年金・iDeCo

iDeCo口座のスリム先進国株式を全額定期預金にスイッチングします:暴落待ち

2020年2月4日

次の記事で、iDeCo特有のメリットを活かしたいと書きました。

僕は、その条件が満たされたので2回スイッチング済みです。合計20%です。妻は参加しませんでした。

が、新型肺炎問題で状況が変わってきたので、方針を変更することにしました。

全額定期預金にスイッチング

現在、スリム先進国株式の基準価額は高い水準にあります。ここから、後悔しない程度は下がると判断(予測)しました。たとえその予測が外れても、税金も手数料もかからないし、ブログネタになるからいいかなと思いました。

そして、やるなら男らしく全額定期預金にスイッチングすることに決めました。今日は火曜日ですが、木曜日に売却(約定)されます。定期預金が購入されるのは来週になりますが、それはどうでもいいです。

妻は最初心配していましたが、同じく、全額スイッチングすることになりました。

他の口座ではやりません

NISA口座、特定口座ではやりません。NISA口座だと非課税枠を捨てることになりますし、特定口座では譲渡税がかかるからです。予測(思惑)が外れたらひどく落ち込んでしまいます。こんなことは、iDeCo口座でないとやる気にならないです。

みなさんにはおすすめしません

僕はブログのネタになるからという理由もあってやりますが、みなさんにはおすすめしません。予測不可能な相場を予測して行動するとどうなるか、という実験の過程と結果が、ブログで読める程度のものと捉えてください。

おすすめの関連記事

-年金・iDeCo

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.