米国株式

【悲報】SBIバンガードS&P500の運用コストは楽天全米株式の3倍近いです

2020年1月10日

次の記事で、SBIバンガードS&P500の運用コストは楽天全米株式の倍以上だと書きました。

さらに1ヶ月分のデータが手に入りましたが、見事に高コストなまま推移しています。受益者は泣いちゃうレベルです。

トータルコスト推測の基礎知識

楽天全米株式はバンガード社のETFであるVTIを買い、配当金を国内課税なしで再投資しています。SBIバンガードS&P500とVOOの関係と同じはずです。

次は楽天全米株式の第二期決算期間である2018年7月18日以降の、VTIトータルリターンとの比較です。右端は2019年12月30日です。

楽天全米株式の第二期決算期間である2018年7月18日以降の、VTIトータルリターンとの比較グラフ

VTIトータルリターンは、VTIの経費率を除いた運用コストがゼロの、現実にはあり得ないものです。理論値と言ってもいいです。そして楽天全米株式には運用コストがかかり、配当金を100%即座に再投資しなかったりすることで生じるリターンのロスがあると想像され、必ずVTIリターンの方が高くなります。青のラインの傾きはこの、全部ひっくるめたトータルコストを示しています。

なお、巨大なヒゲ2本は無視してください。

楽天全米株式のトータルコストを推測

VTIトータルリターンのコストを増量したものと比較します。次はVTIトータルリターンのコストを年率0.18%ポイント増量したものとの比較です。

VTIトータルリターンのコストを年率0.18%ポイント増量したものとの比較したグラフ

青のラインはまだわずかに右肩上がりです。次は年率0.20%ポイント増量したものとの比較です。

年率0.20%ポイント増量したものとの比較したグラフ

青のラインはほぼフラットになりました。そのため、楽天全米株式の第二期以降の運用コスト(VTIの経費率を除きます)は年率0.20%程度だと推測しています。

が、運用報告書から計算されるトータルコストはこれより低くなります。それは、コストの考え方が違うからだと思っています。

リターン差の違い

次は10月16日から12月30日までの、VOOトータルリターンとSBIバンガードS&P500のリターン比較です。どうして10月16日からなのかについてはこちらの記事を御覧ください。

10月16日から12月30日までの、VOOトータルリターンとSBIバンガードS&P500のリターン比較グラフ

次は同じ期間における、VTIトータルリターンと楽天全米株式のリターン比較です。グラフのスケールは同じです。

同じ期間における、VTIトータルリターンと楽天全米株式のリターン比較グラフ

明らかに青のラインの傾きが違います。VTIトータルリターンのコストを年率0.18%増量すると、青のラインはほぼフラットになりました。

VTIトータルリターンのコストを年率0.18%増量したものとの比較グラフ

では、VOOトータルリターンのコストをどれだけ増量すると、青のラインはほぼフラットになるでしょうか。次は年率0.5%ポイント増量したものです。

年率0.5%ポイント増量したものとの比較グラフ

まだ増量し足りないようです。次は年率0.6%ポイント増量したものです。

年率0.6%ポイント増量したものとの比較グラフ

これぐらいが適量でしょうか。次は年率0.7%ポイント増量したものです。

年率0.7%ポイント増量したものとの比較グラフ

これだと増量しすぎですね。

よって、10月16日から12月30日の運用コストを年率換算すると、SBIバンガードS&P500の、VOOの経費率を除いた、SBIアセットマネジメントの運用コストはなんと0.6%程度ということになります。この比較方法が適切なら、楽天全米株式の実に3倍程度もします。

リターン差の青のラインの2ヶ月半の推移を見る限り、コスト高なのは確かです。この青のラインの形状、まぐれではこうはなりません。

リターン差の青のラインの2ヶ月半の推移グラフ

比較に使ったデータ

この記事の比較に使ったデータ一覧です。

  • VTI、VOOの取引データ。
  • ドル円換算用TTMデータ。
  • VTI、VOOの配当金実績データ。
  • 楽天全米株式とSBIバンガードS&P500の基準価額データ。

同じプログラムで処理しています。それで明確なコスト差が観測できているので、現実にそれぐらいの違いがあるのだと考えています。

第一期特有の現象かも

楽天全米株式、楽天全世界株式もそうでしたが、第一期決算期間は隠れコストが高くなるのは良くある話です。第一期運用報告書を見て隠れコストの高さに卒倒しそうになることもあります。

SBIバンガードS&P500の運用コストは今後改善されるかも知れません。受益者のためにも、是非改善して欲しいものです。

おすすめの関連記事

個人事業主が節税してインデックス投資
個人事業主が節税してインデックス投資
https://secrets2mysuccess.net/2020/02/05/sbi_sp500_costs_much_more_than_rakuten_vti-3/
個人事業主のリアルな節税やインデックス投資、お金についてお話しします

-米国株式

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.