全世界株式

eMAXIS全世界株式の運用コストと評価

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークにしている商品を探しても、eMAXIS全世界株式より古いものが見つかりません。MSCIコクサイとMSCIエマージング・マーケットをベンチマークにしている商品はたくさん見つかります。MSCIコクサイとMSCIエマージング・マーケットのマザーファンドがあれば、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)の組成は難しくないはずなのに、どうしてなのでしょうか。単純にニーズがなかったからでしょうか。

一般投資家の要望から生まれたeMAXIS全世界株式

eMAXISシリーズが登場したのは2009年10月でした。eMAXIS全世界株式はそれから9ヶ月遅れて設定されました。当時のプレスリリースによると、一般投資家の要望から生まれたようです。

この度、三菱UFJ投信はeMAXIS専用サイト(http://maxis.muam.jp/)にて実施した「eMAXIS ファンド追加アンケート」の最終結果に基づき、新たに『eMAXIS 全世界株式インデックス』を設定いたします。 今後も皆さまとの対話を重視しながら、商品性の更なる向上に努めて参ります。

引用:プレスリリース

次はそのアンケート結果です。

eMAXISファンド追加アンケートの投票結果のグラフ

引用:プレスリリース

全世界株式(除く日本)が1位、全世界株式(含む日本)が2位です。現在のスリム全世界株式(除く日本)とスリム全世界株式(オール・カントリー)の人気を考えると、一般投資家の嗜好も時代で変わるってことが分かりますね。

また、飛ぶ鳥を落とす勢いのS&P500連動商品の得票数は、(除く日本)の29%しかありませんでした。この10年で世界は大きく変わったのですね。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。

eMAXIS全世界株式のトータルコスト表

スリム全世界株式(除く日本)と比較すると、スリムシリーズの信託報酬の安さを再認識できます。

スリム全世界株式(除く日本)のトータルコスト表

わずか10年でここまで安くなるとは、誰も想像できなかったことでしょう。

隠れコストは妥当な水準か

eMAXIS全世界株式は、先進国株式と新興国株式に時価総額比で投資しますが、それは2つのマザーファンドを売買することで実現されています。そのマザーファンドは、eMAXIS先進国株式、eMAXIS新興国株式のものと同じです。

eMAXIS全世界株式の組成内容

引用:目論見書

一般的に、新興国株式インデックスの隠れコストは、先進国株式インデックスのものより高いです。現在の先進国株式と新興国株式の比率で、eMAXIS先進国株式とeMAXIS新興国株式の隠れコストを按分すると、こうなります。

現在の先進国株式と新興国株式の比率で、eMAXIS先進国株式とeMAXIS新興国株式の隠れコストを按分した表

隠れコストは0.0818%になりました。eMAXIS全世界株式の隠れコストは0.0812%なので、妥当な水準です。

スリム全世界株式(除く日本)とのリターン比較

次はスリム全世界株式(除く日本)の運用が安定した、2018年4月16日から2020年6月26日までの、eMAXIS全世界株式とのリターン比較です。

スリム全世界株式(除く日本)とeMAXIS全世界株式とのリターン比較グラフ

青のラインはスリム全世界株式(除く日本)ーeMAXIS全世界株式です。株価暴落時にヘタっているのを除けば、きれいな右肩上がりで弓なりに曲がった直線です。マザーファンドが同じなので、期待通りの結果と言えます。

スリム全世界株式(除く日本)の信託報酬は複数回引き下げられていますが、リターン差はおおむね期待通りでした。

Fund of the Yearの順位

eMAXIS全世界株式は一般投資家の要望で設定されたのですから、Fund of the Yearでは上位入賞当たり前かと思いきや、そうでもありませんでした。設定された年度は4位でしたが、その後あっさり順位を落としてしまいました。人の気持ちは移ろいやすいものです。

eMAXIS全世界株式の後から設定された(除く日本)も、みな上位にとどまり続けることはできませんでした。

Fund of the Yearの順位表

それはもっと人気のある資産クラスに投資する、魅力的な商品が登場したからですね。

人気を獲得するのは難しい

次はeMAXIS全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は86億円です。

eMAXIS全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

eMAXIS先進国株式もプロットすると、eMAXIS全世界株式は人気を獲得できなかったことが良く分かります。

eMAXIS先進国株式とeMAXIS全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

一般投資家が要望する商品と、売れる商品は同じではないってことですね。

eMAXIS全世界株式は、後発の、ベンチマークが同じ商品にあっさり抜かれてしまいました。

eMAXIS全世界株式と競合商品の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

緑のラインは三井住友DC全海外株、青のラインは野村つみたて外国株投信、紫のラインはスリム全世界株式(除く日本)です。

みんな儲かっていません

次はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークにしている代表的な4商品から、運用会社が得る売上を試算したものです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークにしている代表的な4商品から、運用会社が得る売上を試算した表

みんな儲かっていませんが、eMAXIS全世界株式の売上はスリム全世界株式(除く日本)や野村つみたて外国株投信より多いです。儲かるようにするには、圧倒的な規模の資金を集めるしかないわけです。

評価:スリム全世界株式(除く日本)でリベンジを

eMAXIS全世界株式は高コストなので、今から買う価値はありません。スリム全世界株式(除く日本)一択です。

eMAXIS全世界株式は一般投資家からの要望に応える形で設定したものの、満足な人気を獲得できませんでした。でも設定時の想いは、スリム全世界株式(除く日本)に受け継がれていることでしょう。

つみたてんとうシリーズに設定されていないことから、(除く日本)はマニアックなベンチマークだとの認識かも知れません。それは商品数の少なさからもうかがえます。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER