全世界株式

EXE-i グローバル中小型株式の運用コストと評価

EXE-i グローバル中小型株式はインデックスファンドでありながら、連動するベンチマークがありません。設定当初の参考指数はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ、1年9ヶ月後にはFTSEグローバル・スモールキャップ・インデックスに変更されました。

現在の組成は、十分納得できるものですが、トータルコストは少し高いです。

EXE-i グローバル中小型株式

2013年5月13日に設定されました。税抜き信託報酬は0.50%(これには投資する3本のETFの経費率を含みます)でした。比べる対象として良いものがないのですが、少し高かった印象です。

参考指数は日本を含む全世界株式の大型株抜きです。これは好みが明確に分かれますね。でも中小型株が人気だった時代は過ぎた印象があるので、賞味期限切れかも知れません。

EXE-i グローバル中小型株式には連動するベンチマークはなく、参考指数はFTSEグローバル・スモールキャップ・インデックスですが、目論見書にはこうあります。

参考指数について

引用:目論見書

これは次のことを宣言しています。(参考指標を参考指数と読み替えています。)

  • 参考指数は連動するベンチマークではなく、参考指数から乖離することもあります。
  • 参考指数は変更されることがあります。

実際、EXE-i グローバル中小型株式の参考指数と投資対象ETFは次のように変更されています。変化した項目を赤字にしてあります。

参考指数と投資対象ETFの変更履歴表

参考指数と投資対象ETFの変更により、ETFの経費率が0.14%削減されました。現在は税抜き信託報酬0.308%(ETFの経費率含む)になっています。

なお、EXE-i グローバル中小型株式はつみたてNISAの「指定インデックス投資信託以外」で適格認定を受けています。

国別投資割合の違い

EXE-i グローバル中小型株式の参考指数はFTSEグローバル・スモールキャップ・インデックスですが、実際に投資しているのは2本のETFです。次は現在の投資比率で合成した、EXE-i グローバル中小型株式の国別投資割合を、FTSEグローバル・スモールキャップ・インデックスと比較した表です。投資割合が低い国は省略しました。驚いたことに、ほとんど違いがありません。(参照した資料の出典はこちらこちら。)

国別投資割合の比較表

これは参考指数と2本のETFのベンチマークが都合の良い関係にあることと、参考指数の米国の比率がちょうど60%程度であるためです。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。

運用報告書から計算したトータルコスト表

ETFを2本買うだけにしては、隠れコストが高いです。次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

売買委託手数料が高いです。本気出せば下げられると思うのですが、厳しいでしょうか。

楽天全世界株式とのリターン比較

楽天全世界株式のベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスで、大型株から小型株までをカバーします。ベンチマークとしては、こちらの方が一般的です。大型株に投資しないFTSEグローバル・スモールキャップ・インデックスは、その特性が分かっている人向けと言えるでしょう。(実際にEXE-i グローバル中小型株式を買っている人がどう考えているかは分かりません。)

次は楽天全世界株式の設定直後を避けた、2017年11月1日から2020年6月26日までの、EXE-i グローバル中小型株式とのリターン比較です。

楽天全世界株式とEXE-i グローバル中小型株式とのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、楽天全世界株式ーEXE-i グローバル中小型株式です。2019年以降は明らかに大型株にも投資した方が有利でした。もちろん今後どうなるかは分からないので、日本を含む全世界の中小型株に(大型株を除いて)投資したいなら、過去のパフォーマンスは気にしないでEXE-i グローバル中小型株式を選択するのもいいと思います。

大型株の有無による違い

特別な意図がない場合、大型株にも投資した方がいいと思います。でも過去に中小型株に投資していた方がパフォーマンスが良かった時代もあったのは確かです。それを次の2つの比較で振り返ってみます。そういうのはいいやって方は、ここまで飛ばして下さい。

  • 大型株にも投資するVTのトータルリターン。
  • EXE-i グローバル中小型株式の投資対象であるVBとVSSのトータルリターンを60:40で合成、毎月リバランスしたもの。

2010年から比較

次は2010年年初から2020年5月末までの比較です。

2010年年初から2020年5月末までのVTトータルリターンと仮想EXE-i グローバル中小型株式の比較グラフ

赤のラインがVTトータルリターン、緑のラインが仮想EXE-i グローバル中小型株式です。大型株抜きの圧勝でした。

2014年から比較

次は2014年年初から2020年5月末までの比較です。

2014年年初から2020年5月末までのVTトータルリターンと仮想EXE-i グローバル中小型株式の比較グラフ

大型株抜きの優位性は無くなってしまっています。EXE-i グローバル中小型株式が設定されたのは2013年5月というのは皮肉ですね。

2017年から比較

次は2017年年初から2020年5月末までの比較です。

次は2017年年初から2020年5月末までの比較です。

大型株抜きは大型株ありにアンダーパフォームしています。近視眼的な見方をすると、EXE-i グローバル中小型株式よりも楽天全世界株式に投資していた方が報われたということです。

三重課税問題

米国外の資産に投資する米国籍ETFに日本から投資する場合、三重課税問題から逃れられません。EXE-i グローバル中小型株式が投資しているバンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)はそれに該当します。

VSSの年次レポートにある数値を、三重課税を説明する図にあてはめるとこうなります。

VSSの三重課税を説明する図

VSSの該当期間の配当金は年利2.9%だったので、2.9×8.98%=0.260%がVSSの三重課税コストになります。VSSの投資割合は40%なので、0.104%の負担です。

Fund of the Yearの順位

EXE-i グローバル中小型株式がFOYで注目されたのは設定直後の2年間だけでした。その後、日本を含む全世界株式インデックスが日の目を見たのは、楽天全世界株式でした。

Fund of the Yearの順位表

売れ行きは

次はEXE-i グローバル中小型株式の設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は64億円です。

EXE-i グローバル中小型株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

まだ頭打ちにならずに増えてはいます。が、すでにSBI全世界株式には抜かれてしまいました。

EXE-i グローバル中小型株式とSBI全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

大型株を含む普通の全世界株式インデックスで超ローコストのものにはかないません。

でも楽天全世界株式もプロットすると、競争の厳しさがが分かります。

楽天全世界株式もプロットしたグラフ

iDeCoで多く買われている

次は直近1年間の毎営業日ごとの資金流入額の推移です。

直近1年間の毎営業日ごとの資金流入額の推移グラフ

大きなトゲがある日は、iDeCoの約定日と一致しています。よって、現在買い付けの多くはiDeCoによるものと言えます。iDeCoナビによると、EXE-i 先進国株式を扱っているのはSBI証券だけですが、オリジナルプランとセレクトプランの両方で扱われています。EXE-i グローバル中小型株式はSBIアセットマネジメントの運用なので、オリジナルプランにあるのは分かりますが、セレクトプランでも扱うほどのニーズがあるようには思えないです。

評価:分かって買っているならいいと思います

日本を含む全世界の中小型株に投資するインデックスファンドは他に知らないのですが、大型株抜きであることを分かって買っているなら良い選択肢だと思います。分からずに買っていたなら、考え直した方がいいでしょう。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER