インデックス投資

世界6資産分散ファンドはおすすめできません

2019年11月20日

「世界6資産分散ファンド」と聞いて、運用会社がどこか分かる人は少ないと思います。野村アセットマネジメントです。「野村6資産均等バランス」と被っているような気がしますが、そうではありません。異なる組成なんですが、狙っている受益者層も違うと思われます。

世界6資産分散ファンド

世界6資産分散ファンドは6資産に均等に投資します。

世界6資産分散ファンドは6資産に均等に投資

引用:目論見書

でも6資産均等型とは呼ばないようです。誰が決めたのか、単に先に始めた例があったからかは分かりませんが、6資産均等型はこうです。

6資産均等型の投資割合

引用:目論見書

6資産均等型のリートを新興国株式と新興国債券に変えたのが、世界6資産分散ファンドです。その6資産に均等に投資するのが好みに合っている、という人にはどんぴしゃり、かも知れません。

世界6資産分散ファンド vs 野村6資産均等バランス

組成以外の違いを見ると、世界6資産分散ファンドに胡散臭さを感じてしまいます。

組成以外の違い

均等型より8ヶ月ほど遅れて設定されました。2018年5月に設定されたのに、税込み信託報酬が0.5445%と高額です。これだけ高いと、ネット証券を利用する、コストを気にする受益者はまず敬遠します。この組成に、そんな高額な信託報酬を払う価値などありませんからね。

そして購入時手数料が設定されています。金融機関によっては上限1.1%で設定できるということです。たとえば楽天証券ではゼロですが、東京スター銀行は、積み立てでない場合は請求されます。

引用:東京スター銀行

また、僕の嫌いな解約時信託財産留保額が0.1%かかります。どうしてこれを設定するのでしょうか。僕にはその狙いが分かりません。

僕はどうしても公平な見方ができないのかも知れませんが、この違いから想像するに、この商品は現在の超ローコスト投信の存在を知らない、金融リテラシーが不足している受益者を狙ったものではないかと、思ってしまうのです。つまり、主に非ネット証券用に設定されたのではないかと。言い過ぎでしょうか。

リターン比較

次は世界6資産分散ファンドと野村6資産均等バランスの比較です。世界6資産分散ファンドの設定日直後を避けた、2018年6月1日からの比較です。

世界6資産分散ファンドと野村6資産均等バランスの比較

赤のラインが世界6資産分散ファンド、緑のラインが野村6資産均等バランスです。野村6資産均等バランスの圧勝ですが、その要因は国内リートだと思われます。ですから、時期によってはこんなに差が生まれないこともあるでしょうし、逆の結果もあり得るでしょう。あくまでこの比較期間はこうだったということです。

次は世界6資産分散ファンドとスリムバランス(8資産均等型)の比較です。

世界6資産分散ファンドとスリムバランス(8資産均等型)の比較

スリムバランスの圧勝です。これも、この比較期間だとこうだったということでしかありませんが、世界6資産分散ファンドが高コストかつ、時代にそぐわない設定内容であることを考えると、印象は悪いです。

売れ行きは

次は設定来の総口数の推移です。野村6資産均等バランスもプロットしました。

設定来の総口数の推移

赤のラインが世界6資産分散ファンド、緑のラインが野村6資産均等バランスです。野村6資産均等バランスは右肩上がりで順調に増えていますが、世界6資産分散ファンドは典型的なダメパターンです。

僕はこのグラフを見て安心してしまいます。逆だったらすごく悲しい気持ちになります。性格悪いでしょうか。

野村6資産均等バランスだけをプロットしました。

野村6資産均等バランスだけをプロット

頭打ちになり、わずかに減少しています。言い方は悪いですが、こういう高コストで、相対的に金融リテラシーに欠ける受益者を狙った商品は、もう生き残れないのが当たり前の世界になって欲しいです。

結論:おすすめできません

6資産の選択が均等型と違いますが、それは信託報酬が高額な理由にはなりません。その高い信託報酬に見合う資産クラスに投資するわけではないのです。そのため、この商品に興味がある場合でも、他のバランスファンドを検討した方がいいです。

-インデックス投資

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.