設定直後を避けた2017年11年10日から2019年9月20日までの比較です。

リターン比較

赤のラインがスリムバランス、緑のラインがりそなつみたてバランスです。青のラインはリターン差で、スリムバランスーりそなつみたてバランスです。

比較期間の前半はりそなつみたてバランスの方がリターンが高めでしたが、後半は逆転しています。でも、どちらのリターンが高くなるかは世界経済の状況に依存するわけで、結果は未来にならないと分かりません。

よって、選ぶなら資産比率がしっくり来る方を、どっちでも良いならスリムバランスで、とするのが無難でしょう。

売れ行きは:スリムバランスの圧勝です

次は設定来の総口数の推移です。純資産総額はスリムバランスが330億円、りそなつみたてバランスが38.7億円です。

設定来の総口数の推移

赤のラインがスリムバランスです。どちらも一定のペース、やや増加率を上げながら推移しています。着実に人気を獲得しているということです。

次はりそなつみたてバランスだけをプロットしたものです。

りそなつみたてバランスの設定来の総口数の推移

設定されてから3ヶ月程度は全く売れていませんでした。おそらく販売に力を入れていなかったのでしょう。現在では主要なネット証券会社を含む8社で販売されています。

(つみたてNISA適格であっても)もっと絶望的に売れていないバランスファンドはたくさんあり、りそなつみたてバランスは売れている方です。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.