バランスファンド

eMAXISバランス(8資産均等型)の運用コストと評価

スリムバランス(8資産均等型)が設定直後から高い人気を獲得できたのは、先輩にあたるeMAXISバランス(8資産均等型)が「8資産均等型バランスファンド」の市場を開拓してくれたからです。eMAXISバランス(8資産均等型)は高コストなので新規投資する価値はありませんが、今でもホールドしてくれている受益者は、eMAXISシリーズの売上に貢献しているありがたい存在です。

eMAXISバランス(8資産均等型)

2011年10月31日に、税抜き信託報酬0.50%で設定されました。競合商品より安い、意欲的な水準でした。また、eMAXISシリーズの該当する8資産の商品を自分で組み合わせるより安かったです。その後、信託報酬は引き下げられていません。

この税抜き信託報酬0.50%は、2016年9月にiFree 8資産バランスが税抜き信託報酬0.23%で設定されるまで、8資産均等型の最安水準でした。

eMAXISバランス(8資産均等型)はつみたてNISA適格です。解約時信託財産留保額0.5%が設定されています。

組成内容

次の8資産に均等に投資します。

  • 国内株式、先進国株式、新興国株式
  • 国内債券、先進国債券、新興国債券
  • 国内リート、先進国リート

人気を獲得できたのは、この美しい円グラフにあるとも言われています。

組成内容を示す円グラフ

引用:目論見書

その真偽はともかく、どの資産クラスが値上がりするかは分からず、かつ、頻繁に順位が入れ替わるので、ならば8資産を均等に買えば良い、という考え方は分かりやすいです。

この8資産均等型という組成、僕が調べた範囲では、eMAXISバランス(8資産均等型)が初めてでした。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。同世代のバランスファンドと比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

隠れコストは標準的です。これらバランスファンドは、セゾングローバルバランスと共に確かな一時代を築きました。が、セゾングローバルバランスを除いて、2016、7年ぐらいからよりローコストなファンドに世代交代が進みました。

それでも、eMAXISバランス(8資産均等型)が果たした役割は大きいものでした。

リターン比較

バランスファンドの組成は多様です。組成内容が異なるものは、同じ土俵でリターン比較しても建設的ではありません。単に過去の実績がどうだったかを示すだけだからです。それでも、比較結果見たいですよね。

基本、リターンが高いのは高いリスクを負っているからだ、ということを踏まえて、比較結果をご覧ください。比較期間はeMAXISバランス(8資産均等型)の設定直後を避けた、2011年11月15日から2020年7月3日までです。

セゾングローバルバランスとのリターン比較

次はeMAXISバランス(8資産均等型)とセゾングローバルバランスとのリターン比較です。

eMAXISバランス(8資産均等型)とセゾングローバルバランスとのリターン比較グラフ

青のラインはeMAXISバランス(8資産均等型)ーセゾングローバルバランスです。どっちが有利かは時期によって変わります。

SBI資産設計オープン(資産成長型)とのリターン比較

次はeMAXISバランス(8資産均等型)とSBI資産設計オープン(資産成長型)のリターン比較です。

eMAXISバランス(8資産均等型)とSBI資産設計オープン(資産成長型)のリターン比較グラフ

青のラインはeMAXISバランス(8資産均等型)ーSBI資産設計オープン(資産成長型)です。どちらが有利かは時期によって変わります。

世界経済インデックスとのリターン比較

次はeMAXISバランス(8資産均等型)と世界経済インデックスのリターン比較です。

eMAXISバランス(8資産均等型)と世界経済インデックスのリターン比較グラフ

この比較期間ではeMAXISバランス(8資産均等型)の方が有利に見えます。でも長期で見れば大差ないと言えるでしょう。

バランスファンドのリターンは本当に大差ないのか

次はバランスファンド4本と、eMAXIS先進国株式をプロットしたものです。団子状態なのがバランスファンド、ぶっちぎりで高いパフォーマンスを発揮しているのがeMAXIS先進国株式です。

バランスファンド4本と、eMAXIS先進国株式をプロットしたグラフ

バランスファンドはどれも変動率(リスク)が小さいですが、リターンも相対的に高くありません。組成内容の異なるバランスファンドは相応のリターン差を生みますが、年数の経過とともに手の届かないところへ行ってしまう株式100%インデックスから見れば、大したことはありません。

8資産の値動き

次は8資産の値動きと、それらを均等配分で合成、毎月リバランスしたもの(黒のライン)です。

8資産の値動きが分かるグラフ

リターンの低いグループは、債券と新興国株式(青のライン)です。リターンの高いグループは、先進国株式、国内株式とリートです。株式・リートと債券のリターンは極端に違うので、債券を含むバランスファンドはどうしてもリターンが低くなります。その分、相応に変動率(リスク)も小さくなりますけどね。

Fund of the Yearの順位

人気において、セゾングローバルバランスは別格です。人気はコストだけでは決まらないことを証明しています。でも普通は、コストは人気に関わる重要な要素で、高コストファンドが人気を維持するのは困難です。

eMAXISバランス(8資産均等型)も世界経済インデックスも、FOYに入賞できたのは限られた時期でしかありません。

Fund of the Yearの順位表

2017年ぐらいからインデックスファンドのローコスト化が進み、並の高コストファンドは人気を落としました。

世代交代

次はeMAXISバランス(8資産均等型)の設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は303億円です。

eMAXISバランス(8資産均等型)の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

2017年以降は増加ペースが落ち、近年はほとんど増えなくなりました。

セゾングローバルバランスと世界経済インデックスもプロットすると、実はeMAXISバランス(8資産均等型)の人気は限定的だったことが分かります。

セゾングローバルバランスと世界経済インデックスもプロットしたグラフ

でもeMAXISバランス(8資産均等型)の使命はスリムバランス(8資産均等型)に引き継がれています。8資産均等型バランスファンドでは一番人気です。

eMAXISバランス(8資産均等型)とスリムバランス(8資産均等型)の資金流出入額の累計の推移グラフ

緑のラインのスリムバランス(8資産均等型)は先輩を軽く抜き去ってからも、人気を加速させています。

三菱UFJ国際投信が得る売上

次は三菱UFJ国際投信が信託報酬から得る売上を試算したものです。純資産総額はスリムバランス(8資産均等型)の方が多いのですが、手にできる売上はeMAXISバランス(8資産均等型)の方が倍あります。

いかに超ローコストファンドが儲からないかが分かりますね。同時に、高コストでありながらもeMAXISバランス(8資産均等型)を売却しないでホールドしてくれている受益者は、運用会社にとって大切な存在です。

評価:過去の商品です

8資産均等型バランスファンドを買うなら、スリムバランス(8資産均等型)一択です。eMAXISバランス(8資産均等型)は過去の商品であり、新規投資する価値はありません。でも、その売上は少ないながらもeMAXISシリーズ(スリムシリーズを含みます)を支えているのも事実で、eMAXISバランス(8資産均等型)の受益者はスリムバランス(8資産均等型)の受益者にとってありがたい存在です。

おすすめの関連記事

-バランスファンド

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER